文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

火薬庫:岡本 綺堂(32-73)/287

声のかれるほどに万歳を叫びつづけた。 He kept screaming hurray to the point of being screaming. そのおびただしい疲労のなかにも、会社の仕事はますます繁劇を加えるばかりで、佐山君らはほとんど不眠不休というありさまで働かされた。 In the midst of…

火薬庫:岡本 綺堂(1-31)/287

火薬庫 Explosive storage 岡本綺堂 Kido Okamoto 例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。 A letter of invitation came again from the owner of the blue frog hall. それは四月の末で、わたしの庭の遅桜も散りはじめた頃である。 It was the end of Apri…

兜:岡本 綺堂(253-300)/300

出るときにも親子はいろいろの世話をしてくれて、暗い表まで送って来て別れた。 When I left, my parents and children took care of me and sent me to the dark table and broke up. 上野の四方を取りまいた官軍は、三河島の口だけをあけて置いたので、彰…

兜:岡本 綺堂(195-252)/300

後日になって考えると、彼自身にもその時の心持はよく判らないとの事であったが、勘次郎は唯なんとなく懐かしいように思って、その兜を拾いあげたのである。 When I thought about it at a later date, he said that he didn't know what he was feeling at …

兜:岡本 綺堂(152-194)/300

「同商売ですから、わたくしも取りあえず悔みに行って、その兜というのを見せられて実にぎょっとしました。 "Because it's the same business, I went to regret for the time being and was really scared to see the helmet. 死人に口無しですから、一体そ…

兜:岡本 綺堂(109-151)/300

ほかには中間二人と下女ひとりで、中間らはいずれも主人の供をして出ていたのであるから、家に残っているのはお国と下女だけで、かれらは台所で何か立ち働いていた為に、座敷の方にそんなことの起っているのを、ちっとも知らなかったというのである。 Beside…

兜:岡本 綺堂(77-108)/300

いくら夜道でも兜などをかぶってあるくから、そんな目にも逢うのだと、勘十郎は笑いながら叱った。 Kanjuro laughed and scolded him, saying that he would meet such an eye because he would wear a helmet even on the night road. それでも彼は武士であ…

兜:岡本 綺堂(34-76)/300

兜には錣も付いていた。 The helmet also had a shikorobuki. たといそれが町人でなくても、単衣をきて兜をかぶった姿などというものは、虫ぼしの時か何かでなくてはちょっと見られない図であろう。 Even if it's not a tradesman, the appearance of wearin…

兜:岡本 綺堂(1-33)/300

兜 helmet 岡本綺堂 Kido Okamoto 一 One わたしはこれから邦原君の話を紹介したい。 I would like to introduce Mr. Kunihara's story from now on. 邦原君は東京の山の手に住んでいて、大正十二年の震災に居宅と家財全部を焼かれたのであるが、家に伝わっ…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(240-299)/299

大原はそんなことをするには及ばないといって再三止めた。 Ohara repeatedly stopped saying that it was not enough to do such a thing. またどうしてもそれを実行するとしても、なにも今夜にかぎったことではない。 And if you do it, it's not unique to…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(195-239)/299

勿論、かれも早速にその真偽を判断することは出来なかったが、万一それが福井の失策であった場合にはどうするかという心配が、かれの胸を重くおしつけたのである。 Of course, he couldn't judge the truth immediately, but he was deeply worried about wh…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(152-194)/299

「福井はほんとうに鐘を見付けたのだろうか。」 "Did Fukui really find the bell?" 「さあ。」 "here we go." と、大原も首をひねった。 Ohara also twisted his head. かれも実は半信半疑であった。 He was also skeptical. しかし自分は大きい魚に襲われ…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(115-151)/299

かれは念のために背なかの刀を一度探ってみて、さらにその光る物のそばへ潜りよると、それは大きい魚の眼であった。 He searched for the sword in his back just in case, and dived near the glowing object, and it was a big corn. なおその正体を見届け…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(73-114)/299

火の中でも水の底でも猶予なく飛び込まなければならない。 You have to dive in without grace, whether in the fire or at the bottom of the water. こう覚悟すると、かれらもさすがに武士である。 When prepared to do this, they are truly samurai. そ…

鐘ヶ淵:岡本 綺堂(41-72)/299

わが家の食米にするのか、他へ納めるのかと訊いたので、おそばの者がその民家に聞きただして、これは自家の食米ではない、代官伊奈半左衛門に上納するものであると答えると、しからばそれをかの鷹を据え上げたる者に取らせろと将軍は言った。 I asked if I w…