文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

五色蟹:岡本 綺堂(280-340)/340

あばた蟹を恐れるものも少なくなった。 Fewer people are afraid of pockmarked crabs. ところが、十年ほど前に東京の某銀行家の令嬢がこの温泉に滞在しているうちに、ある日ふとこの蟹を海岸で見付けて、あまり綺麗だというので、その一匹をつかまえて、な…

五色蟹:岡本 綺堂(237-279)/340

それとも何かほかにお心当たりのことはなかったでしょうか。」 Or did you have any other idea? " 四人のうちでは一番の年長で、容貌もまた一番よくない古屋為子が、最も年若で最も容貌の美しい児島亀江と、一緒に湯風呂のなかに沈んだのは、一種の嫉妬か或…

五色蟹:岡本 綺堂(192-236)/340

仰向けに寝て行儀悪くはだけている浴衣の胸の上に小さい何物かを発見したときに、本多は思わず声をあげた。 Honda screamed when he found something small on the chest of a yukata that was lying on his back and was ill-mannered. 「あ、蟹だ。 "Oh, i…

五色蟹:岡本 綺堂(133-191)/340

廊下をかよう女中の草履の音も響かなかった。 The sound of the maid's sandals was not heard as she walked down the hallway. かの竹垣の裾からは虫の声が涼しく湧き出して、音もなしに軽くなびいている芒の葉に夜の露がしっとりと降りているらしいのが、…

五色蟹:岡本 綺堂(74-132)/340

「田宮君、君はけしからんよ。」 "Tamiya-kun, you're not good." と、本多は途中でだしぬけに言い出した。 Honda said on the way. 「君はあの児島亀江という女と何か黙契があるらしいぞ。」 "You seem to have some kind of silence with that woman named…

五色蟹:岡本 綺堂(38-73)/340

その隣り座敷で俄かに騒ぎ始めたので、三人はそっと縁側へ出て窺うと、湯あがりの若い女達もやはり行儀をくずして何か夢中になってしゃべっていたらしい。 Because it started to make a noise in the next room, the three of them gently went out to the …

五色蟹:岡本 綺堂(1-37)/340

五色蟹 Five-colored crab 岡本綺堂 Kido Okamoto 一 One わたしはさきに「山椒の魚」という短い探偵物語を紹介した。 I introduced a short detective story called "Sansho no Uo" earlier. すると、読者の一人だというT君から手紙をよこして、自分もかつ…

拷問の話:岡本 綺堂(119-170)/170

この拷問をうけるものは、はじめは惣身が赤くなり、更に暗紫色に変じて冷汗をしきりに流し、それがまた蒼白に変じるときは即ち絶命する時であるといい伝えられているので、皮膚に蒼白の色を呈するのを合図にその拷問を中止することになっていた。 It is said…

拷問の話:岡本 綺堂(88-118)/170

彼は引きつづく拷問でよほど疲労したらしくみえるので、それから一ヵ月ばかりのあいだは吟味を中止された。 He seemed so tired from the continued torture that he was stopped scrutinizing for a month or so. あまり頻繁に拷問をつづけると、彼を責め殺…

拷問の話:岡本 綺堂(53-87)/170

しかし彼が寃罪でないことは明白であった。 But it was clear that he was not falsely charged. 吉五郎は八月十一日によび出されて、第二回の拷問をうけた。 Yoshigoro was called out on August 11th and was tortured for the second time. それは前回と…

拷問の話:岡本 綺堂(28-52)/170

かの切支丹宗徒に対する特殊の拷問や刑罰は別問題として、普通の罪人に対しては右の四種のほかにその例を聞かない。 Apart from the special torture and punishment of the Kirishitan sect, I do not hear any examples of ordinary sinners other than th…

拷問の話:岡本 綺堂(1-27)/170

拷問の話 The story of torture 岡本綺堂 Kido Okamoto 天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に捕われて、伝馬町の牢屋へ送られた。 On April 12th of the 5th year of Tenpo, Yoshigoro of Banshu Mujuku was caught in the hands o…

郊外生活の一年:大久保にて:岡本 綺堂(36-100)/100

蛍も飛ばなかった。 The fireflies didn't fly either. よそから貰った蛍を庭に放したが、その光は一と晩ぎりで皆どこかへか消え失せてしまった。 I released the fireflies I got from another place into the garden, but the light disappeared somewhere…

郊外生活の一年:大久保にて:岡本 綺堂(1-35)/100

郊外生活の一年 A year of suburban life 大久保にて At Okubo 岡本綺堂 Kido Okamoto 震災以来、諸方を流転して、おちつかない日を送ること一年九ヵ月で、月並の文句ではあるが光陰流水の感に堪えない。 It has been a year and nine months since the eart…

鯉:岡本 綺堂(205-231)/231

ここまで話して来て、梶田さんは私たちの顔をみまわした。 Having talked so far, Mr. Kajita looked around our face. 「弥三郎はどうなったと思います。」 "What happened to Yasaburo?" 「鯉の腹に隠れているとは、捕り方もさすがに気がつかなかったんで…