文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(177-219)/367

「凱旋の節、神にお礼を申してこの銭を取ることにする」 "Triumph, thank God and take this money" それから兵を進めてまず崑崙関を破り、さらに智高を破り、※管を平らげ、凱旋の時にかの廟に参拝して、曩に投げた銭を取って見せると、その銭はみな両|面で…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(128-176)/367

(同上) (Same as above) 張鬼子 Zhang Oniko 洪州の州学正を勤めている張という男は、元来|刻薄の生まれ付きである上に、年を取るに連れてそれがいよいよ激しくなって、生徒が休暇をくれろと願っても容易に許さない。 A man named Zhang, who works as a …

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(84-127)/367

紙銭は紙をきって銭の形を作ったもので、亡者の冥福を祈るがために焚いて祭るのである。 Paper money is a form of money that is cut out of paper, and is held to pray for the souls of the dead. 日が暮れて、あたりが暗くなると、表で幽かに溜め息をす…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(46-83)/367

それはわたしの婿の家で、これから見舞いながら食い物を持って行ってやろうと思っていたところでした。 It was my nephew's house, where I was thinking of taking food while visiting. なんにも知らずに行ったが最後、疫病神がこっちへ乗り込んで来て、ど…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(1-45)/367

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 異聞総録・其他 Ibunsoku / others 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第九の男は語る。 The ninth man talks. 「わたくしは宋代の怪談総まくりというような役割でございますが、これも唐に劣らない大役でございます。 “Wat…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(335-411)/411

「わたくしも元は相当の金持の家のせがれで、ある娼妓と深く言いかわしましたが、両親がとても添わせてくれる筈はないので、女をつれて駈落ちをしました。 “I was originally a stubbornly rich man and deeply replied with a certain niece, but since the…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(291-334)/411

「それはまことの人ではあるまい。 "It's not a true person. おそらく土偶のたぐいであろう」 Probably a clay figure. " そこで、かの卒を見知り人にして、他の役人らが付き添って、近所の廟をたずね廻らせると、城隍廟のうちに大小の土人形がならんでいる…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(255-290)/411

たがいに根くらべを幾日もつづけているうちに、ある夜かの女は俄かに歯が痛むと言い出して、夜通し唸って苦しんでいたが、朝になってみると、その歯が三重に生えて、さながら鬼のような形相になったので、主人は勿論、一家内の者がみな怖れた。 One day, a w…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(214-254)/411

又もや賞をかけると、又もや直ぐに届けて来た。 When I won the award again, it came again soon. こういうことが三度も四度も繰り返されたので、本人も怪しみ、他の者も不審をいだくようになった。 This was repeated three or four times, and the person…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(176-213)/411

篆書でも隷書でも草書でも、学ばずして見事に書くので、見る人みな驚嘆せざるはなかった。 I didn't learn any books, slavish books, or cursive books, so I couldn't help learning. 宗はもとより大資本の商人でもないので、しまいには自分の商売をやめて…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(130-175)/411

就いては、明日早朝にここを立ち退くがよろしい」 I'll leave here early tomorrow morning. " 講師は夢が醒めて奇異に感じた。 ”The instructor felt strange when the dream awakened. それを他の僧らに話したが、誰も信じる者がないので、講師も一時はや…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(86-129)/411

「御安心なさい。 "Please rest assured. みんな助かりました」 Everyone was saved. '' なにが何だかちっとも判らないので、使いは舟びとにその子細をただすと、かれらは初めて説明した。 They didn't know what it was, so the angels gave their details …

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(39-85)/411

床下の女 The woman under the floor 宋の紹興三十二年、劉子昂は和州の太守に任ぜられた。 宋 Shako's Shaoxing, 32 years ago, Liu Zhao was entrusted to Taizhou. やがて淮上の乱も鎮定したので、独身で任地にむかい、官舎に生活しているうちに、そこに…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(1-38)/411

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 夷堅志 Kenji Tsuji 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第八の男は語る。 The eighth man speaks. 「わたくしは宋で『夷堅志』をえらみました。 “I looked at 'Kan Kenshi' with my niece. これは有名の大物でありますから…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(204-270)/270

乱のおこる日も、いま家を出ようとする時、馬の前に小奴が立っているのを、左右の人びともみな見ました。 On the day of the turbulence, when I was about to leave the house, I saw both the left and right people standing in front of the horse. 役所…