文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

世界怪談名作集:10 廃宅:ホフマン エルンスト・テオドーア・アマーデウス:岡本 綺堂(62-99)/368

それからまた、往来のとぎれた真夜中に、この世のものとは思われないような深い溜め息や、そうかと思うと、また気ちがいのような笑い声がきこえてくることもあるんです。 Then, in the middle of the midnight, when you come and go, there may be a deep s…

世界怪談名作集:10 廃宅:ホフマン エルンスト・テオドーア・アマーデウス:岡本 綺堂(34-61)/368

私はいつもの通りにこの並木通りを散歩しながら、かの廃宅の前まで来ると、無意識に二階のカーテンのおりている窓をみあげた。 I walked along the Namiki-dori street as usual, and when I came to that abandoned house, I unconsciously looked up the w…

世界怪談名作集:10 廃宅:ホフマン エルンスト・テオドーア・アマーデウス:岡本 綺堂(1-33)/368

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection 廃宅 Abandoned house 諸君はすでに、わたしが去年の夏の大部分をX市に過ごしたことを御承知であろう――と、テオドルは話した。 You already know that I spent most of the summer last year in C…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(604-656)/656

百ヤードほど行くか行かぬに、ピーターヘッドのムドナルドが、われわれの前方に何か見えると叫んで走り出した。 Going around a hundred yards or so, Peter Head's Mudonald shouted out in front of us for something to see. われわれもまた、ちらりとそ…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(564-603)/656

彼が突然に熱狂したような様子を示したので、わたしは当然彼が何かを見たと思った。 As he showed a sudden enthusiasm, I naturally thought he saw something. 私はそっとそのうしろに忍び寄ると、彼は船と一直線上をすみやかに飛んでいる霧の圏のようなも…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(526-563)/656

その私室へ闖入することは出来ないにしても、少なくとも彼が甲板にある限りは、私もかならず甲板にとどまっていることにしようと思った。 Even though I could not get into the room, I at least wanted him to stay on the deck as long as he was on the …

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(478-525)/656

もっとも、風が吹きつづけさえすれば、おそらく二十四時間以内には氷は解けるであろう。 However, if the wind keeps blowing, the ice will probably melt within 24 hours. 鼻のふくれた海豹数頭が水中に泳いでいるのが見えたので、その一頭を射とめると、…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(440-477)/656

畢竟、これとてたいしたことではない――ただ一つの音だけであったに過ぎない。 Oh, this is not a big deal-it was only one sound. 私はこの日記を読まれる人が、いつかこの条を読むとしても、私の感情と共鳴し、あるいはその時わたしに及ぼしたような結果を…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(402-439)/656

そうすれば、君も、ばかばかしい話だなどと、そう簡単には片付けてしまわないだろうよ」 Then you will not get rid of it so easily that it's a ridiculous story. " わたしは彼を説きつける望みはないと思って、この次にもしまた幽霊があらわれたらば、私…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(365-401)/656

彼女は定めて非凡な婦人であったに相違なく、その容貌はわたしに非常な魅力をあたえた。 She must have been an extraordinary woman, and her appearance gave me a great appeal. 私は単にちらりと見ただけであったが、もしわたしが製図家であるならば、こ…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(329-364)/656

「諸君」と、彼は言った。 "You," he said. 「諸君はうたがいもなく、この苦境に諸君をおとしいれたものは、このわしであると思っていられるであろう。 "You will not have a voice, and you will think that what has done you in this predicament is this…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(285-328)/656

「あの清浄な動物は怪物を知っている。 "That clean animal knows a monster. そうだ。 That's it. われわれを見てではなく、あの魔物を見たからなのだ」というのが、主だった魚銛発射手の一人の注釈であった。 Not looking at us, but seeing that devil, "…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(237-284)/656

「全くたくさんの屈託があるのさ。 "There are quite a lot of caretakers. ……たくさんある。 ……A lot. それでもわしはまだ経緯度を計ることは出来る、六分儀も対数表も正確に扱うことが出来る。 Still, I can still measure the latitude and longitude, I …

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(192-236)/656

彼は約一時間ばかり前に、ブリッジの上に立っていた。 He was standing on the bridge about an hour ago. そうして、私が後甲板をあちらこちらと歩いている間、絶えず例の望遠鏡でじっと立って眺めていた。 So while I walked back and forth over the deck…

世界怪談名作集:09 北極星号の船長 医学生ジョン・マリスターレーの奇異なる日記よりの抜萃:ドイル アーサー・コナン:岡本 綺堂(154-191)/656

船の周囲には、たくさんの小海蝦と共に、無数の小さな海月やうみうしなどが集まって来ているので、鯨のみえるという見込みはもう十分である。 With so many small seagulls, countless small sea moons and sea urchins gathered around the ship, there is …