文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(321-357)/701

わたしはもう、葬式のためにここへ来たことを忘れてしまって、あたかも花婿が花嫁の室にはいって来て、花嫁は羞かしさのために顔をかくし、さらに自分全体を包み隠してくれる紗をさがしているというような場面を想像しました。 I already forgot that I came…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(289-320)/701

神が彼女の霊と私とのあいだに墳墓を置いて、この後わたしの祈祷のときに、死によって永遠に聖められた彼女の名を自由に呼ぶことが出来るようにして下されたことについて、わたしはあつく感謝しました。 God was able to put a tomb between her spirit and …

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(254-288)/701

夜の暗さと区別がないほどに黒い二頭の馬が門外に待っていました。 Two black horses were waiting outside the gate indistinguishable from the darkness of the night. 馬はあせってあがいていて、鼻から大きい息をすると、白い煙りのような水蒸気が胸の…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(220-253)/701

田舎のうす暗い野原ばかりを過ぎて、三日間の倦み疲れた旅行ののち、わたしが預かることになっている、牡鶏の飾りのついている教会の尖塔が樹樹の間から見えました。 After three days of tired and tired trips past only the dark fields of the country, …

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(185-219)/701

彼女に再び逢うことなしに、明日ここを離れて行き、今まで二人のあいだを隔てる障りある上に、さらに二人の仲をさくべき関所を置くことになったら、奇蹟でもない限りは彼女に逢うことは永遠にできなくなるのです。 Without leaving her again, she will leav…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(148-184)/701

それからまた、あの迷宮のように複雑な街の様子も分かりかねるのでありました。 Also, I could not understand the complex city like that labyrinth. これらの困難は、他人にとってはさほどむずかしいとは思われないのでしょうが、わたしにとっては非常に…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(114-147)/701

それは女の手です。 It's a woman's hand. わたしはこれまでに女の手などにふれたことはありませんでしたが、その時わたしに感じたのは蛇の肌にさわったような冷たい感じで、その時の感じはいまだに掌の上に、熱鉄の烙印を押したように残っています。 I had …

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(74-113)/701

わたしはその時、山でも根こぎにするほどの強い意志の力を出して、わたしは僧侶などになりたくないと叫び出そうとしましたが、どうしてもそれが言えないのです。 At that time, I tried to scream out that I did not want to be a monk, but I could not sa…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(38-73)/701

わたしは他のことに気を奪られてはならないと思って、二度と眼をあくまいと決心してまぶたを伏せました。 Thinking that I should not be distracted by other things, I decided to keep my eyes cool again and put my eyelids down. なぜといって、わたし…

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(1-37)/701

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection クラリモンド Clarimondo 一 One わたしがかつて恋をしたことがあるかとお訊ねになるのですか。 Do you ask if I have ever been in love? あります。 There is. わたしの話はよほど変わっていて、…

世界怪談名作集:04 妖物:ビアス アンブローズ:岡本 綺堂(229-249)/249

ただ、おれの耳にきこえないだけのことだ。 It's just that I can not hear my ears. おれはまた、それと同じようにたくさんの鳥が一度に飛び去る例を知っている。 I also know an example of how many birds fly away at once. 鶫の仲間ばかりでなく、たと…

世界怪談名作集:04 妖物:ビアス アンブローズ:岡本 綺堂(180-228)/249

――われわれ陪審官はこの死体はマウンテン・ライオン(豹の一種)の手に因って殺されたるものと認む。 -Our jury finds that the corpse was killed by the hand of a mountain lion. 但し、われわれのある者は、死者が癲癇あるいは痙攣のごとき疾病を有する…

世界怪談名作集:04 妖物:ビアス アンブローズ:岡本 綺堂(132-179)/249

しかもわが走り着く前に、彼は倒れて動かずなりぬ。 And before My run, he falls and does not move. すべての物音は鎮まりぬ。 All the noise does not subside. しかもこれらの出来事なくとも、われを恐れしむることありき。 And even without these even…

世界怪談名作集:04 妖物:ビアス アンブローズ:岡本 綺堂(95-131)/249

藪のうちは今や鎮まりて、物の響きもやみたれど、モルガンは前のごとくにそこを窺いいるなり。 Now that I'm calm down, I can see the sound of things, but Morgan is crawling over as before. 「何事にや。 "What a matter. 何物にや」と、われは問いぬ…

世界怪談名作集:04 妖物:ビアス アンブローズ:岡本 綺堂(38-94)/249

検屍官も微笑した。 The police officer also smiled. 「あなたが自分の新聞社へ送ったという記事は、おそらくこれから宣誓の上でわれわれに話していただくこととは違いましょう」 "An article that you sent to your newspaper is probably not the same as…