文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(76-125)/503

「コスモ・フォン・ウェルスタール」 "Cosmo von Wellstar" 「ああ、そうでしたか。 "Oh, was that so? なるほど、そういえばお父さんに肖ておいでなさる。 Sure enough, I ’m going to give my dad a good deal. 若旦那、わたくしはあなたのお父さんをよく…

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(35-75)/503

昼の大きい瀑布に沈んでいた夜の世界がここにあらわれてくると、彼のこころには星がきらめいて、暗い幻影が再び浮かんでくるのである。 When the night world that was sinking in the large distribution of the day appears here, a star shines in his he…

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(1-34)/503

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection 鏡中の美女 Beauty in the mirror マクドナルド George MacDonald George MacDonald 岡本綺堂訳 Okamoto Kiyodo translation 一 One コスモ・フォン・ウェルスタールはプラーグの大学生であった。 …

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(127-188)/188

実は半分夢中でしたが、それでも私には一種の誇りがあり、軍人としての自尊心もあるので、どうやらこうやら形を整えることが出来たのです。 Actually, I was half crazy, but I still had a kind of pride and self-esteem as a soldier, so I was able to s…

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(88-126)/188

部屋の鍵はおれが持っているのだぞ」 I have the room key. " 彼ももう詮方が尽きたらしく、「では、あなた。 ’He seems to have run out,“ Okay, you. ご案内をいたしましょう」 Let ’s guide you. ” 「階子のある所を教えてくれればいい。 “Tell me where …

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(44-87)/188

私は部屋を出るときに厳重に錠をおろしてきたから、その鍵を君に渡しておく。 I've locked it down carefully when I leave the room, so I'll give you that key. 机のひきだしの鍵も一緒に渡すから、持っていってくれたまえ。 I'll give you the key for t…

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(1-43)/188

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection 幽霊 ghost モーパッサン Guy De Maupassant Maupassant Guy De Maupassant 岡本綺堂訳 Okamoto Kiyodo translation 私たちは最近の訴訟事件から談話に枝が咲いて、差押えということについて話し合…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(401-449)/449

と、皇帝はよろめきながら命じた。 Said the Emperor, staggering. 時が静かにとどまって、すべてのものが恐ろしくも終りに近づいて来た。 The time stayed quiet and everything was horribly approaching the end. 皇帝の座は真っ逆さまになったと思う間も…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(350-400)/449

「わたしはその必要がないと思いましたからです。」 “I thought it was not necessary.” と、ラザルスは平気で答えた。 Lazarus replied. 「お前はクリスト教徒か。」 "Are you a Christist?" 「いいえ。」 "No." アウガスタスはさこそと言ったようにうなず…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(318-349)/449

それがために首斬り刀はすでに研がれ、市民の安寧維持をゆだねられた青年たちが首斬り人を用意した時、あたかも皇帝から明日ラザルスを召すという命令が出たので、この残忍な計画は破壊された。 Because of this, when the youth who had already been sharp…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(283-317)/449

それらの中を一人の頑丈な、陰鬱な大男が沈黙と絶望の冷やかな足取りで歩きながら、こうした人々の心に不快と、忿怒と、なんとはなしに悩ましげな倦怠とを播いて行った。 A stubborn, gloomy man walked through them with a cold gait of silence and despa…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(247-282)/449

「この見事な蝶はなんのためなんだね、アウレリウス。」 “Why is this stunning butterfly, Aurelius?” と、誰かが躊躇しながら言った。 Said someone while hesitating. 「おれは知らない。」 “I don't know.” と、アウレリウスは答えた。 Replied Aurelius…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(199-246)/449

そうそう、私はこの国の花聟たちを見た事があります。 Oh yeah, I've seen the bridegrooms in this country. その人たちはそんな着物を着ていましたが、別に恐ろしいとも、滑稽とも思いませんでしたが……。 They wore such kimonos, but I didn't think they…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(150-198)/449

元来、彼自身も死ということについては度々熟考し、あながちそれを好む者ではなかったが、さりとて生を愛着するの余りに、人の物笑いになるような死にざまをする人たちを侮蔑していた。 Originally, he himself was often pondering about death, and he was…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(115-149)/449

それらの人たちの心には一様に恐ろしい影が飛びかかって来て、見馴れた古い世界に一つの新しい現象をあたえた。 A terrifying shadow leaps into the hearts of those people, giving them a new phenomenon in a familiar old world. なおラザルスと話して…