文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(76-125)/503

「コスモ・フォン・ウェルスタール」 "Cosmo von Wellstar" 「ああ、そうでしたか。 "Oh, was that so? なるほど、そういえばお父さんに肖ておいでなさる。 Sure enough, I ’m going to give my dad a good deal. 若旦那、わたくしはあなたのお父さんをよく…

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(35-75)/503

昼の大きい瀑布に沈んでいた夜の世界がここにあらわれてくると、彼のこころには星がきらめいて、暗い幻影が再び浮かんでくるのである。 When the night world that was sinking in the large distribution of the day appears here, a star shines in his he…

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(1-34)/503

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection 鏡中の美女 Beauty in the mirror マクドナルド George MacDonald George MacDonald 岡本綺堂訳 Okamoto Kiyodo translation 一 One コスモ・フォン・ウェルスタールはプラーグの大学生であった。 …

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(127-188)/188

実は半分夢中でしたが、それでも私には一種の誇りがあり、軍人としての自尊心もあるので、どうやらこうやら形を整えることが出来たのです。 Actually, I was half crazy, but I still had a kind of pride and self-esteem as a soldier, so I was able to s…

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(88-126)/188

部屋の鍵はおれが持っているのだぞ」 I have the room key. " 彼ももう詮方が尽きたらしく、「では、あなた。 ’He seems to have run out,“ Okay, you. ご案内をいたしましょう」 Let ’s guide you. ” 「階子のある所を教えてくれればいい。 “Tell me where …

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(44-87)/188

私は部屋を出るときに厳重に錠をおろしてきたから、その鍵を君に渡しておく。 I've locked it down carefully when I leave the room, so I'll give you that key. 机のひきだしの鍵も一緒に渡すから、持っていってくれたまえ。 I'll give you the key for t…

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(1-43)/188

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection 幽霊 ghost モーパッサン Guy De Maupassant Maupassant Guy De Maupassant 岡本綺堂訳 Okamoto Kiyodo translation 私たちは最近の訴訟事件から談話に枝が咲いて、差押えということについて話し合…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(401-449)/449

と、皇帝はよろめきながら命じた。 Said the Emperor, staggering. 時が静かにとどまって、すべてのものが恐ろしくも終りに近づいて来た。 The time stayed quiet and everything was horribly approaching the end. 皇帝の座は真っ逆さまになったと思う間も…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(350-400)/449

「わたしはその必要がないと思いましたからです。」 “I thought it was not necessary.” と、ラザルスは平気で答えた。 Lazarus replied. 「お前はクリスト教徒か。」 "Are you a Christist?" 「いいえ。」 "No." アウガスタスはさこそと言ったようにうなず…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(318-349)/449

それがために首斬り刀はすでに研がれ、市民の安寧維持をゆだねられた青年たちが首斬り人を用意した時、あたかも皇帝から明日ラザルスを召すという命令が出たので、この残忍な計画は破壊された。 Because of this, when the youth who had already been sharp…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(283-317)/449

それらの中を一人の頑丈な、陰鬱な大男が沈黙と絶望の冷やかな足取りで歩きながら、こうした人々の心に不快と、忿怒と、なんとはなしに悩ましげな倦怠とを播いて行った。 A stubborn, gloomy man walked through them with a cold gait of silence and despa…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(247-282)/449

「この見事な蝶はなんのためなんだね、アウレリウス。」 “Why is this stunning butterfly, Aurelius?” と、誰かが躊躇しながら言った。 Said someone while hesitating. 「おれは知らない。」 “I don't know.” と、アウレリウスは答えた。 Replied Aurelius…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(199-246)/449

そうそう、私はこの国の花聟たちを見た事があります。 Oh yeah, I've seen the bridegrooms in this country. その人たちはそんな着物を着ていましたが、別に恐ろしいとも、滑稽とも思いませんでしたが……。 They wore such kimonos, but I didn't think they…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(150-198)/449

元来、彼自身も死ということについては度々熟考し、あながちそれを好む者ではなかったが、さりとて生を愛着するの余りに、人の物笑いになるような死にざまをする人たちを侮蔑していた。 Originally, he himself was often pondering about death, and he was…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(115-149)/449

それらの人たちの心には一様に恐ろしい影が飛びかかって来て、見馴れた古い世界に一つの新しい現象をあたえた。 A terrifying shadow leaps into the hearts of those people, giving them a new phenomenon in a familiar old world. なおラザルスと話して…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(90-114)/449

自分のからだをなおざりにし始めてから、ラザルスは殆んど餓死せんばかりになっていたが、近所の者は漠然たる一種の恐怖のために彼に食物を運んでやらなかったので、子供たちが代って彼のところへ食物を運んでやっていた。 Since Lazarus was almost starved…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(63-89)/449

そこで彼はそれから先きの幾年を諸人の見る前に鬱々と暮らして、あたかも樹木が石だらけの乾枯びた土のなかで静かに枯死するように、生色なく、生気なく、しだいに自分のからだを衰弱させて行った。 So he lived quietly before the others saw the years ah…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(30-62)/449

やがて鼓や笛や、六絃琴や、竪琴で音楽が始まると、マリーとマルタの家はまるで蜂や、蟋蟀や、小鳥の鳴き声で掩われてしまったように賑やかになった。 Soon after the music began with drums, whistle, lyre, and lyre, Marie and Martha's house became li…

世界怪談名作集:14 ラザルス:アンドレーエフ レオニード・ニコラーエヴィチ:岡本 綺堂(1-29)/449

世界怪談名作集 World ghost story masterpiece collection ラザルス Lazarus レオニード・ニコラエヴィッチ・アンドレーエフ Leonid Nikolaevich Andreyev 岡本綺堂訳 Okamoto Kiyodo translation 一 One 三日三晩のあいだ、謎のような死の手に身をゆだねて…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(492-524)/524

僕が倒れると、その怪物は僕を跳り越えて、船長へぶつかっていったらしかった。 When I fell down, the monster jumped over me and wanted to hit the captain. 僕がさっき扉の前に突っ立っていた船長を見たときには、彼の顔は真っ蒼で一文字に口を結んでい…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(457-491)/524

私はけさ力いっぱいに捻じ込んでおいたのが、今夜もそのままになっているのを見ておいたのです」と、僕は言った。 "I saw that I had a lot of strength and it was still tonight," I said. 船長はまた言った。 ”The captain said again. 「ところが、不思…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(416-456)/524

「ブリスバーンさん。 “Mr. Brisbane. これは容易ならぬ問題だけに、われわれは失望しても、苦しい思いをしてもいいだけの覚悟をしておかなければなりませんぞ。 This is an easy problem, and we must be prepared to be disappointed and to be distressed…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(388-415)/524

「私の考えを、あなたにお話し申しましょう。 “Tell me what you think. 実は私もあなたと一緒に寝ずの番をして、どういうことが起こるかを調べてみようと思うのです。 Actually, I would like to take a sleep with you and see what happens. 私はきっとわ…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(346-387)/524

特に僕は窓に起こった現象を詳細に話した。 In particular I talked in detail about what happened in the window. 実際、かりに他のことは一つの幻影であったとしても、この窓に起こった現象だけは誰がなんといっても、僕は明らかに証拠立てることの出来る…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(314-345)/524

僕は恐怖心などを起こす余裕もなく、すぐに気を取り直して同じく部屋を飛び出して、無我夢中に彼を追撃したが、とても追いつくことは出来なかった。 I couldn't afford to be afraid, so I immediately regained my mind and jumped out of the room and cha…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(282-313)/524

では、お寝みなさい。 Then go to bed. こころよい休息と楽しい夢をごらんなさるように、お客さま」 Customers to see a good rest and a pleasant dream " ロバートは、いかにもその部屋を去るのが嬉しそうなふうをして、足早に出て行った。 Robert went ou…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(239-281)/524

「むろん、あなたがそうしたいとお思いなら、現在の所におとどまりなさるのはあなたの権利ですけれども……。 “Of course, if you want to do that, it is your right to stay in the current place…. 私としては、あなたにあの部屋を出ていただいて、すっかり…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(207-238)/524

僕は訊き返すと、船長は答えた。 ’When I turned back, the captain replied. 「どうもそうらしいので、わたしも心配しておるのですが……」 “That ’s right, so I ’m worried…” 「実に不思議なこともあればあるものですな」 “There are some really strange t…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(171-206)/524

船医は静かに言った。 ”The craftsman said quietly. 「まあ、お聴きなさい。 "Well, listen. 私はもうこの船の評判なぞはかまっていられません。 I can't wait for the ship's reputation. これから私のすることをあなたにお話し申しておきましょう。 Let m…

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(119-170)/524

もしそうであれば、下にいる者はたまらない。 If so, the one who is below is irresistible. そんなことを考えながらも、僕はまた、うとうとと夜明けまで眠った。 Thinking about that, I finally slept until dawn. 船は昨夜よりもよほど揺れてきた。 The …