文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(177-219)/367

「凱旋の節、神にお礼を申してこの銭を取ることにする」 "Triumph, thank God and take this money" それから兵を進めてまず崑崙関を破り、さらに智高を破り、※管を平らげ、凱旋の時にかの廟に参拝して、曩に投げた銭を取って見せると、その銭はみな両|面で…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(128-176)/367

(同上) (Same as above) 張鬼子 Zhang Oniko 洪州の州学正を勤めている張という男は、元来|刻薄の生まれ付きである上に、年を取るに連れてそれがいよいよ激しくなって、生徒が休暇をくれろと願っても容易に許さない。 A man named Zhang, who works as a …

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(84-127)/367

紙銭は紙をきって銭の形を作ったもので、亡者の冥福を祈るがために焚いて祭るのである。 Paper money is a form of money that is cut out of paper, and is held to pray for the souls of the dead. 日が暮れて、あたりが暗くなると、表で幽かに溜め息をす…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(46-83)/367

それはわたしの婿の家で、これから見舞いながら食い物を持って行ってやろうと思っていたところでした。 It was my nephew's house, where I was thinking of taking food while visiting. なんにも知らずに行ったが最後、疫病神がこっちへ乗り込んで来て、ど…

中国怪奇小説集:11 異聞総録・其他(宋):岡本 綺堂(1-45)/367

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 異聞総録・其他 Ibunsoku / others 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第九の男は語る。 The ninth man talks. 「わたくしは宋代の怪談総まくりというような役割でございますが、これも唐に劣らない大役でございます。 “Wat…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(335-411)/411

「わたくしも元は相当の金持の家のせがれで、ある娼妓と深く言いかわしましたが、両親がとても添わせてくれる筈はないので、女をつれて駈落ちをしました。 “I was originally a stubbornly rich man and deeply replied with a certain niece, but since the…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(291-334)/411

「それはまことの人ではあるまい。 "It's not a true person. おそらく土偶のたぐいであろう」 Probably a clay figure. " そこで、かの卒を見知り人にして、他の役人らが付き添って、近所の廟をたずね廻らせると、城隍廟のうちに大小の土人形がならんでいる…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(255-290)/411

たがいに根くらべを幾日もつづけているうちに、ある夜かの女は俄かに歯が痛むと言い出して、夜通し唸って苦しんでいたが、朝になってみると、その歯が三重に生えて、さながら鬼のような形相になったので、主人は勿論、一家内の者がみな怖れた。 One day, a w…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(214-254)/411

又もや賞をかけると、又もや直ぐに届けて来た。 When I won the award again, it came again soon. こういうことが三度も四度も繰り返されたので、本人も怪しみ、他の者も不審をいだくようになった。 This was repeated three or four times, and the person…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(176-213)/411

篆書でも隷書でも草書でも、学ばずして見事に書くので、見る人みな驚嘆せざるはなかった。 I didn't learn any books, slavish books, or cursive books, so I couldn't help learning. 宗はもとより大資本の商人でもないので、しまいには自分の商売をやめて…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(130-175)/411

就いては、明日早朝にここを立ち退くがよろしい」 I'll leave here early tomorrow morning. " 講師は夢が醒めて奇異に感じた。 ”The instructor felt strange when the dream awakened. それを他の僧らに話したが、誰も信じる者がないので、講師も一時はや…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(86-129)/411

「御安心なさい。 "Please rest assured. みんな助かりました」 Everyone was saved. '' なにが何だかちっとも判らないので、使いは舟びとにその子細をただすと、かれらは初めて説明した。 They didn't know what it was, so the angels gave their details …

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(39-85)/411

床下の女 The woman under the floor 宋の紹興三十二年、劉子昂は和州の太守に任ぜられた。 宋 Shako's Shaoxing, 32 years ago, Liu Zhao was entrusted to Taizhou. やがて淮上の乱も鎮定したので、独身で任地にむかい、官舎に生活しているうちに、そこに…

中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋):岡本 綺堂(1-38)/411

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 夷堅志 Kenji Tsuji 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第八の男は語る。 The eighth man speaks. 「わたくしは宋で『夷堅志』をえらみました。 “I looked at 'Kan Kenshi' with my niece. これは有名の大物でありますから…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(204-270)/270

乱のおこる日も、いま家を出ようとする時、馬の前に小奴が立っているのを、左右の人びともみな見ました。 On the day of the turbulence, when I was about to leave the house, I saw both the left and right people standing in front of the horse. 役所…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(153-203)/270

女はこちらの舟へはいって来て言いました。 The woman came into this boat and said. 「この舟にはいい髢がある筈だから、見せてもらいたい」 "I want this boat to have a good kite, so I want you to show it." こちらは慌てているので、髢などはどうし…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(109-152)/270

そうして、その死骸は間もなく腐って頽れました。 So the dead body soon rotted and drowned. 蛇はどこへ行ったか、そのゆくえは知れなかったそうです。 It seems that the place where the snake went was unknown. 地下の亀 Turtle in the basement 李宗…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(78-108)/270

徐もその謝礼として、種々の珍しい物を買い込んで、再びかの青年のところへ持参すると、青年もよろこんで再び材木を売ってくれました。 As a gratitude, Xu also bought various rare items and brought them to the young man again, and the young man was…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(44-77)/270

その夢が醒めると、火を吹いていた口唇がひどく腫れあがって、なんだか息が切れて、十日ばかりは苦しみました」 When that dream awakened, the lips that were blowing fire swelled up terribly, and my breath broke out, and I suffered only for ten da…

中国怪奇小説集:09 稽神録(宋):岡本 綺堂(1-43)/270

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 稽神録 Sacred God Record 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第七の女は語る。 The seventh woman talks. 「五代を過ぎて宋に入りますと、まず第一に『太平広記』五百巻という大物がございます。 “When you go past the 5t…

中国怪奇小説集:08 録異記(五代):岡本 綺堂(135-176)/176

ひとりの僧は無事に山を出て、ここはどこだと人に訊くと、牟平の海浜であるといわれた。 “One monk safely left the mountain, and when I asked him where he was, it was said to be the beach of Yangpyeong. 異石 Heterogeneous stone 帝|堯の時に、五…

中国怪奇小説集:08 録異記(五代):岡本 綺堂(135-176)/176

ひとりの僧は無事に山を出て、ここはどこだと人に訊くと、牟平の海浜であるといわれた。 “One monk safely left the mountain, and when I asked him where he was, it was said to be the beach of Yangpyeong. 異石 Heterogeneous stone 帝|堯の時に、五…

中国怪奇小説集:08 録異記(五代):岡本 綺堂(92-134)/176

僧は悲鳴をあげて救いを祈ると、その男は訊いた。 When the monk screamed and prayed for salvation, the man nodded. 「おまえの姓はなんというのだ」 "What is your surname?" 「王といいます」 "Called the king" 「王か。 "A king? 名は同じだが、姓が…

中国怪奇小説集:08 録異記(五代):岡本 綺堂(48-91)/176

それでも子孫のうちには、その道を伝えられている者があろうと思います。 Still, I think there are some offspring who have been told the path. いずれにしても、洛に住む職人でなければ、これを伐ることは出来ません」 Anyway, unless you are a craftsm…

中国怪奇小説集:08 録異記(五代):岡本 綺堂(1-47)/176

中国怪奇小説集 Chinese mysterious novels 録異記 Biography 岡本綺堂 Okamoto Kirido 第六の男は語る。 The sixth man talks. 「わたくしの役割は五代という事になっています。 “My role is supposed to be the fifth generation. 昔から五代乱離といいま…

中国怪奇小説集:07 白猿伝・其他(唐):岡本 綺堂(337-374)/374

その大きさは前に見たと同様である。 Its size is the same as seen before. そこで、なにげなく店に着くと、三娘子は相変らず彼を歓待した。 So when I arrived at the store, Misako continued to welcome him. その晩は他に相客がなかったので、主婦はい…

中国怪奇小説集:07 白猿伝・其他(唐):岡本 綺堂(293-336)/374

書生はその蛇の形や色を見おぼえていた。 The calligrapher knew the shape and color of the snake. 「おまえは担生ではないか」 "Isn't you a teacher?" それを聞くと、蛇はかしらを垂れて、やがてしずかに立ち去った。 Listening to it, the snake hung d…

中国怪奇小説集:07 白猿伝・其他(唐):岡本 綺堂(242-292)/374

象もまた地にひざまずいて、涙を雨のごとくに流した。 The elephant also kneeled down and shed tears like rain. 「御承知ならば、矢をたずさえてお乗り下さい」と、猩々はうながした。 “If you know, please ride with an arrow,” he nodded. 蒋は矢に毒…

中国怪奇小説集:07 白猿伝・其他(唐):岡本 綺堂(189-241)/374

それ逃がすなと追いかけたが、遂に捉え得なかった。 I chased not to let it go, but couldn't catch it. 帝はまたかれに命じて丹陽公主(公主=皇女)の枕を取って来いと言った。 The Emperor told him to take the pillow of the Danyang lord (Princess =…

中国怪奇小説集:07 白猿伝・其他(唐):岡本 綺堂(139-188)/374

「乳をたんと飲ませました」 "I gave you a lot of milk" 言い捨てて出たままで、彼女はかさねて帰らなかった。 ま ま She left out and she didn't go home. それから時を移しても、赤児の啼く声がちっとも聞えないので、崔は怪しんでうかがうと、赤児もま…