文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:02 貸家:リットン エドワード・ジョージ・アール・ブルワー:岡本 綺堂(59-90)/561

 わたしは彼にいくらかの心付けをやって、それから教えられた所へたずねて行くと、主人のJ氏は都合よく在宅であった。

When I gave him some enthusiasm and then went to where he was taught, my master Mr. J was at home conveniently.

J氏はもう初老を過ぎた人で、理智に富んでいるらしい風貌と、人好きのするような態度をそなえていた。

Mr. J was already an old man and had an appearance that seemed rich in wisdom and an attitude that he liked people.

 正直に自分の姓名と職業とを明かした上で、わたしはかの貸間の家に何かの祟りがあるらしく思われるということを話した。

Having stated my name and occupation honestly, I said that I felt that there was something resembling something in the house between Kano.

そうして、わたしはぜひその家を探険してみたいから、ひと晩でもいいからどうぞ貸してくれまいか。

Then I would like to explore the house, so why not lend me one night?

それを承知してくれれば、お望み通りの金を払うと言った。

He told me that if I knew it, I would pay the money I wanted.

 J氏はそれに対して、非常に丁寧に答えた。

Mr J responded very politely.

「よろしゅうございます。

"Yeah.

あなたのご用の済むまでお貸し申しましょう。

Let's lend it until your work is complete.

家賃などはどうでもかまいません。

You don't care about the rent.

あの婆さんは宿なしの貧乏人で養育院にいたのを、わたしが引き取って来たのです。

That niece was a poor man without a lodging and I took over being in the nursery.

あの婆さんは子供の時にわたしの家族のある者と知り合いであったと言いますし、またその以前は都合がよくって、わたしの叔父からあの家を借りて住んでいたこともあるというので、それらの関係からわたしが引き取って番人に雇っておいたのですが、可哀そうに三週間前に死んでしまいました。

He says that he was acquainted with some of my family when he was a child, and it was convenient for them to have lived with my uncle from my uncle before, so they I took it from my relationship and hired a guard, but unfortunately I died three weeks ago.

あの婆さんは高等の教育もあり、気性もしっかりした女で、わたしが今まで連れて来た番人のうちで無事にあの家に踏みとどまっていたのは、あの女ばかりでした。

She was a woman with high education and a strong temperament, and it was the only one of the guards I've taken so far that he had been able to safely stay in that house.

それが今度死んで、しかも突然に死んだものですから、検視が来るなどという騒ぎになって、近所でもいろいろの忌な噂を立てます。

It's dead this time, and suddenly it's dead, so it's a noise that a post-mortem comes, and it makes a lot of nasty rumors in the neighborhood.

したがって、そのかわりの番人を見つけるのも困難ですし、もちろん借り手もあるまいと思いますから、今後一年間はその人がすべての税金さえ納めてくれればいいという約束で、無代で誰にでも貸そうと考えているのです」

Therefore, it is difficult to find an alternative guard, and of course I don't think there will be a borrower, so in the next year there is a promise that he should pay all the taxes, and to whom no generation But I'm thinking of lending it. "

「いったい、いつごろからそんな評判が立つようになったのです」

"At last, such a reputation has come to be established."

「それは確かには申されませんが、もうよほど以前からのことです。

"That's certainly not true, but it's been a long time ago.

唯今お話し申した婆さんが借りていた時、すなわち三十年前から四十年前のあいだだそうですが、すでにそのころから怪しいことがあったといいます。

It is said that it was only when Mr. Tatsumi who just talked to me had borrowed, that is, between thirty and forty years ago, but it has already been suspicious since that time.

わたしが覚えてからでも、あの家に三日とつづけて住んでいた人はありません。

Even after I remember, no one has lived in that house for three days.

その怪談はいろいろですから、いちいちにそのお話をすることは出来ませんし、また、そのお話をしてあなたに何かの予覚をあたえるよりも、あなた自身があの家へ入り込んで直接にご判断なさるほうがよろしかろうと思います。

Because there are so many ghost stories, I can not tell you the story one by one, and you can go into the house and make a direct decision, rather than giving it your predictions. I think it would be better to do it.

ただ、なにかしら見えるかもしれない、聞こえるかもしれないというお覚悟で、あなたがご随意に警戒をなさればよろしいのです」

Just be prepared to be vigilant at your discretion, just be prepared to see something or something you may hear. "

「あなたはあの家に、一夜を明かそうというような好奇心をお持ちになったことはありませんか」

"Have you ever had a curiosity in that house that would leave you overnight?"

「一夜を明かしたことはありませんが、真っ昼間に三時間ほど、たった一人であの家のなかにいたことがあります。

"I have never given a night, but in the middle of the day about three hours, I was in the house alone.

わたしの好奇心は満足されませんでしたが、その好奇心も消滅して、ふたたび経験を新たにする気も出なくなりました。

My curiosity was not satisfied, but the curiosity disappeared, and I was reluctant to renew my experience again.

と申したら、なぜ十分に探究しないかとおっしゃるかもしれませんが、それにはまた訳があるのです。

If you say, you might say why you do not explore enough, but that also has a translation.

そこで、あなたもこの一件について非常に興味を持ち、また、あなたの神経が非常に強いというのであれば格別、さもなければあの家で一夜を明かすということは、まあ、お考えになったほうがよろしくはないかと思います」

So, if you are very interested in this matter and your nerve is very strong, you should think about giving an overnight at that house, well, if you think I think there is no respect. "

「いや、わたしは非常の興味を持っているのです」と、私は言った。

"No, I am very interested," I said.

「臆病者はともかくも、わたしの神経はいかなる危険にも馴れています。

"Even in cowards, my nerves are used to any danger.

化け物屋敷でも驚きません」

I'm not surprised at the monster house. "

 J氏も深くは言わないで、用箪笥から鍵をとり出して私に渡してくれた。

Mr. J did not say deeply, but took out the key from the chopsticks and gave it to me.

その腹蔵のない態度にわたしは衷心から感謝し、また、わたしの希望に対して紳士的の許可をあたえてくれたことをも感謝して、わたしは自分の望むものを手に入れることになった。

I will be grateful to the lack of attitude, and also thank you for giving me a gentleman's permission for my hope, and I will get what I want. The

そうなると気が急くので、わたしはひとまず我が家へ戻るやいなや、日ごろ自分が信用しているFという雇い人を呼んだ。

When I returned to my house, I called an employer named F, who I always trusted, as soon as I returned to my home.

彼は年も若いし、快活で、物を恐れぬ性質で、わたしの知っている中では最も迷信的の偏見などを持っていない人間であった。

He was young, cheerful, uninteresting in nature, and the least superstitious prejudices I've known.