文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:02 貸家:リットン エドワード・ジョージ・アール・ブルワー:岡本 綺堂(140-183)/561

 私たちはまず地下室や台所を見まわった。

We first looked at the basement and the kitchen.

そうして、穴蔵に二、三本の葡萄酒の罎がころがっているのを見つけた。

Then I found a couple of sake bottles in Aizo.

その罎には蜘蛛の巣が一面にかかっていて、多年そのままにしてあったことが明らかに察せられると同時に、ここに棲む幽霊が酒好きでないことも確かにわかったが、そのほかには別に私たちの興味をひくような物も発見されなかった。

At the same time, it was clearly understood that the spider's nest was on one side and that it had been for many years, and at the same time it was clearly understood that the ghosts envy here were not liking, but otherwise we No interesting things were found.

外には薄暗い小さな裏庭があって、高い塀にかこまれている。

Outside there is a dim little backyard, surrounded by tall bushes.

この庭の敷石はひどくしめっているので、その湿気とほこりと煤煙とのために、わたしたちが歩くたびに薄い足跡が残った。

The paving stones in this garden are so tight that a thin footprint left every time we walked because of the moisture, dust and smoke.

 わたしは今や初めて、この不思議なる借家において第一の不思議を見たのである。

For the first time, I have seen the first wonder in this mysterious rented house.

 わたしはあたかも自分の前に一つの足跡を見つけたので、急に立ちどまってFに指さして注意した。

As I found a footprint in front of me, I stopped suddenly and pointed to F and noted.

一つの足跡がまたたちまち二つになったのを、わたしたちふたりは同時に見た。

We both saw at the same time that one footprint became two again at once.

ふたりはあわててその場所を検査すると、わたしの方へむかって来たその足跡はすこぶる小さく、それは子供の足であった。

When the two went up and examined the place, the footsteps that came to me were so small that it was a child's foot.

その印象はすこぶる薄いもので、その形を明らかに判断するのは困難であったが、それが跣足の跡であるということは私たちにも認められた。

The impression was so pale that it was difficult to judge its shape clearly, but it was recognized by us that it was the mark of a foot.

 この現象は私たちが向うの塀にゆき着いたときに消えてしまって、帰る時にはそれを繰り返すようなこともなかった。

This phenomenon disappeared when we arrived at the weir of the future, and it did not repeat it when we returned.

階段を昇って一階へ出ると、そこには食堂と小さい控室がある。

When you go up the stairs to the first floor, there is a dining room and a small waiting room.

またそのうしろには更に小さい部屋がある。

There is also a smaller room behind that.

この第三の部屋は下男の居間であったらしい。

It is said that this third room was the living room of the lower man.

それから座敷へ通ると、ここは新しくて綺麗であった。

Then I went to the room and it was new and beautiful.

そこへはいって、わたしは肘かけ椅子に倚ると、Fは蝋燭立てをテーブルの上に置いた。

Going there, I sat in an armchair and F put a candle holder on the table.

わたしにドアをしめろと言いつけられて、彼が振りむいて行ったときに、わたしの正面にある一脚の椅子が急速に、しかもなんの音もせずに壁の方から動き出して、わたしの方から一ヤードほどの所へ来て、にわかに向きを変えて止まった。

When he was told to shut the door and he went and waved, the chair in front of me moved out of the wall quickly without making any noise, Came to a place about a yard from the people and turned suddenly and stopped.

「ははあ、これはテーブル廻しよりもおもしろいな」と、わたしは半分笑いながら言った。

"Haha, this is more interesting than the table table," I said with a half laugh.

 そうして、わたしがほんとうに笑い出したときに、わたしの犬はその頭をあとへひいて吠えた。

And when I really laughed, my dog grabbed its head and barked.

 Fはドアをしめて戻って来たが、椅子の一件には気がつかないらしく、吠える犬をしきりに鎮めていた。

F came back with his door closed, but he didn't notice one of the chairs, and he calmed down barking dogs.

わたしはいつまでもかの椅子を見つめていると、そこに青白い靄のようなものが現われた。

As I stared at my chair for a long time, something like a pale broom appeared there.

その輪郭は人間の形のようであるが、わたしは自分の眼を疑うほどにきわめて朦朧たるものであった。

The outline is like a human form, but I was so daunting as to doubt my eyes.

犬はもうおとなしくなっていた。

The dog was already dumb.

「その椅子を片付けてくれ。

"Keep up that chair.

むこうの壁の方へ戻して置いてくれ」と、わたしは言った。

Please return to the wall and leave it, "I said.

 Fはその通りにしたが、急に振りむいて言った。

F did that, but suddenly shook and said.

「あなたですか。

"you.

そんなことをしたのは……」

What did you do?

「わたしが……。

"I…….

何をしたというのだ」

What did you do? "

「でも、何かがわたくしをぶちました。

"But something broke up.

肩のところを強くぶちました。

I hit the shoulder strongly.

ちょうどここの所を……」

Just here ... ... "

「わたしではない。

"I am not.

しかし、おれたちの前には魔術師どもがいるからな。

But there are sorcerers in front of us.

その手妻はまだ見つけ出さないが、あいつらがおれたちをおどかす前に、こっちがあいつらを取っつかまえてやるぞ」

The wife hasn't found it yet, but I'll catch some of them before the guys apologize. "

 しかし、私たちはこの座敷に長居することはできなかった。

However, we could not stay in this room.

実際どの部屋も湿っぽくて寒いので、わたしは二階の火のある所へ行きたくなったのである。

In fact, every room was damp and cold, so I wanted to go to the second floor where there was a fire.

私たちは警戒のために座敷のドアに錠をおろして出た。

We locked the door in the room for warning and came out.

今まで見まわった下の部屋もみなそうして来たのであった。

The lower room that I had looked around until now had all done so.

 Fがわたしのためにえらんでおいてくれた寝室は、二階じゅうでは最もよい部屋で、往来にむかって二つの窓を持っている大きい一室であった。

The bedroom F gave me for me was the best room on the second floor, and it was a large room with two windows for traffic.

規則正しい四脚の寝台が火にむかって据えられて、ストーブの火は美しくさかんに燃えていた。

The regular four-legged bed was set against the fire, and the stove was burning beautifully.

その寝台と窓とのあいだの壁の左寄りにドアがあって、そこからFの居間になっている部屋へ通ずるようになっていた。

There was a door to the left of the wall between the bed and the window, and from there it was going to go to the room that was the living room of F.

 次にソファー・ベッドの付いている小さい部屋があって、それは階段の昇り場になんの交通もなく、わたしの寝室に通ずるただ一つのドアがあるだけであった。

Next there was a small room with a sofa bed, which had no traffic at the stair ascent and there was only one door leading to my bedroom.