文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:02 貸家:リットン エドワード・ジョージ・アール・ブルワー:岡本 綺堂(377-411)/561

それが暗中になされたとすれば、それは私のような人間の手によってなされなければなるまい。

If it were done in the dark, it would not have to be done by human hands like me.

して見ると、最初から終わりまでこの室内に人間が働いていたのであろうか。

If you look at it, did human beings work in this room from the beginning to the end?

それについて何か疑わしい形跡があるであろうか。

Is there any suspicious evidence about it?

私はこの以上に何事をも詳しく語ることが出来ないのであるから、よろしく読者の推断に任せるのほかはない。

Since I can not tell anything in more detail than this, there is nothing but to leave it to the reader's decision.

 もう一つ驚くべきは、さっき不思議に紛失した私の懐中時計がテーブルの上に戻っていた。

Another surprise was that my pocket watch, which I had lost a little while ago, was back on the table.

但し、あたかもそれが紛失した時刻のところで、時計の針は止まっているのである。

However, the hands of the watch have stopped at the time it was lost.

その後、上手な時計屋へ持って行って幾度も修繕してもらったが、いつも数時間の後には針の廻転が妙に不規則になって、結局は止まってしまうことになるので、その時計はとうとう廃物になった。

After that, I took it to a good watchmaker and asked me to fix it several times, but after several hours, the rolling of the needle became strange and irregular, and eventually it would stop, so that watch Finally it became waste.

 その後はもう変わったことはなかった。

It has not changed since then.

わたしは夜のあけるまで待っていたが、何事もなかった。

I waited until the evening, but nothing happened.

日が出て、世間が昼になって、わたしがこの家を立ち去るまで、もう何事もなかったのである。

The sun was up, the world was noon, and I had nothing to do before I left this house.

 いよいよここを立ち去る前に、わたしとFとが監禁された部屋、窓のない部屋へ再びはいってみた。

Before I left here, I went back to the room where I and F were confined, the room without windows.

奇異なる事件の機械的作用――もしこんな言葉があるならば――を作り出したこの部屋へ今や白昼に踏み込んで、ゆうべの怖ろしさを再び思い出すと、わたしは一刻もここに立っているに堪えられないので、早そうに階段を降りかかると、またもやわたしのさきに立ってゆく跫音がきこえた。

I step into this room where I created the mechanical action of a strange case-if such a word-now, in the daytime, and remember again the fear of the story, I will stand here for a moment I could not stand it, so when I got down the stairs early, I could hear the roar of standing before me.

そうして、表の入り口のドアをあけた時に、うしろでかすかな笑い声がきこえたようにも思われた。

Then, when I opened the front door, it seemed like a faint laughing voice was heard behind.

 わたしは自分の家へ帰った。

I returned to my house.

ゆうべ逃亡した雇い人は定めて顔を見せるだろうと思いのほか、Fはどこへ行ってしまったか、一向にその消息が分からないのであった。

After thinking that the hiring of the fugitive will be decided and show a face, it was not possible to know the whereabouts of F had gone at all.

三日の後にリヴァプールからの手紙が来た。

Three days later a letter from Liverpool came.

先夜はご覧の通りの始末で、なんとも申しわけがございません。

The last night was the end of the day, as you can see.

わたくしが本当に回復するにはこれから一年以上もかかるだろうと存じますから、もちろん今後のご奉公は出来ません。

I believe that it will take me more than a year to really recover, so of course I can not do anything in the future.

わたくしはこれからメルボルンにいる義兄弟のところへ尋ねて行くつもりで、その船は明日出帆いたします。

I am going to ask the brother-in-law in Melbourne from now on and the ship will sail tomorrow.

長い航海をつづけているうちには、わたくしも気がしっかりして来るであろうと存じます。

In the voyage of a long voyage, I think that I will come to mind firmly.

なにしろ唯今のところでは恐怖と戦慄があるばかりで、怖ろしい物が常に自分のうしろに付きまとっているように思われてなりません。

For now, there is only fear and horror, and fearful things should not always seem to be stuck behind me.

それからはなはだ恐れ入りますが、わたくしの衣類や荷物のたぐいは、ウォルウォースにいるわたくしの母のところへお届けを願います。

From that point on, I am sorry, but I would like my clothes and luggage to be delivered to my mother at Walworth.

母の住所はジョンが知っております。

John knows my mother's address.

――

---

 手紙の終わりには、なおいろいろの弁解が付け加えてあって、やや辻褄の合わない点もあるが、筆者はすこぶる注意して書いたらしく、くどくどと列べ立ててあった。

At the end of the letter, there are still many excuses added, and there is a point that does not fit well, but the author seems to have written with extreme caution and was standing in a row.

本人はかねて濠州へ行きたい希望があったので、それをゆうべの事件に結び付けて、こんな拵え事をしたのではないかとも疑われるが、私はそれについてなんにも言わない。

I have always wanted to go to Zhengzhou, so I might associate it with a Japanese case and suspect that I might have done such a frightening thing, but I will not say anything about it.

むしろ世間には信ずべからざることを信ずる人がたくさんあって、彼もその一人であろうと思った。

Rather, there were many people in the world who believed in unbelief, and I thought that he would be one of them.

いずれにしても、この事件に対するわたしの信念と推理は動かないのである。

In any case, my conviction and reasoning for this case do not move.

 夕方になって、わたしは貸馬車を雇って再びかの化け物屋敷へ行った。

In the evening, I hired a wagon and went to the monster house again.

そこへ置いて来たわたしの物と、死んだ犬の亡骸とを引き取るためであったが、今度は別になんの邪魔もなかった。

It was to take away my stuff that had been put there and the dead of the dead dog, but this time there was no hindrance.

ただその階段を昇り降りするときに、例の跫音を聞いたほかには、わたしの注意にあたいするような出来事もなかった。

As I climbed up and down the stairs, I heard nothing of the roar of the example, and there was no such thing as my attention.

 そこを出て、さらに家主のJ氏をたずねると、彼はあたかも在宅であった。

When I went out there and asked for the landlord, Mr. J, he was at home.

わたしは鍵を返した上で、わたしの好奇心は十分に満足したことを話した。

I returned the key and told that my curiosity was fully satisfied.

そうして、ゆうべの出来事を口早に話しかけると、J氏はそれをさえぎって、しょせん誰にも解決のつかないような怪談について、自分は最早興味を持たないと丁寧にことわった。

Then, when I talked to him immediately, Mr. J. intercepted it and politely told that he was no longer interested in a story that could not be resolved by anyone.

しかし、かの二通の手紙の事と、またそれが不思議に消え失せたことだけは報告しておかなければならないと思ったので、わたしはJ氏にむかって、かの手紙は、かの家で死んだ老婆に宛てたものであると考えられるが、かの老婆が過去の経歴のうちには手紙にあらわれているような暗い秘密をかくしていると思われる節があるかと質問すると、J氏は驚いたように見えた。

However, I thought that I had to report only the fact of the two letters of the letter and that it disappeared in a strange way, so I turned to Mr. J, and the letter of the letter J, who is thought to have been addressed to an old woman who died in the United States, but asked if there is a section in the past of her life that seems to be hiding the dark secret that appears in the letter, Mr. J It looked astonished.