文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:02 貸家:リットン エドワード・ジョージ・アール・ブルワー:岡本 綺堂(480-509)/561

男はアメリカ生まれのすこぶる怪しい人物で、世間からは海賊であると認められていた。

The man was a very suspicious person from the United States and was recognized by the world as a pirate.

彼女は信用の厚い商人の娘で、結婚するまでは乳母に育てられていたほどの身分であった。

She was the daughter of a well-trusted merchant, and had the status she had been raised by her nanny until she got married.

また、彼女には男やもめの兄があって、それはおそらく金持であったらしく、その当時六歳ぐらいの子供を持っていたのである。

Also, she had a widower's older brother, which was probably rich and had a six-year-old child at that time.

彼女が結婚してから一カ月の後、その兄の死骸がテームス河のロンドン橋に近いところで発見されて、死骸の咽喉部には暴力を加えたらしい形跡が見えたが、特に検視を求めるというほどの有力の証拠にもならず、結局は溺死ということで終わった。

One month after she got married, her brother's corpse was found near the London Bridge in the River Thames, and the throat of the corpse showed evidence of added violence, but in particular he asked for a post-mortem examination It did not become a strong evidence, but ended up being a moribund.

 アメリカ人とその妻は死んだ兄の遺言状によって、その一人の孤児の後見人となった。

The Americans and their wives were the guardians of one of the orphans by the will of his dead brother.

そうして、その子供が死んだために、妻がその財産を相続した。

Then, the wife inherited the property because the child died.

但し、その子供はわずかに六カ月の後に死んだので、おそらく後見人夫婦のために冷遇と虐待を受けたせいであろうと想像された。

However, it was imagined that the child died slightly after six months, probably due to cold temper and abuse for the guardian couple.

近所の者は夜なかに子供の泣き叫ぶ声を聞いたことがあると証明した。

Neighbors proved to have heard the child's crying voice at night.

またその死体を検査した医師は、営養欠乏のために死亡したのだといい、しかもその全身にはなまなましい紫斑の痕が残っていたと言った。

The doctor who examined the corpse also said that he had died due to lack of nutrition, and that the whole body had purplish marks of good quality.

なんでもある冬の夜に、子供はそこを逃げ去ろうとして、裏庭まで這い出して、塀を登ろうとして、疲れて倒れて、あくる朝になって石の上に死んでいるのを発見されたものであるらしい。

On a winter night with anything, children tried to run away, crawled out to the backyard, climbed a weir, fell tired, and were found dead on a stone in the coming morning Seems to be.

しかし、そこに虐待の証拠はいくらか認められても、その子供を殺したという証拠はなんにも認められないのである。

But even though there is some evidence of abuse there, there is no evidence of killing the child.

 彼の叔母とその夫はその残酷の行為に対して、子供が非常に強情であるのを矯正するがためであったと弁解した。

His aunt and his husband excuse themselves for correcting the child's very brutal behavior against his cruelty.

そうして、彼は半気ちがいのような片意地者であったと説明した。

He then explained that he was a half-minded one-minded person.

いずれにしても、この孤児の死によって、叔母は自分の兄の財産を相続したのであった。

In any case, by the death of this orphan, the aunt inherited the property of his brother.

 結婚の第一年が過ぎないうちに、かのアメリカ人はにわかに英国を立ち去って、それぎり再び帰って来なかった。

Not long after the first year of marriage, Americans suddenly left Britain and never returned.

彼はそれから二年の後、大西洋で難破した船に乗り合わせていたのである。

Two years later he was on board the shipwrecked in the Atlantic.

 こうして未亡人とはなったが、彼女は豊かに暮らしていた。

Thus, she became a widow, but she lived well.

しかもいろいろの災厄が彼女の上に落ちかかって来て、預金の銀行は倒れる、投資の事業は失敗するという始末で、とうとう無産者となってしまった。

Moreover, various disasters came to fall on her, the bank of deposit fell down, and the business of investment failed, and finally it became a non-productive person.

それからいろいろの勤めに出たが、まただんだんに零落して、貸家の監督から更に下女奉公にまで出るようになった。

After that, he went on to work for a variety of jobs, but it gradually dropped, and he began to appear from the manager of the rental house to the service of the second woman.

彼女の性質を別に悪いという者もないのであるが、どこへ行ってもその奉公が長くつづかなかった。

There was no one to blame for her nature, but no matter how far she went, the service did not last long.

彼女は沈着で、正直で、ことにその行儀がいいのを認められていながら、どうも彼女を推薦する者がなかった。

She was depositional, honest, and admittedly well-behaved, but there was no one to recommend her.

そうして、ついに養育院に落ち込んだのを、J氏が引き取って来て貸家の番人に雇い入れたのである。

Then, Mr. J took over and finally hired a guard at a rental house to finally fall into the nursing home.

その貸家は彼女が結婚生活の第一年に、一家の主婦として借り受けた家であった。

The lender was the house she rented as a housewife during the first year of her marriage.

 J氏はそのあとへ、こういうことを付け加えて来た。

After that, Mr. J added such a thing.

 わたしが打ち毀せと勧めたかの部屋に、J氏はただひとりで一時間を過ごしたが、別になんにも見えるでもなく、聞こえるでもないにもかかわらず、彼は非常の恐怖を感じたので、断然わたしの注意にしたがって、その壁をめくり、床を剥がすことに決心して、すでにその職人とも約束しておいたから、わたしの指定の日から工事に着手するというのであった。

Mr. J spent an hour alone in the room where I recommended to crush, but he felt a great fear though he did not look or hear anything else, so he I decided to turn up the wall and remove the floor according to my attention, and I already promised to the craftsman that I would start work from my designated day.

 そこで時間をとりきめて、わたしはかの化け物屋敷へ行った。

So I took my time and I went to a monster house.

私たちは窓のないがらんどうの部屋へはいって、建物の幅木を取りのけ、それから床板をめくると、垂木の下に屑をもっておおわれた刎ね上げの戸が発見された。

We went into a room with no windows, took out the baseboard of the building, and turned over the floorboard, and found a glazed door covered with trash under the rafters.

そのかくし鈴は人間が楽にはいられるくらいの大きさで、鉄の締金と鋲とで厳重に釘付けにされていた。

The bell was so large that humans could easily get it, and it was strictly nailed with an iron clamp and a hammer.

それらをはずして、下の部屋へ降りてみると、その構造には別に怪しいところもなく、そこには窓も烟出しもあったが、それらは煉瓦で塗り固められて、すでに多年を経たものであることが明らかに見られた。

Remove them and go down to the room below, there is nothing suspicious about the structure, there are windows and windows, but they are painted with bricks and they are already many years old It was clearly seen to be.

 蝋燭の火をたよりにそこらを検査すると、おなじ型の家具――三脚の椅子、一脚の槲の木の長椅子、一脚のテーブル、それらはほとんど八十年前の形式の物であった。

Examining them in a candlelight, they found the same type of furniture-a tripod chair, a single rattan chaise longue, a single table, which were almost eighty-year-old forms.