文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(1-37)/701

世界怪談名作集

World ghost story masterpiece collection

クラリモンド

Clarimondo

       一

One

 わたしがかつて恋をしたことがあるかとお訊ねになるのですか。

Do you ask if I have ever been in love?

あります。

There is.

わたしの話はよほど変わっていて、しかも怖ろしい話です。

My story is very different and scary.

わたしは六十六歳になりますが、いまだにその記憶の灰をかき乱したくないのです。

I am sixty-six years old, but I still do not want to disturb the ashes of that memory.

 わたしはごく若い少年の頃から、僧侶の務めを自分の天職のように思っていましたので、すべて私の勉強はその方面のことに向けていました。

Since I was a very young boy, I thought of serving as a priest, so all my studies went in that direction.

二十四のころまでのわたしの生活は、長い初学者としての生活でした。

My life until the twenty-fourth year was a long life as a beginner.

神学の課程を卒えますと、つづいて種じゅの雑務に従事しましたが、牧師長の人たちはわたしがまだ若いにもかかわらず、わたしを認めてくれまして、最後に聖職につくことを許してくれました。

After graduating from the theology course, I was engaged in the miscellaneous work of Tasuju, but the pastors recognized me even though I was still young, and finally to get to the priesthood. Forgive me.

そうして、その僧職の授与式は復活祭の週間のうちに行なわれることに決まりました。

So, it was decided that the ceremony of the priesthood will be held during the Easter week.

 わたしはその頃まで、世間に出たことがありませんでした。

Until then, I had never been in the world.

わたしの世界は、学校の壁と、神学校関係の社会だけに限られていました。

My world was limited to the school wall and the seminary society.

それで、わたしは世間でいう女というものには、極めて漠然とした考えしか持っていませんでしたし、また、そんな問題において考えたりすることは決してありませんでしたので、全く無邪気のままに生活していたのでした。

So, I had a very vague idea for a woman in the world, and I never thought about such a problem, so I lived totally innocently It was

私は一年にたった二度、わたしの年老いた虚弱な母に逢いに行くばかりで、私とほかの世間との関り合いというものは、全くこれだけのことしかなかったのであります。

I only went to meet my poor and frail mother only twice a year, and I had nothing to do with the relationship between me and the rest of the world.

 わたしはこの生活になんの不足もありませんでした。

I had no shortage of this life.

わたしは自分が二度と替えられない終身の職に就いたことに対しては、なんの躊躇も感じていませんでした。

I did not feel any jealousy that I was in a permanent job that I could never change.

私はただ心の喜びと、胸の躍りを感じていました。

I just felt the joy of heart and the excitement of my heart.

どんな婚約をした恋人でも、わたしほどの夢中の喜びをもって、ゆるやかな時刻の過ぎるのをかぞえたことはありますまい。

No matter what kind of engagement you've done, I have never had the time to delay with my delightful enthusiasm.

わたしは寝る時には、聖餐式でわたしが説教する時のことを夢みながら床につくのです。

When I go to bed, I come to the floor dreaming about what I preach in the sacrament.

わたしはこの世に、僧侶になるというほどの喜びは、他に何もないものだと信じていました。

I believed in this world that the joy of becoming a monk was nothing else.

詩人になれても、帝王になれても、わたしはそれを断わりたいほどで、わたしの野心はもうこの僧侶以上に何も思っていませんでした。

Even if I could become a poet or become an emperor, I would like to decline it, and my ambition was no longer thinking more than this monk.

 とうとう私にとって大事の日が参りました。

Finally the day that matters to me has arrived.

私はまるで自分の肩に羽でも生えているように、浮きうきした心持ちで、教会の方へ軽く歩んでいました。

I walked toward the church lightly, with a floating mind, as if I had feathers on my shoulder.

まるで自分を天使のように思うくらいでした。

It was as if I thought of myself as an angel.

そうして、大勢の友達のうちには暗いような物思わしげな顔をしている者があるのを、不思議に思うくらいでありました。

Then I was wondering that there was a lot of friends who had dark faces.

わたしは祈祷にその一夜を過ごして、まったく法悦の状態にあったのです。

I spent the night to pray and was totally in a state of law.

慈愛ぶかい司教さまは永遠にいます父――神のごとくに見え、教会の円天井のあなたに天国を見ていたのであります。

A loving bishop is forever Father--like God, looking at you to the circle of the church.

 この儀式をくわしくご存じでしょうが、まず浄祓式がおこなわれ、それから、両種の聖餐拝受式、それから、てのひらに洗礼者の油を塗る抹油式、それが済んでから、司教と声をそろえて勤める神聖なる献身の式が終わるのであります。

You will know this ritual in detail, but first the Joraku ceremony will be held, and then the two ceremonial ceremonies will be held, and then the ceremonial oil will be applied to the palms of the ceremonial ceremonies. The ceremony of the sacred devotion to work is over.

 ああ、しかしヨブ(旧約ヨブ記の主人公)が、「眼をもて誓約せざるものは愚かなる人間なり」と言ったのは、よく真理を説いています。

Oh, but it is often the case that Job (the protagonist of the Old Testament Book of Job) said, "If you do not commit with eyes is a foolish human being," you presume the truth.

わたしがその時まで垂れていた頭を偶然にあげると、わたしの眼の前にまるでさわれるぐらいに近く思われて、実際は自分のところからかなり離れた聖壇の手すりのはしに、非常に美しい若い女が目ざむるばかりの高貴の服装をしているのを見ました。

By chance, when I raise my head by the time of that time, it seems to be close enough to be touched in front of my eyes, and in fact, it is very beautiful in the balustrade of the altar, which is quite far from me. I saw a young woman wearing an awe-inspiring noble dress.

 それはわたしの眼には、世界が変わったように思われました。

It seemed to my eyes that the world has changed.

私はまるで盲目の眼が再びあいたように感じたのです。

I felt as if my blind eyes had come back again.

つい今の瞬間までは栄光に輝いていた司教の姿はたちまちに消え去って、黄金の燭台に燃えていた蝋燭はあかつきの星のように薄らいで、一面の暗闇がお堂の内に拡がったように思われました。

The image of the bishop who was glorious until the very moment disappears quickly, and the candle burning on the golden candlestick fades like a star of akatsuki, and the darkness of one side spreads in the hall. I thought.

かの愛らしい女はその暗闇を背景にして、天使の出現のようにきわだって浮き出していたのです。

With her dark background, some adorable girls were outlifting like the appearance of an angel.

彼女は輝いていました。

She was shining.

実際、輝いて見えるというだけでなく、光りを放っていました。

In fact, it did not only seem to shine, it was also shining.