文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:05 クラリモンド:ゴーチェ テオフィル:岡本 綺堂(358-393)/701

突然に烈しい旋風が窓のあたりに起こって、室のなかへ吹き込んで来ました。

Suddenly a fierce whirlwind occurred around the window and blew into the room.

 白薔薇に残っていた、ただ一枚の葉はちっとの間、枝のさきで蝶のようにふるえていましたが、やがてその葉は枝から離れて、クラリモンドの霊を乗せて、窓から飛んで行ってしまいました。

Only a single leaf remained in the birch, like a butterfly for a long time, before it was a branch, but eventually the leaf was detached from the branch, carrying the spirit of Clarimond and flying from the window I went there.

ランプの灯は消えました。

The lamp light has gone out.

私はおぼえず死骸の胸の上に俯伏しました。

I bowed on the chest of my dead body.

       四

Four

 わたしがわれに返った時、わたしは司祭館の小さな部屋のなかに寝ていました。

When I returned to Me, I slept in the little room of the priest's house.

前の司祭の時から飼ってあるかの犬が、掛け蒲団の外に垂れているわたしの手をなめていました。

A dog kept from the time of the previous priest was licking my hand hanging outside the hanging bribe.

あとになって知ったのですが、わたしはそのままで三日も寝つづけていたので、その間に少しの呼吸もせず、生きている様子はちっともなかったそうです。

As I knew later, I kept sleeping for three days as it was, so I didn't breathe a little while in the meantime, and I didn't seem to be alive.

老婆のバルバラの話によると、わたしが司祭館を出発した晩にたずねて来たかの銅色の男が、翌あさ無言でわたしを担いで来て、すぐに帰って行ったということです。

According to the old woman's story, a bronze man, who asked me the night I left the priest's house, carried me silently next morning and came home soon.

しかし私がクラリモンドを再び見たかの城のことについて、この近所では誰もその話を知っている者はありませんでした。

But no one in this neighborhood knew the story about the castle where I saw Clarimond again.

 ある朝、セラピオン師はわたしの部屋へたずねて来ました。

One morning, the teacher came to my room.

彼はわたしの健康のことを偽善的な優しい声で訊きながら、しきりに獅子のような大きい黄いろい眼を据えて、測量鉛のように私のこころのうちへ探りを入れていましたが、突然に澄んだはっきりした声で話しました。

He was crying over my health with a hypocritical kindly voice, and with a large yellowish eye like a ladder in a persevering manner, and like a survey lead, searching into my mind, but suddenly I spoke in a clear and clear voice.

それはわたしの耳には最後の審判の日の喇叭のようにひびいたのです。

It was cracked in my ear like a coffin on the day of the Last Judgment.

「かの有名な娼婦のクラリモンドが、二、三日前に八日八夜もつづいた酒宴の果てに死にました。

"Klarimondo, one of the famous widows, died at the end of a supper that lasted eight days and eight nights a few days ago.

それは魔界ともいうべき大饗宴で、バルタザールやクレオパトラの饗宴をそのままの乱行が再びそこに繰り返されたのです。

It was a great feast that should be called the devil world, and the feast of Balthazar and Cleopatra was repeated there again with the same fray.

ああ、われわれはなんという時世に生まれ合わせたのでしょう。

Oh, what time did we come to life?

言葉は何を言っているのか分からないような黒ん坊の奴隷が客の給仕をしましたが、どうしても私にはこの世の悪魔としか見えませんでした。

A black-headed slave, whose words did not know what it was saying, served the guests, but I just saw it as a demon of this world.

そのうちのある人びとの着ている晴れ衣などは、帝王の晴れ衣にも間に合いそうな立派なものでした。

The fine clothes worn by some of them were impressive, likely to be in time for the fine clothes of the emperor.

かのクラリモンドについては、いろいろの不思議な話が伝えられていますが、その愛人はみな怖ろしい悲惨な終わりを遂げているようです。

Various strange stories have been told about karimondo, but it seems that all the mistresses have had a frightening and disastrous end.

世間ではあの女のことを発塚鬼だとか、女の吸血鬼だとか言っているようですが、わたしはやはり悪魔であると思っています」

People in the world seem to say that that woman is a pokemon or a woman's vampire, but I still think that I am a devil. "

 セラピオン師はここで話をやめて、その話が私にどういう効果をあたえたかということを、以前よりもいっそう深く注意し始めました。

He stopped talking here and began to pay more attention to what effect the talk had on me than before.

わたしはクラリモンドの名を聞いて、驚かずにはいられませんでした。

I could not but be surprised to hear the name of Clarimond.

それは彼女が死んだという知らせの上に、さらに私を苦しめたのは、その事件がさきの夜に私が見た光景と寸分たがわない偶然の暗合であります。

It was on the news that she had died and tormented me further, by the incident I saw in the night before and the casual dark link between me and the incident.

わたしはその煩悶や恐怖を出来るだけ平気に粧おうとしましたが、どうしても顔には現われずにはいませんでした。

I tried to put up the annoyance and fear as calmly as I could, but I just couldn't help appearing on my face.

セラピオン師は不安らしい嶮しい眼をして私を見つめていましたが、また、こう言いました。

She was staring at me with a sad and sad eye, but said again:

「わたしはあなたに警告しますが、あなたは今や奈落のふちに足をのせて立っているのです。

"I warn you, but you are now standing on the edge of the abyss.

悪魔の爪は長い。

The devil's nails are long.

そうして、かれらの墓はほんとうの墓ではない場合があります。

And so, their tomb may not be a real tomb.

クラリモンドの墓石は三重にも蓋をしておかなければなりません。

Clarimond's tombstones should be capped in triplicate.

なぜというに、もし世間の話が本当であるとすれば、彼女が死んだのは今度が初めてでないのです。

Why, if the story of the world is true, this is not the first time she has died.

ロミュオー君、どうかあなたの上に神様のお守りがあるように祈ります」

Lomuau, please pray for God's talisman on you. "

 こう言って、セラピオン師は静かに戸口の方へ出て行きました。

Saying that, Serapion went out quietly towards the door.

間もなく彼はSの町へ帰りましたが、わたしはそれを見送りもしませんでした。

Soon he returned to the town of S, but I did not see it off either.

 わたしはそののち健康を回復して、型のごとくに職務を始めました。

After that I recovered my health and started to work as a type.

クラリモンドの記憶と、セラピオン師の言葉とは絶えず私の心に残っていたのですが、セラピオン師の言った不吉な予言が真実として現われるような、特別の事件も別に知らなかったのでした。

Clarimondo's memory and the words of Dr. Serapion remained in my mind constantly, but I didn't even know the special case where the sinister prophecy that Dr. Serrapion said would appear as the truth.

そこでわたしは、セラピオン師やわたしの恐怖にはやはり誇張があったのだと思うようになりました。

So I came to think that there was exaggeration in the teacher and my fear.