文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:06 信号手:ディケンズ チャールズ:岡本 綺堂(171-223)/361

 彼はそれに逆らわなかった。

He did not go against it.

二人はしばらく耳をかたむけていると、風と電線との音が実際怪しくきこえるのであった。

When they were listening for a while, the sound of the wind and the electric wire actually sounded weird.

彼も幾年のあいだ、ここに長い冬の夜を過ごして、ただひとりで寂しくそれを聴いていたのである。

He had spent a long winter night here for years and was just listening to it alone alone.

しかも彼は、自分の話はまだそれだけではないと言った。

And he said that his story is more than that.

 わたしは中途で口をいれたのを謝して、更にそのあとを聴こうとすると、彼は私の腕に手をかけながら、またしずかに話し出した。

I apologized for halfway through and after that I tried to listen to him, and while speaking to my arms, he spoke out quietly.

「その影があらわれてから六時間ののちに、この線路の上に怖ろしい事件が起こったのです。

"Six hours after the shadows appeared, a frightening incident happened on this track.

そうして十時間ののちには、死人と重症者がトンネルの中から運ばれて、ちょうどその影のあらわれた場所へ来たのです」

Then, after ten hours, the dead and the sick were taken out of the tunnel and just came to the place where the shadow appeared. "

 わたしは不気味な戦慄を感じたが、つとめてそれを押しこらえた。

I felt a creepy battle, but I managed to hold it.

この出来事はさすがに※であるとはいえない。

It can not be said that this event is indeed *.

まったく驚くべき暗合で、彼のこころに強い印象を残したのも無理はない。

It is not surprising that he left a strong impression on his mind in a totally surprising dark situation.

しかも、かくのごとき驚くべき暗合がつづいて起こるというのは、必ずしも疑うべきことではなく、こういう場合も往々にあり得るということを勘定のうちに入れておかなければならない。

Moreover, it should not be doubted that such an amazing dark mix will continue to occur, and it should be taken into account that this is often the case.

もちろん、世間多数の常識論者は、とかく人生の上に生ずる暗合を信じないものではあるが――

Of course, many common-senseists in the world do not believe in the darkness that occurs in their lives.

 彼の話は、まだそれだけではないというのである。

It is said that his story is not the only one yet.

私はその談話をさまたげたことを再び詫びた。

I apologized again for making up the discourse.

「これは一年前のことですが……」と、彼は私の腕に手をかけて、うつろな眼で自分の肩を見おろしながら言った。

"This is a year ago," he said, putting his hand on my arm and looking down at his shoulder with an empty eye.

「それから六、七カ月を過ぎて、私はもう以前の驚きや怖ろしさを忘れた時分でした。

"Taking six or seven months since then, I had forgotten about my previous surprises and fears.

ある朝……夜の明けかかるころに、わたしがドアの口に立って、赤い灯の方をなに心なく眺めると、またあの怪しい物が見えたのです」

One morning ... When it was late for the night, when I stood at the mouth of the door and looked at the red light without mind, I saw that strange thing again. "

 ここまで話すと、彼は句を切って、私をじっと見つめた。

Speaking to this point, he broke a phrase and stared at me.

「それがなんとか呼びましたか」

"Have you called it somehow?"

「いえ、黙っていました」

"No, I was silent."

「手を振りませんでしたか」

"Did you shake your hand?"

「振りません。

"I do not shake.

燈火の柱に倚りかかって、こんなふうに両手を顔に当てているのです」

I hit the pillar of a bonfire and put my hands on my face like this. "

 わたしは重ねて彼の仕科を見たが、それは私がかつて墓場で見た石像の姿をそのままであった。

I again saw his work, which was the same as the stone statue I had once seen in the graveyard.

「そこへ行って見ましたか」

"Did you go there and saw"

「いえ、私は内へはいって、腰をおろして、自分の気を落ちつけようと思いました。

"No, I went inside, sat down and wanted to calm my mind.

それがために私はいくらか弱ってしまったからです。

That's because I got somewhat weak.

それから再び外へ出てみると、もう日光が映していて、幽霊はどこへか消え失せてしまいました」

Then, when I went out again, the sunlight was already reflected, and the ghost disappeared somewhere. "

「それから何事も起こりませんでしたか」

"Did nothing happen then?"

 彼は指のさきで私の腕を二、三度押した。

He pushed my arm a couple of times with his finger.

その都度に、彼は怖ろしそうにうなずいたのである。

In each case, he nodded in fear.

「その日に、列車がトンネルから出て来たとき、私の立っている側の列車の窓で、人の頭や手がごっちゃに出て、何かしきりに、振っているように見えたので、わたしは早速に機関手にむかって、停止の信号をしました。

"On that day, when the train came out of the tunnel, in the window of the train on the side of me standing, the head and hands of the person came out and it seemed like something was waving, I immediately turned to the engine and gave a stop signal.

機関手は運転を停めてブレーキをかけました。

The engineman stopped driving and applied the brakes.

列車は五百ヤードほども行き過ぎたのです。

The train went over 500 yards.

私がすぐに駈けてゆくと、そのあいだに怖ろしい叫び声を聞きました。

As I made a break, I heard a scary cry in the meantime.

美しい若い女が列車の貸切室のなかで突然に死んだのです。

A beautiful young woman died suddenly in a train room.

その女はこの小屋へ運び込まれて、ちょうどあなたと私とが向かい合っている、ここの処へ寝かしました」

The girl was brought into the hut and went to sleep here, just where you and me are facing each other. "

 彼がそう言って指さした場所を見おろしたとき、わたしは思わず自分の椅子をうしろへ押しやった。

When I looked down where he said so, I pushed my chair backwards involuntarily.

「ほんとうです。

"It's true.

まったくです。

It is totally.

私が今お話をした通りです」

As I told you now. "

 私はなんとも言えなくなった。

I couldn't say anything.

私の口は乾き切ってしまった。

My mouth has dried up.

外ではこの物語に誘われて、風や電線が長い悲しい唸り声を立てていた。

Outside, she was invited by this story, and the wind and the electric wire made a long, sad voice.

「まあ、聴いてください」と、彼はつづけた。

"Well, listen," he continued.

「そうして、私がどんなに困っているか、お察しください。

"Tell then and see how I am in trouble.

その幽霊が一週間前にまた出て来ました。

The ghost came out a week ago.

それからつづいて、気まぐれのように時どきに現われるのです」

Then it continues and appears like a whim.

「あの灯のところに……?」

"To that light ...?"

「あの危険信号燈のところにです」

"To the point of that danger sign"

「どうしているように見えますか」

"What does it look like?"

 彼は激しい恐怖と戦慄を増したような風情で「どうか退いてくれ!」と言うらしい仕科をして見せた。

He showed off with a strong fear and a feeling of increased horror, saying, "Please withdraw!"

そうして、さらに話しつづけた。

So I continued to talk more.