文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:08 ラッパチーニの娘:ホーソーン ナサニエル:岡本 綺堂(200-233)/761

彼女は青年の美しい頭――イタリー式よりはむしろギリシャ型で、美しく整った容貌と、かがやく金髪の捲毛とを持っていた――その頭が中空にさまよっていた、かの虫のように彼女を一心に見詰めているのを知った。

She had a beautiful head of a young man--a Greek-style rather than an Italian-style, with a beautifully arranged fortune and a slick blonde eyebrow--like a worm that wandered its head hollow. I knew I was staring at her.

ジョヴァンニは今まで手に持っていた花束をほとんど無意識に投げおろした。

Giovanni almost silently threw down the bouquet he had in hand until now.

「お嬢さん」と、彼は言った。

"Daughter," he said.

「ここに清い健全な花があります。

"There are clean and healthy flowers here.

どうぞジョヴァンニ・グァスコンティのために、その花をおつけ下さい」

Please put that flower for Giovanni Guasconti. "

「ありがとうございます」と、あたかも一種の音楽のあふれ出るような豊かな声をして、半分は子供らしく、半分は女らしい、嬉しそうな表情でベアトリーチェは答えた。

"Thank you," said Beatrice, with a rich voice like a kind of music overflowing, half as childish and half as feminine, with a happy look.

「あなたの贈り物を頂戴いたします。

"I will receive your gift.

そのお礼に、この美しい紫の花を差し上げたいのですが、わたしが投げてもあなたのところまでは届きません。

I would like to give you this beautiful purple flower to thank you, but I will not reach you even if I throw it.

グァスコンティさま、お礼を申し上げるだけで、どうぞおゆるし下さい」

Mr. Guasconti, thank you, please forgive me. "

 彼女は地上から花束を取り上げた。

She picked up a bouquet from the ground.

未知の人の挨拶にこたえるなど、娘らしい慎しみを忘れたのを内心恥ずるかのように、彼女は庭を過ぎて足早に家の中へはいってしまった。

She rushed past the yard and into the house as if she was a shame that she forgot her sincerity, such as responding to the greetings of an unknown person.

それはわずかに数秒間のことであったが、彼女の姿が入り口の下に見えなくなろうとしている時、かの美しい花束がすでに彼女の手のうちで凋れかかっているように見えた。

It was only a few seconds, but when her figure was about to disappear under the entrance, it seemed that a beautiful bouquet of flowers had already fallen in her hand.

しかし、それは愚かな想像で、それほど離れたところにあって、新鮮な花の凋んでゆくことなどがどうして認められるであろう。

However, it is a foolish imagination, so far away from it, it will be recognized how the fresh flowers go and so on.

 このことがあってのち、しばらくの間、青年はラッパチーニの庭園に面している窓口に行くことを避けた。

After this, for a while, the young man avoided going to the window facing the garden of Rappacini.

もしその庭を見たらば、何かいやな醜怪な事件が、かさねて彼の眼に映るであろうと思ったようであった。

If he looked at the garden, he thought that he would have thought that something a nasty affair would appear in his eyes.

彼はベアトリーチェと知り合いになったがために、何か解し難いようなある力の影響をうけていることを、自分ながら幾分か気がついた。

He realized that he was acquainted with Beatrice, although he was somewhat influenced by a power that was hard to understand.

もし彼の心に本当の危険を感じているならば、最も賢明なる策はこのパドゥアを一度離れることであろう。

If he feels a real danger in his mind, the most sensible thing would be to leave this Padua once.

第二の良策は、日中に見たところのベアトリーチェの親しげな様子に出来るだけ慣れてしまって、彼女をきわめて普通の女性と思うようになることであろう。

The second good thing would be to get used to her familiarity with Beatrice as I saw it during the day, and to think of her as a very ordinary woman.

殊に彼女を避けているあいだ、ジョヴァンニはこの異常なる女性に断然接近してはならない。

Giovanni must never approach this unusual woman, especially while avoiding her.

彼女と親しい交際が出来そうにでもなったらば、絶えず想像をたくましゅうしている彼の気まぐれが、いつか真実性を帯びて来る虞れがあるからである。

If close relationship with her can be made, it is because there is a possibility that his whim of imagining constantly may come true someday.

 ジョヴァンニは、深い心を持たずして――今それを測ってみたのではないが――敏速な想像力と、南部地方の熱烈な気性とを持っていた。

Giovanni had a deep heart-not just measured it now-but had a quick imagination and the heat of the southern region.

この性質はいつでも熱病のごとくに昂まるのである。

This property always becomes like a fever.

ベアトリーチェが恐るべき特質――彼が目撃したところによれば、その恐ろしい呼吸とか、美しい有毒の花に似ているとかいうこと――それらの特質を持っていると否とにかかわらず、彼女はすくなくとも、非常に猛烈な不可解の毒薬をそのからだのうちに沁み込ませてしまったのである。

Beatrice's formidable traits-according to his sightings-that it resembles its terrifying breath or a beautiful poisonous flower-she has at least one with or without those traits The very fierce, incomprehensible poison medicine has been swallowed into its body.

彼女の濃艶は彼の心を狂わせるが、それは愛ではない。

Her dark and shiny make him crazy, but it is not love.

彼はまた、彼女の肉体にみなぎるように見えるごとく、彼女の精神にも同じ有毒の原素が沁み込んでいると想像しているが、それは恐怖でもない。

He also imagines that the same toxic element engulfs her spirit as it appears to her body, but it is not a fear.

それは愛と恐怖との二つが生んだもので、しかもその二つの性質をそなえているものである。

It is a product of two things, love and fear, and also possess those two properties.

すなわち愛のごとくに燃え、恐怖のごとくに顫えるところのものである。

In other words, it burns like love, and comes as fear.

 ジョヴァンニは何を恐るべきかを知らず、また、それにも増して何を望むべきかをも知らなかった。

Giovanni did not know what to fear, nor did he even know what to desire.

しかも希望と恐怖とは絶えずその胸のうちで争っていた。

Moreover, hope and fear constantly fought in the chest.

交るがわるに、他の感情を征服するかと思えば、また起って戦いを新たにするのである。

If you decide to conquer other emotions, you will come up again and renew the battle.

暗いと明かるいとを問わず、いずれにしても単純なる感情は幸福である。

Simple emotions, either dark or light, are happy.

赫かくたる地獄の火焔をふくものは、二つの感情の物凄いもつれである。

The flames of the haunting hell are the envy of two emotions.

 時どきに彼はパドゥアの街や郊外をむやみに歩き廻って、熱病のような精神を鎮めようと努めた。

From time to time he wandered the streets and suburbs of Padua in an effort to calm the feverish spirit.

その歩みは頭の動悸と歩調を合わせたので、さながら競争でもしているように、だんだんに速くなっていくのであった。

As the pace kept pace with the head movement, it was getting faster as it was in the competition.