文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(60-87)/524

奇蹟ですら自然の常軌を変えることは出来ないと、著名な神学者連も保証しているのであるから、僕も彼が顔色を真っ蒼にしたのではないというのにあえて躊躇しないが、しかしその表情から見て、彼が危うく涙を流しそうにしたのか、噴嚔をしそこなったのか、それとも僕の旅行鞄を取り落とそうとしたのか、なにしろはっとしたことだけは事実であった。

Even a miracle can't change the natural trajectory, as the famous theologian guarantees, I don't hesitate to say that he didn't look straight, but From that look, it was only true that he was about to shed tears, whether he failed to squirt, or to remove my travel bag.

その旅行鞄には、僕の古い友達のスニッギンソン・バン・ピッキンスから餞別にもらった上等のシェリー酒が二壜はいっていたので、僕もいささか冷やりとしたが、給仕は涙も流さず、くさめもせず、旅行鞄を取り落とさなかった。

On that trip, I had some cool sherry from my old friend Snippinson Van Pickins, so I was a little cool, but the waiter didn't shed tears. I didn't get rid of it, and I didn't remove my travel bag.

「では、ど……」と、こう低い声で言って、彼は僕を案内して、地獄(船の下部)へ導いて行った時、この給仕は少し酔っているなと心のなかで思ったが、僕は別になんにも言わずに、その後からついていった。

“Now…” said in such a low voice, he guided me and led me to hell (the bottom of the ship). I thought, but I didn't say anything and followed me.

 百五号の寝台は左舷のずっとあとのほうにあったが、この寝台については別に取り立てて言うほどのこともなかった。

The bed of No. 100 was long after the port, but there was nothing to say about this bed separately.

カムチャツカ号の上部にある寝台の大部分は皆そうであったが、この下の寝台も二段になっていた。

The majority of the bed at the top of the Kamchatka was the same, but the bed below this was also in two steps.

寝台はたっぷりしていて、北アメリカインディアンの心に奢侈の念を起こさせるようなありきたりの洗面装置があり、歯ブラシよりも大型の雨傘が楽らく掛かりそうな、役にも立たない褐色の木の棚が吊ってあった。

An unhelpful brown tree with plenty of couches, a regular wash-basin that reminds the hearts of North American Indians, and a larger umbrella than a toothbrush. The shelf was hanging.

余分な掛け蒲団の上には、近代の大諧謔家が冷蕎麦菓子と比較したがるような毛布が一緒に畳んであった。

A blanket that the modern Daegu family would like to compare with cold buckwheat confectionery was folded together over the extra hanging basket.

但し、手拭掛けがないのには全く閉口した。

However, it was completely closed when there was no hand towel.

ガラス壜には透明な水がいっぱいにはいっていたが、やや褐色を帯びていて、そんなに不快なほどに臭くはないが、ややもすれば船よいを感じさせる機械の油の匂いを連想させるような微かな臭味が鼻を打った。

The glass bottle was filled with clear water, but it was a little brownish and not so unpleasantly smelling, but it might be slightly reminiscent of the smell of machine oil that makes the ship feel better The smell struck my nose.

僕の寝台には、陰気なカーテンが半分しまっていて、靄でいぶしをかけられたような七月の日光は、そのわびしい小さな部屋へ淡い光りを投げかけていた。

My sleeper had half of a dismal curtain, and the Nikko in July, which seemed to have been smoldered with a broom, cast a faint light into the dwarf little room.

実際その寝台はどうも虫が好かなかった。

In fact, the bed didn't like insects.

 給仕は僕の手提げ鞄を下に置くと、いかにも逃げ出したいような顔をして、僕を見た。

When the waiter put my handbag down, he looked at me with a face that wanted to run away.

おそらくほかの乗客たちのところへ行って、祝儀にありつこうというのであろう。

Probably going to other passengers and going on a celebration.

そこで、僕もこうした職務の人たちを手なずけておくほうが便利であると思って、すぐさま彼に小銭をやった。

So I thought it would be more convenient to work with people who had these duties, so I immediately gave him a change.

「どうぞ行き届きませんところは、ご遠慮なくおっしゃってください」と、彼はその小銭をポケットに入れながら言った。

"Please don't hesitate if you can't reach it," he said, with the change in his pocket.

 しかもその声のうちには、僕をびっくりさせるような可怪な響きがあった。

Moreover, there was a mysterious sound in my voice that surprised me.

たぶん僕がやった祝儀が足りなかったので、不満足であったのであろうが、僕としては、はっきりと心の不平をあらわしてもらったほうが、黙っていられるよりも優しだと思った。

Maybe I was dissatisfied because there weren't enough celebrations, but for me, I thought it would be nicer to have a clear complaint of my heart than to be silent.

但し、それが祝儀の不平でないことが後にわかったので、僕は彼を見損なったわけであった。

However, I later missed him because I later found out that it was not a celebration complaint.

 その日一日は別に変わったこともなかった。

The day has never changed.

カムチャツカ号は定刻に出帆した。

The Kamchatka was launched on time.

海路は静穏、天気は蒸し暑かったが、船が動いていたので爽かな風がそよそよと吹いていた。

The sea was calm and the weather was muggy, but the ship was moving, so a refreshing wind was blowing.

すべての乗客は船に乗り込んだ第一日がいかに楽しいものであるかを知っているので、甲板を徐かに歩いたり、お互いにじろじろ見かわしたり、または同船していることを知らずにいた知人に偶然出逢ったりしていた。

All passengers know how enjoyable the first day of boarding the boat is, so an acquaintance who did not know that they were walking slowly on the deck, staring at each other, or being on the ship I met by chance.

 最初の二回ほど食堂へ出てみないうちは、この船の食事が良いか悪いか、あるいは普通か、見当がつかない。

”Before you go to the cafeteria about the first two times, you can't figure out whether this ship's meal is good, bad, or normal.

船が|炎の嶋を出ないうちは、天候もまだわからない。

As long as the ship does not leave the flame island, the weather is still unknown.

最初は食卓もいっぱいであったが、そのうちに人が減ってきた。

At first, the table was full, but over time people were decreasing.

蒼い顔をした人たちが自分の席から飛び立って、あわただしく入り口の方へ出て行ってしまうので、船に馴れた連中はすっかりいい心持ちになって、うんと腹帯をゆるめて献立表を初めからしまいまで平らげるのである。

People with ugly faces flew away from their seats and quickly went out to the entrance, so the people who were familiar with the ship had a good heart, undone the belly band and untied the menu table from the beginning Flatten up to.

 大西洋を一度や二度航海するのとは違って、われわれのように度かさなると、航海などは別に珍らしくないことになる。

違 っ Unlike sailing once or twice in the Atlantic, sailing and so on is not uncommon when it comes to being like us.

鯨や氷山は常に興味の対象物であるが、しょせん鯨は鯨であり、たまに目と鼻のさきへ、氷山を見るというまでのことである。

Whales and icebergs are always objects of interest, but whales are whales, and sometimes they see icebergs in front of their eyes and nose.