文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(88-118)/524

ただ大洋の汽船で航海しているあいだに一番楽しい瞬間といえば、まず甲板を運動した挙げ句に最後のひと廻りをしている時と、最後の一服をくゆらしている時と、それから適度にからだを疲れさせて、子供のような澄んだ心持ちで自由に自分の部屋へはいるときの感じである。

However, while sailing on an ocean steamer, the most enjoyable moments are when you're making the last round of excitement that you have exercised the deck, when you shake the last dress, and then moderately It feels like you're tired of your body and feel free to enter your room with a clear mind like a child.

 船に乗った最初の晩、僕は特に懶かったので、ふだんよりは、ずっと早く寝ようと思って、百五号室へはいると、自分のほかにも一人の旅客があるらしいので、少しく意外に思った。

The first night I got on the ship, I was particularly ugly, so I thought I would sleep much earlier than usual, and when I entered Room No.5, there seems to be a passenger in addition to myself, I was surprised.

僕が置いたのとは反対側の隅に、僕のと全く同じ旅行鞄が置いてあって、上段の寝台――上床――にはステッキや蝙蝠傘と一緒に、毛布がきちんと畳んであった。

In the corner opposite to where I put it, there was exactly the same travel bag as me, and the blanket was folded properly on the upper bed-the upper floor-along with a walking stick and umbrella. .

僕はたった一人でいたかったのでいささか失望したが、いったい僕の同室の人間は何者だろうという好奇心から、彼がはいって来たらその顔を見てやろうと待っていた。

I was a little disappointed because I wanted to be alone, but from the curiosity of who I was in my room, I waited to see his face when he entered.

 僕が寝床へもぐり込んでから、ややしばらくしてその男ははいって来た。

A little while after I went down to the bed, the man came in.

彼は、僕の見ることのできた範囲では、非常に背丈の高い、恐ろしく痩せた、そうしてひどく蒼い顔をした男で、茶色の髪や頬ひげを生やして、灰色の眼はどんよりと曇っていた。

He is, to the extent I can see, a very tall, terribly skinny man with a terrible ugly face, with brown hair and cheeks, and gray eyes cloudy. It was.

僕は、どうも怪しい風体の人間だなと思った。

I thought it was a suspicious person.

諸君は、ウォール・ストリートあたりを、別に何をしているということもなしにぶらぶらしている種類の人間をきっと見たに相違ない。

You must have seen the kind of people hanging around Wall Street, without having to do anything else.

またはキャフェ・アングレへしばしば現われて、たった一人でシャンパンを飲んでいたり、それから競技場などで別に見物するでもなしにぶらぶらしているような男――彼はそうした種類の人間であった。

Or a man who often appeared at Caffe Anglet, drinking champagne alone and then hanging out without looking at it separately at the stadium-he was such a person.

彼はややおしゃれで、しかもどことなく風変わりなところがあった。

He was somewhat fashionable and somehow quirky.

こういったふうの人間は大抵どの航路の汽船にも二、三人はいるものである。

These people are usually a couple of people on the steamer on every route.

 そこで、僕は彼と近づきになりたくないものだと思ったので、彼と顔を合わさないようにするために、彼の日常の習慣を研究しておこうと考えながら眠ってしまった。

So, I thought that I didn't want to get close to him, so I slept while thinking about studying his daily habits so as not to face him.

その以来、もし彼が早く起きれば、僕は彼よりも遅く起き、もし彼がいつまでも寝なければ、僕は彼よりもさきに寝床へもぐり込んでしまうようにしていた。

Since then, if he got up early, I got up later than him, and if he wouldn't sleep forever, I would go to bed before him.

むろん、僕は彼がいかなる人物であるかを知ろうとはしなかった。

Of course, I didn't know what he was.

もし一度こういう種類の男の素姓を知ったが最後、その男は絶えずわれわれの頭のなかへ現われてくるものである。

Once we know the family name of this kind of man, the man is the one who constantly appears in our heads.

しかし百五号室における第一夜以来、二度とその気の毒な男の顔を見なかったので、僕は彼について面倒な穿索をせずに済んだ。

But since the first night in Room No.5, I have never seen the face of that sorry man, so I didn't have to bother with him.

 鼾をかいて眠っていた僕は、突然に大きい物音で目をさまされた。

僕 I was sleeping with a spear and suddenly shook my eyes with a loud noise.

その物音を調べようとして、同室の男は僕の頭の上の寝台から一足飛びに飛び降りた。

A man in the same room jumped off a bed on my head to find the sound.

僕は彼が不器用な手つきで扉の掛け金や貫木をさぐっているなと思っているうちに、たちまちその扉がばたりとひらくと、廊下を全速力で走ってゆく彼の跫音がきこえた。

I thought he was crushing the door latches and lumbers with clumsy hands, but as soon as the doors fluttered, I heard his roar running through the hallway at full speed.

扉は開いたままになっていた。

The door remained open.

船はすこし揺れてきたので、僕は彼がつまずいて倒れる音がきこえてくるだろうと耳を澄ましていたが、彼は一生懸命に走りつづけてでもいるように、どこへか走っていってしまった。

The ship was swaying a little, so I heard that he would hear the sound of stumbling and falling, but he was running somewhere as he was still running hard. It was.

船がゆれるごとに、ばたんばたんと扉が煽られるのが、気になってたまらなかった。

Every time the ship sways, I was worried that the door would be beaten.

僕は寝台から出て、扉をしめて、闇のなかを手さぐりで寝台へかえると、再び熟睡してしまって、何時間寝ていたのか自分にも分からなかった。

When I got out of the bed, closed the door, and handed over the darkness to the bed, I fell asleep again and I didn't know how many hours I slept.

       二

Two

 眼をさました時は、まだ真っ暗であった。

When I looked, it was still dark.

僕は変に不愉快な悪寒がしたので、これは空気がしめっているせいであろうと思った。

I had a strange and unpleasant chill, so I thought this was probably due to the air.

諸君は海水で湿ている船室の一種特別な臭いを知っているであろう。

You will know a special smell of the cabin wet with seawater.

僕は出来るだけ蒲団をかけて、あすあの男に大苦情を言ってやる時のうまい言葉をあれやこれやと考えながら、また、うとうとと眠ってしまった。

I put a group as much as possible and thought that good words when I made a great complaint to that man, and finally fell asleep again.

そのうちに、僕の頭の上の寝台で同室の男が寝返りを打っている音がきこえた。

Over time, I heard the sound of a man in the same room turning over on the bed on my head.

たぶん彼は僕が眠っている間に帰って来たのであろう。

Maybe he came back while I was sleeping.

やがて彼がむむうとひと声うなったような気がしたので、さては船暈だなと僕は思った。

Eventually, I felt like he was groaning, so I thought it was a ship.