文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(171-206)/524

 船医は静かに言った。

”The craftsman said quietly.

「まあ、お聴きなさい。

"Well, listen.

私はもうこの船の評判なぞはかまっていられません。

I can't wait for the ship's reputation.

これから私のすることをあなたにお話し申しておきましょう。

Let me tell you what I will do.

あなたはどういうおかたか、ちっとも知りませんが、私は相当に広い部屋をここの上に持っておりますから、あなたは私と一緒にそこで寝起きをなさい」

I don't know what you mean, but I have a fairly large room on this, so you wake up with me there. ''

 こうした彼の申しいでには、僕も少なからず驚かされた。

“I was surprised by his request.

どうして船医が急に僕のからだのことを思ってくれるようになったのか、なにぶん想像がつかなかった。

I couldn't imagine why the surgeon suddenly thought about my body.

なんにしても、この船について彼が話した時の態度はどうも変であった。

Anyway, the attitude when he talked about this ship was strange.

「いろいろとご親切にありがとうございますが、もう船室も空気を入れ替えて、湿気も何もなくなってくると思います。

“Thank you very much for your kindness, but I think that the cabin has already changed the air and the humidity is gone.

しかしあなた、なぜこの船のことなんかかまわないと言われるのですか」と、私は訊いた。

But why are you told that this ship is irrelevant? ”I asked.

「むろん、私たちは医者という職業の上からいっても、迷信家でないことは、あなたもご承知くださるでしょう。

“Of course, you will know that we are not superstitions even if we are in the profession of doctors.

が、海というものは人間を迷信家にしてしまうものです。

But the ocean is what makes humans a superstition.

私はあなたにまで迷信をいだかせたくはありませんし、また恐怖心を起こさせたくもありませんが、もしもあなたが私の忠告をおいれくださるなら、とにかく私の部屋へおいでなさい」

I don't want to give you superstition or terror, but if you can give me my advice, just go to my room. ''

 船医はまた次のように言葉をつけ加えた。

The ship doctor also added the following words:

「あなたが、あの百五号船室でお寝みになっているということを聞いた以上、やがてあなたが海へ落ち込むのを見なければならないでしょうから……。

“Because you hear that you are sleeping in that No. 5 cabin, you will eventually have to see you fall into the sea….

もっとも、これはあなたばかりではありません」

But this is not just for you. ''

「それはどうも……。

“That ’s really ...

いったいどうしたわけですか」

What happened? "

 僕は訊き返すと、船医は沈みがちに答えた。

船 When I turned around, the craftsman answered that it would tend to sink.

「最近、三航海のあいだに、あの船室で寝た人たちはみんな海のなかへ落ち込んでしまったという事実があるのです」

“Recently, during the three voyages, there is a fact that all the people who slept in that cabin fell into the sea.”

 僕は告白するが、人間の知識というものほど恐ろしく不愉快なものはない。

I confess, but nothing is as frightening and unpleasant as human knowledge.

僕はこのなまじいな知識があったために、かれが僕をからかっているのかどうかを見きわめようと思って、じっとその顔を穴のあくほど見ていたが、船医はいかにも真面目な顔をしているので、僕は彼のその申しいでを心から感謝するとともに、自分はその特別な部屋に寝たものは誰でも海へおちるという因縁の、除外例の一人になってみるつもりであるということを船医に語ると、彼はあまり反対もしなかったが、その顔色は前よりも更に沈んでいた。

I had this intimate knowledge, so I was trying to find out if he was teasing me, and I was staring at the face, but the craftsman had a very serious face. So I thank him very much for his wishes, and I am going to be one of the exceptions because anyone who slept in that special room would fall to the sea. Talking to him, he didn't disagree very much, but the complexion was sinking more than before.

そうして、今度逢うまでにもう一度、彼の申しいでをよく考えたほうがよかろうということを、暗暗裡にほのめかして言った。

Then, by the time of the next time, he said once again that he should think about his wishes carefully.

 それからしばらくして、僕は船医と一緒に朝飯を食いにゆくと、食卓にはあまり船客が来ていなかったので、僕はわれわれと一緒に食事をしている一、二名の高級船員が妙に沈んだ顔をしているのに気づいた。

After a while, when I went to eat breakfast with the craftsman, there were not many seafarers at the table, so I was surprised to see one or two high-class sailors eating with us. I noticed that I had a sunken face.

朝飯が済んでから、僕は書物を取りに自分の部屋へゆくと、上の寝台のカーテンはまだすっかりしまっていて、なんの音もきこえない。

When I finished my breakfast, I went to my room to collect the books, and the curtains on the bed were still in place and I couldn't hear any sound.

同室の男はまだ寝ているらしかった。

The man in the room seemed to be still sleeping.

 僕は部屋を出たときに、僕をさがしている給仕に出逢った。

When I left the room, I met a waiter who was looking for me.

彼は船長が僕に逢いたいということをささやくと、まるである事件から遁れたがっているかのように、そそくさと廊下を駈けていってしまった。

When he whispered that the captain wanted to meet me, he had gone through the corridor as if he wanted to be drowned.

僕は船長室へゆくと、船長は待ち受けていた。

When I went to the captain's room, the captain was waiting.

「やあ、どうもご足労をおかけ申して済みませんでした。

“Hi, I ’m sorry to hear that you ’re sorry.

あなたにちとお願いいたしたいことがございますもので……」と、船長は口を切った。

There is something I want to ask you for ... "

 僕は自分に出来ることならば、なんなりとも遠慮なくおっしゃってくださいと答えた。

I replied that if you can do it, don't hesitate to say anything.

「実は、あなたの同室の船客が行くえ不明になってしまいました。

“Actually, passengers in your room have become unknown.

そのかたはゆうべ宵のうちに船室にはいられたことまでは分かっているのですが、あなたはそのかたの態度について、何か不審な点をお気づきになりませんでしたか」

That person knows that he was in the cabin in the evening, but did you notice anything suspicious about his attitude? ''

 たった三十分前に、船医が言った恐ろしい事件が実際問題となって僕の耳にはいった時、僕は思わずよろけそうになった。

Just thirty minutes ago, when the terrible incident that the craftsman said became a real problem and entered my ears, I almost seemed to be overwhelmed.

「あなたがおっしゃるのは、わたしと同室の男が海へ落ち込んだという意味ではないのですか」

"You don't mean that a man in the same room as me fell into the sea."