文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(207-238)/524

 僕は訊き返すと、船長は答えた。

’When I turned back, the captain replied.

「どうもそうらしいので、わたしも心配しておるのですが……」

“That ’s right, so I ’m worried…”

「実に不思議なこともあればあるものですな」

“There are some really strange things.”

「なぜですか」と、今度は船長が訊き返した。

“Why?” This time, the captain turned back.

「では、いよいよあの男で四人目ですな」

“Now, that's the man and the fourth.”

 こう言ってから、僕は船長の最初の質問の答えとして、船医から聞いたとは言わずに、百五号船室に関して聞いた通りの物語を明細に報告すると、船長は僕が何もかも知っているのにびっくりしているらしかった。

After saying this, as the answer to the captain's first question, I would not say that I heard it from the craftsman. I was surprised.

それから、僕はゆうべ起こった一部始終を彼にすっかり話して聞かせた。

Then I told him all the details that happened.

「あなたが今おっしゃった事と、今までの三人のうち二人の投身者と同じ船室にいた人がわたしに話された事と、ほとんど全く一致しています」と、船長は言った。

“You are almost exactly in line with what you have just told me that someone in the same cabin as two of the three throwers has spoken to me,” the captain said.

「前の投身者たちも寝床から跳り出すと、すぐに廊下を走っていきました。

“The former throwers jumped off the bed and immediately ran through the hallway.

三人のうち二人が海中に落ち込むのを見張りの水夫がみつけたので、私たちは船を停めて救助艇をおろしましたが、どうしても発見されませんでした。

A sailor who watched that two of the three fell into the sea, we stopped the boat and lowered the rescue boat, but it was never found.

もし、ほんとうに投身したとしても、ゆうべは誰もそれを見た者も聴いた者もなかったのです。

Even if I really did throw, nobody had seen or heard it.

あの船室を受け持ちの給仕は迷信の強い男だものですから、どうも何か悪いことが起こりそうな気がしたというので、けさあなたの同室の客をそっと見にゆくと、寝台は空になって、そこにはその人の着物が、いかにもそこへ残しておいたといった風に散らかっていたのです。

Because the man in charge of that cabin is a superstitious man, I felt that something bad was going to happen, so when I gently looked at the guests in the same room, the bed became empty, There was a mess of that person's kimono left there.

この船中であなたの同室の人を知っているのはあの給仕だけなので、彼は隈なく船中を捜しましたが、どうしてもその行くえが分からないのです。

Only that waiter knows the person in your room on this ship, so he sought the ship without hesitation, but he never knows where to go.

で、いかがでしょう、この出来事を他の船客たちに洩らさないようにお願いいたしたいのですが……。

How about not letting this event happen to other passengers ...

私はこの船に悪い名を付けさせたくないばかりでなく、この投身者の噂ほど船客の頭を脅迫すものはありませんからな。

I don't want to give the ship a bad name, but nothing threatens the passenger's head as much as the rumors of this thrower.

そうしてあなたには、高級船員の部屋のうちのどれか一つに移っていただきたいのですが……。

Then I would like you to move to one of the luxury sailor's rooms ...

むろん、わたしの部屋でも結構です。

Of course, my room is fine.

いかがです、これならばまんざら悪い条件ではないと思いますが……」

I don't think this is a bad condition ... "

「非常に結構です」と、僕も言った。

“It ’s very good,” I said.

「いかにも承知いたしました。

“I understand.

が、私はあの部屋が独占できるようになったのですから、むしろそこにじっとしていたいと思うのです。

However, because I was able to monopolize that room, I would rather stay there.

もし給仕があの不幸な男の荷物を出してしまってくれれば、わたしは喜んで今の部屋に残っています。

If the waiter takes out the unhappy man's baggage, I will gladly remain in my room.

もちろん、この事件については何事も洩らしませんし、また、自分はあの同室の男の二の舞はしないということを、あなたにお約束できるつもりでいます」

Of course, I won't let anything happen about this incident, and I'm going to promise you that I won't do the second dance of the man in the same room. ''

 船長は僕のこの向う見ずな考えを諫止しようと努めたが、僕は高級船員の居候を断わって、かの一室を独占することにした。

The captain tried to stop my unthinkable thoughts, but I refused to be a luxury sailor and decided to monopolize the room.

それは馬鹿げた事であったかどうかは知らないが、もしもその時に船長の忠告を容れたならば、僕は平平凡凡の航海をして、おそらくこうして諸君に話すような奇怪な経験は得られなかったであろう。

I don't know if it was ridiculous, but if I accepted the captain's advice at that time, I made a mediocre voyage and probably couldn't have a bizarre experience like speaking to you I will.

今まで百五号船室に寝た人間のあいだに起こった再三の投身事件の不快な一致点は船員らの頭に残っているだろうが、もうそんな一致点などは未来|永劫なくしてみせるぞと、僕は肚のなかで決心した。

The unpleasant coincidence of the repeated throwing incidents between the humans who have slept in the Vessel No. 5 to date will remain in the sailors' heads, but such coincidences will no longer exist in the future | I made up my mind in the cage.

 いずれにしても、その事件はまだ解決しなかった。

In any case, the incident has not been resolved yet.

僕は断乎として、今までのそんな怪談に心をみだされまいと決心しながら、船長とこの問題について、なおいろいろの議論を闘わした。

I decided that I wouldn't be amazed by the ghost stories I had so far, but I still fought various discussions about this issue with the captain.

僕は、どうもあの部屋には何か悪いことがあるらしいと言った。

I said that there seems to be something bad in that room.

その証拠には、ゆうべは窓があけ放しになっていた。

The proof that Yube had opened the window.

僕の同室の男は乗船して来たときから病人じみてはいたけれども、彼が寝床へはいってからは更に気違いのようになっていた。

The man in my room had been sick since he boarded the ship, but became more mad after he entered the bed.

とは言うものの、あの男は船中のどこかに隠れていて、いまに発見されるかもしれないが、とにかく、あの部屋の空気を入れ替えて、窓を注意してしっかりしめておく必要があるから、もしも私にもう御用がなければ、部屋の通風や窓の締りがちゃんと出来ているかどうかを見とどけて来たいと、僕は船長に言った。

That said, the man is hiding somewhere in the ship and may be discovered right now, but anyway, it's necessary to change the air in that room and keep the windows careful and firm. I told the captain that if I didn't have any more work, I wanted to see if the room was well ventilated and the windows were tight.