文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(239-281)/524

「むろん、あなたがそうしたいとお思いなら、現在の所におとどまりなさるのはあなたの権利ですけれども……。

“Of course, if you want to do that, it is your right to stay in the current place….

私としては、あなたにあの部屋を出ていただいて、すっかり錠をおろして、保管しておかせてもらいたいのです」と、船長はいくらかむっとしたように言った。

I would like you to leave that room and lock it down and keep it in a safe place, ”said the captain.

 僕はあくまでも素志を曲げなかった。

I did not bend my mind.

そうして、僕の同室の男の失踪に関しては全然沈黙を守るという約束をして、船長の部屋を辞した。

So I left the captain's room with a promise to stay silent about the disappearance of a man in my room.

 僕の同室の男の知人はこの船中にいなかったので、彼が行くえ不明になったからといって、歎く者は一人もなかった。

[Since no acquaintance of a man in my room was in the ship, there was no one who knew because he was unclear.

夕方になって、僕はふたたび船医に逢った。

In the evening, I went back to the vet again.

船医は僕に、決心をひるがえしたかどうかを聞いたので、僕はひるがえさないと答えた。

The craftsman asked me if I had changed my mind, so I said I would not change.

「では、あなたもやがて……」と言いながら、船医は顔を暗くした。

The craftsman darkened his face, saying, "You will soon ...".

       三

Three

 その晩、僕らはトランプをして、遅くなってから寝ようとした。

That night we played cards and tried to sleep after being late.

今だから告白するが、実を言うと、自分の部屋へはいった時はなんとなく忌な感動に胸を躍らせたのである。

I confess because it is now, but to tell the truth, when I entered my room, I was really excited about it.

僕はいくら考えまいとしても、今ごろはもう溺死して、二、三マイルもあとの方で長い波のうねりに揺られている、あの背丈の高い男のことが考え出されてならなかった。

No matter how much I don't think, I had to come up with that tall man who is now drowned and swayed by a long wave of waves a few miles later .

寝巻に着替えようとすると、眼の前にはっきりと彼の顔が浮きあがってきたので、僕はもう彼が実際にいないということを自分の心に納得させるために、上の寝台のカーテンをあけ放してみようかとさえ思ったくらいであった。

When I tried to change into a nightcloth, his face was clearly raised in front of my eyes. I even thought I was going to let go.

 なんとなく気味が悪かったので、僕も入り口の扉の貫木をはずしてしまった。

Somehow it was so creepy, so I also removed the entrance door.

しかも窓が不意に音を立ててあいたので、僕は思わずぎょっとしたが、それはすぐにまたしまった。

Moreover, the windows suddenly made noises, so I was a little surprised, but it immediately reappeared.

あれだけ窓をしっかりとしめるように言いつけておいたのにと思うと、僕は腹が立ってきて、急いで部屋着を引っかけて、受け持ちの給仕のロバートを探しに飛び出した。

I thought I had told them to keep the windows tight, so I got angry and hurried and jumped out to look for Robert, the serving waiter.

今でも忘れないが、あまりに腹を立てていたので、ロバートを見つけるとあらあらしく百五号室の戸口までひきずって来て、あいている窓の方へ突き飛ばしてやった。

I still don't forget it, but I was so angry that when I found Robert, I finally went down to the door of Room No.5 and pushed it to the open window.

「毎晩のように窓をあけ放しにしておくなんて、なんという間抜けな真似をするのだ、横着野郎め。

“It's a fool that mimics that you leave the window open every night.

ここをあけ放しにしておくのは、船中の規定に反するということを、貴様は知らないのか。

Don't you know that leaving it open is against the rules of the ship?

もし船が傾いて水が流れ込んでみろ。

If the ship tilts and water flows in.

十人かかっても窓をしめることが出来なくなるぐらいのことは知っているだろう。

You know that even ten people can't close the window.

船に危険をあたえたことを船長に報告してやるぞ、悪者め」

I will report to the captain that the ship has been in danger.

 僕は極度に興奮してしまった。

I was extremely excited.

ロバートは真っ蒼になって顫えていたが、やがて重い真鍮の金具をとって窓の丸いガラス戸をしめかけた。

Robert was amazed, but eventually he took a heavy brass fitting and struck a round glass door.

「なぜ、貴様はおれに返事をしないのだ」と、僕はまた呶鳴り付けた。

“Why don't you answer me,” I shouted again.

「どうぞご勘弁なすってください、お客さま」と、ロバートは吃りながら言った。

“Please give me a pity, customer,” Robert said.

「ですが、この窓をひと晩じゅうしめておくことの出来るものは、この船に一人もいないのです。

“But there is nothing on the ship that can keep this window all night long.

まあ、あなたが自分でやってごらんなさい。

Well, you can do it yourself.

わたくしはもう恐ろしくって、この船に一刻も乗ってはいられません。

I'm already scared and I can't get on this ship.

お客さま、わたくしがあなたでしたら、早速この部屋を引き払って、船医の部屋へ行って寝るとか、なんとかいたしますがね。

If you're a customer, I'll do away with this room and go to the vet's room and sleep.

さあ、あなたがおっしゃった通りにしめてあるかないか、よくごらんなすった上で、ちょっとでも動くかどうか手で動かしてみてください」

Now, if you haven't done exactly what you said, just look at it and try to move it by hand to see if it moves even a little. ''

 僕は窓の戸を動かしてみたが、なるほど固くしまっていた。

I tried moving the window door, but it was stiff.

「いかがです」と、ロバートは勝ち誇ったように言葉をつづけた。

“How are you?” Robert continued as he was proud.

「手前の一等給仕の折紙に賭けて、きっと半時間経たないうちにこの戸がまたあいて、またしまることを保証しますよ。

“I bet on the first origami origami in the foreground and I guarantee that this door will come back again in less than half an hour.

恐ろしいことには、ひとりでにしまるんですからね」

It ’s because I ’m going to do it all alone. ”

 僕は大きい螺旋や鍵止めを調べてみた。

I checked out the big spirals and locks.

「よし、ロバート。

“Okay, Robert.

もしもひと晩じゅうにこの戸があいたら、おれはおまえに一ポンドの金貨をやろう。

If this door opens all night, I will give you a pound of gold.

もう大丈夫だ。

It ’s okay.

あっちへ行ってもいい」

You can go over there. "

「一ポンドの金貨ですって……。

"It's a pound of gold ...

それはどうも……。

That is so ...

今からお礼を申し上げておきます。

I would like to thank you now.