文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:13 上床:クラウフォード フランシス・マリオン:岡本 綺堂(282-313)/524

では、お寝みなさい。

Then go to bed.

こころよい休息と楽しい夢をごらんなさるように、お客さま」

Customers to see a good rest and a pleasant dream "

 ロバートは、いかにもその部屋を去るのが嬉しそうなふうをして、足早に出て行った。

Robert went out quickly, seemingly happy to leave the room.

むろん、彼は愚にもつかない話をして僕を怖がらせておいて、自分の怠慢をごまかそうとしたのだと、僕は思っていた。

Of course, I thought that he was trying to fool my negligence by frightening me with a story that wasn't foolproof.

ところがその結果は、彼に一ポンドの金貨をせしめられた上に、きわめて不愉快な一夜を送ることになったのである。

The result, however, was to give him a pound of gold and to spend a very unpleasant night.

 僕は寝床へはいって、自分の毛布でからだを包んでから、ものの五分も経たないうちにロバートが来て、入り口のそばの丸い鏡板のうしろに絶え間なく輝いていたランプを消していった。

I went to the bed, wrapped my body with my blanket, Robert came in less than 5 minutes, and turned off the lamp that was constantly shining behind the round panel near the entrance. It was.

僕は眠りに入ろうとして、闇のなかに静かに横たわっていたが、とても眠られそうもないことに気がついた。

I tried to fall asleep and lay quietly in the darkness, but I realized I was not very likely to sleep.

しかし彼を呶鳴りつけたので、ある程度まで気が清せいしたせいか、一緒の部屋にいたあの溺死者のことを考えたときに感じたような不愉快な気分はすっかり忘れてしまった。

However, because he screamed at him, he had forgotten the unpleasant feeling that he felt when he thought about the drowned person who was in the room together, perhaps because he was refreshed to some extent.

それにもかかわらず、僕はもう眠気が去ったので、しばらくは床のなかで眼をあけながら、時どきに窓の方をながめていた。

Nevertheless, I was already sleepy, so I looked at the window from time to time, keeping my eyes open on the floor for a while.

その窓は僕の寝ている所から見あげると、あたかも闇のなかに吊るしてある弱いひかりのスープ皿のように見えた。

When I looked up from where I was sleeping, the window looked like a weak light soup plate hung in the darkness.

 それから一時間ばかりは、そこに横たわっていたように思うが、折角うとうとと眠りかけたところへ、冷たい風がさっと吹き込むと同時に、僕の顔の上に海水の飛沫がかかったので、はっと眼をさまして飛び起きると、船の動揺のために足をすくわれて、ちょうど窓の下にある長椅子の上に激しくたたきつけられた。

I think I was lying there for about an hour, but when I finally went to sleep, the cold wind blew in and the seawater splashed on my face. When he flew up, he was scooped by the ship's swaying and slammed hard on a chaise lounge just under the window.

しかし僕はすぐに気を取り直して膝で起った。

But I immediately regained my mind and got up with my knees.

その時、窓の戸がまたいっぱいにあいて、またしまったではないか。

At that time, the window doors were full again.

 これらの事実はもう疑う余地がない。

There is no doubt about these facts.

僕が起きあがった時にはたしかに眼をあけていたのである。

I certainly opened my eyes when I got up.

また、たとい僕が夢うつつであったとしても、こんなに忌というほどたたきつけられて眼を醒まさないという法はない。

Also, even if I was dreaming, there is no law that won't awaken my eyes by being beaten so badly.

そのうえ僕は肘と膝とによほどの怪我をしているのであるから、僕自身がその事実を疑うと仮定しても、これらの傷が明くる朝になってじゅうぶんに事実を証明すべきであった。

In addition, I'm very injured at my elbows and knees, so even if I assume that I doubt the fact, I should prove it all the morning when these wounds come out. there were.

あんなにちゃんとしめておいたはずの窓が自然に開閉する――それはあまりにも不可解であるので、初めてそれに気づいた時には、恐ろしいというよりもむしろ唯びっくりしてしまったのを、僕は今でもありありと記憶している。

The window that I should have kept open naturally opens and closes-it's so incomprehensible that when I first noticed it, I was still amazed rather than scary. is doing.

そこで、僕はすぐにそのガラス戸をしめて、あらん限りの力を絞ってその鍵をかけた。

So I immediately closed the glass door and locked it all the way down.

 部屋は真っ暗であった。

The room was completely dark.

僕はロバートが僕の見ている前でその戸をしめた時に、また半時間のうちに必ずあくと言った言葉を想い起こしたので、その窓がどうしてあいたのかを調べてみようと決心した。

I remembered when Robert closed the door in front of me, and remembered that he would definitely open in half an hour, so I decided to investigate why the window met.

真鍮の金具類は非常に頑丈に出来ているものであるから、ちっとのことでは動くはずがないので、螺旋が動揺したぐらいのことで締め金がはずれたとは、僕にはどうも信じられなかった。

The brass fittings are so rugged that they can't move with a tiny thing, so I couldn't believe that the clasp came off because the spiral was upset. .

僕は窓の厚いガラス戸から、窓の下で泡立っている白と灰色の海のうねりをじっと覗いていた。

I was peeking through the thick white and gray sea swells under the window through the thick glass door.

なんでも十五分間ぐらいもそこにそうして立っていたであろう。

Anything would have stood there for about fifteen minutes.

 突然うしろの寝台の一つで、はっきりと何物か動いている音がしたので、僕ははっとしてうしろを振り返った。

Suddenly, it was one of the beds on the back, and there was a sound that something was clearly moving, so I looked back.

むろんに暗やみのことで何ひとつ見えなかったのである。

Of course, I couldn't see anything because of the darkness.

僕は非常にかすかな唸り声を聞き付けたので、飛びかかって上の寝台のカーテンをあけるが早いか、そこに誰かいるかどうかと手を突っ込んでみた。

I heard a very faint whispering voice, so I jumped and opened the upper bunk curtain, but I slammed whether I was there or not.

すると、確かに手応えがあった。

Then there was certainly a response.

 今でも僕は、あの両手を突っ込んだときの感じは、まるで湿った穴蔵へ手を突っ込んだように冷やりとしたのを覚えている。

Even now, I still remember the feeling when I put both hands cold as if I put my hands into the damp Azokura.

カーテンのうしろから、恐ろしくよどんだ海水の臭いのする風がまたさっと吹いてきた。

From the back of the curtain, a terribly stagnant wind smelling seawater was blowing again.

そのとたんに、僕は何か男の腕のような、すべすべとした、濡れて氷のように冷たい物をつかんだかと思うと、その怪物は僕の方へ猛烈な勢いで飛びかかってきた。

As soon as I thought I was grabbing something smooth, wet, cold like ice, like a man's arm, the monster jumped at me with a tremendous momentum.

ねばねばした、重い、濡れた泥のかたまりのような怪物は、超人のごとき力を有していたので、僕は部屋を横切ってたじたじとなると、突然に入り口の扉がさっとあいて、その怪物は廊下へ飛び出した。

The sticky, heavy, wet mud monster had power like a superman, so when I crossed the room suddenly the entrance door suddenly fluttered and the monster was I jumped out into the hallway.