文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:15 幽霊:モーパッサン ギ・ド:岡本 綺堂(88-126)/188

部屋の鍵はおれが持っているのだぞ」

I have the room key. "

 彼ももう詮方が尽きたらしく、「では、あなた。

’He seems to have run out,“ Okay, you.

ご案内をいたしましょう」

Let ’s guide you. ”

「階子のある所を教えてくれればいい。

“Tell me where the floor is.

おれが一人で仕事をするのだ」

I work alone. ''

「でも、まあ、あなた……」

"But well, you ..."

 わたしの癇癪は破裂しました。

My burrow has exploded.

「もう黙っていろ。

"Shut up already.

さもないと、おまえのためにならないぞ」

Otherwise, it will not be for you. "

 わたしは彼を押しのけて、家のなかへつかつかと進んでゆくと、最初は台所、次はかの老人夫婦が住んでいる小さい部屋、それを通りぬけて大きい広間へ出ました。

«I pushed him away and moved on to the house, and at first I went to the kitchen, then to the small room where the elderly couple lived, and to the large hall.

そこから階段を昇ってゆくと、私は友達に教えられた部屋の扉を認めました。

As I climbed the stairs from there, I admitted the door of the room taught by my friend.

鍵を持っているので、雑作もなしに扉をあけて、私はその部屋の内へはいることが出来ました。

I had the key so I opened the door without any miscellaneous work and I was able to enter the room.

 部屋の内はまっ暗で、最初はなんにも見えないほどでした。

The inside of the room was completely dark and I couldn't see anything at first.

私はこういう古い空き間に付きものの、土臭いような、腐ったような臭いにむせながら、しばらく立ち停まっているうちに、わたしの眼はだんだんに暗いところに馴れてきて、乱雑になっている大きい部屋のなかに寝台の据えてあるのがはっきりと見えるようになりました。

I'm stuck in this old space, but my eyes are gradually getting used to the dark and messed up, while I'm standing for a while, with the smell of earthy and rotten. I can clearly see the bed in the large room.

寝台にシーツはなく、三つの敷蒲団と二つの枕がならべてあるばかりで、その一つには今まで誰かがそこに寝ていたように、頭や肱の痕がありありと深く残っていました。

There are no sheets on the bed, only three mattresses and two pillows, one of which has been deeply left with traces of the head and heels, as if someone had slept there. It was.

 椅子はみな取り散らされて、おそらく戸棚であろうと思われる扉も少しあけかけたままになっていました。

All the chairs were messed up and the doors, which were probably closets, were left a little open.

私はまず窓ぎわへ行って、明かりを入れるために戸をあけたが、外の鎧戸の蝶つがいが錆びているので、それを外すことが出来ない。

I first went to the window and opened the door to turn on the light, but the outer armor's hinges are rusted, so I can't remove it.

剣でこじあけようとしたが、どうもうまくゆきませんでした。

I tried to pry it out with a sword, but it didn't work out.

こんなことをしているうちに、私の眼はいよいよ暗いところに馴れてきたので、窓をあけることはもう思い切って、わたしは机のほうへ進み寄りました。

As I was doing this, my eyes finally got used to the dark, so I decided to open the window and I moved up to the desk.

そうして、肱かけ椅子に腰をおろして抽斗をあけると、そのなかには何かいっぱいに詰まっていましたが、わたしは三包みの書類と手紙を取り出せばいいので、それはすぐに判るように教えられているのですから、早速それを探し始めました。

Then, when I sat down on the hanging chair and opened the drawer, it was full of something, but I just took out the three-packed papers and letters, and I taught them to understand immediately. So I started looking for it.

 私はその表書きを読み分けようとして、暗いなかに眼を働かせている時、自分のうしろの方で軽くかさりという音を聴きました。

I tried to read the cover, and when I was working in the dark, I heard a light squeak behind me.

聴いたというよりも、むしろ感じたというのでしょう。

Perhaps they felt it rather than listening.

しかしそれは隙間を洩る風がカーテンを揺すったのだろうぐらいに思って、わたしは別に気にもとめなかった。

However, I didn't care about it, as I thought the wind leaking through the gap would sway the curtain.

ですが、そのうちにまた、かさりという、それが今度はよほどはっきりと響いて、わたしの肌になんだかぞっとするような不愉快な感じをあたえましたが、そんな些細なことにいちいちびくびくして振り向いているのも馬鹿らしいので、そのままにして探し物をつづけていました。

But in the meantime, again, it was very clear, and this time it sounded so clearly that it gave me an unpleasant feeling of mystery. It seems stupid, so I kept searching for it.

ちょうど第二の紙包みを発見して、さらに第三の包みを見つけた時、私の肩に近いあたりで悲しそうな大きい溜め息がきこえたので、私もびっくりして二ヤードほどもあわてて飛びのいて、剣の柄に手をかけながら振り返りました。

When I found the second paper packet and found the third packet, I felt a big sad sigh near my shoulder, so I was surprised and flew about two yards. I looked back at the handle of the sword.

剣を持っていなかったら、私は臆病者になって逃げ出したに相違ありません。

If I didn't have a sword, I must have escaped as a coward.

 ひとりの背の高い女が白い着物をきて、今まで私が腰をかけていた椅子のうしろに立って、ちょうど私と向かい合っているのです。

“A tall woman is wearing a white kimono, standing behind a chair that I have been sitting on, and just facing me.

私はほとんど引っくり返りそうになりました。

I almost almost turned over.

そのときの物凄さはおそらく誰にもわかりますまい。

Perhaps no one knows the awesomeness at that time.

もしあなたがたがそれを見たらば、魂は消え、息は止まり、総身は海綿のように骨なしになって、からだの奥までぐずぐずに頽れてしまうことでしょう。

If you see it, your soul will disappear, your breath will stop, your whole body will be boneless like a sponge, and you will be drowning in your body.

 わたしは幽霊などを信じる者ではありません。

I am not a believer in ghosts.

それでも、死んだ者のなんともいえない怖ろしさの前には降参してしまいました。

Still, he surrendered before the fear of the dead.

わたしは実に困りました。

I was really in trouble.

しばしは途方に暮れました。

I was at a loss for a while.

その後、一生の間にあの時ほど困ったことはありません。

After that, there has never been a problem in my lifetime.

 女がそのままいつまでも黙っていたならば、私は気が遠くなってしまったでしょう。

If the woman stayed silent forever, I would have been distracted.

しかも女は口を利きました。

Moreover, the woman was clever.

私の神経を顫わせるような優しい哀れな声で話しかけました。

I spoke with a kind and pitiful voice that shook my nerves.

この時、わたしは自分の気を取り鎮めたとはいわれません。

At this time, I am not said to have subdued myself.