文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(1-34)/503

世界怪談名作集

World ghost story masterpiece collection

鏡中の美女

Beauty in the mirror

マクドナルド George MacDonald

George MacDonald

岡本綺堂訳

Okamoto Kiyodo translation

      一

One

 コスモ・フォン・ウェルスタールはプラーグの大学生であった。

Cosmo von Wellstal was a university student at Plague.

 彼は貴族の一門であるにもかかわらず、貧乏であった。

He was poor despite being a noble family.

そうして、貧乏より生ずるところの独立をみずから誇っていた。

And I was proud of the independence that arises from poverty.

誰でも貧乏から逃がれることが出来なければ、むしろそれを誇りとするよりほかはないのである。

If no one can escape from poverty, there is nothing but to be proud of it.

彼は学生仲間に可愛がられていながら、さてこれという友達もなく、学生仲間のうちでまだ一人も、古い町の最も高い家の頂上にある彼の下宿の戸口へはいった者はないのであった。

He was loved by his fellow students, but there was no such friend, and none of his fellow students went to the doorway of his boarding house on the top of the oldest house in the old town. It was.

 彼の謙遜的の態度が仲間内には評判がよかったのであるが、それは実のところ彼の隠遁的の思想から出ているのであった。

His his humble attitude was well-received among his friends, but in fact it came out of his secluded thought.

夜になると、彼は誰からも妨げられることなしに、自分の好きな学問や空想にふけるのである。

At night, he will indulge in his favorite studies and fantasies without being disturbed by anyone.

それらの学問のうちには、学校の課程に必要な学科のほかに、あまり世間には知られもせず、認められもしないようなものが含まれていた。

Among those studies, in addition to the departments necessary for the school course, there were things that were not well known or recognized by the public.

彼の秘密の抽斗には、アルベルタス・マグナス(十三世紀の科学者、神学者、哲学者)や、コンネリウス・アグリッパ(十五世紀より十六世紀にわたる哲学者で、錬金術や魔法を説いた人)の著作をはじめとして、その他にもあまりひろく読まれていない書物や、神秘的のむずかしい書物などがしまい込まれてあった。

His secret drawers include Albertas Magnus (13th century scientists, theologians and philosophers) and Connerius Agrippa (15th to 16th century philosophers) who preached alchemy and magic. People) and other books that were not read very widely and mysterious and difficult books.

しかもそれらの研究は単に彼の好奇心にとどまって、それを実地に応用してみようなどという気はなかったのである。

Moreover, those studies were simply his curiosity, and there was no intention of applying it to the field.

 その下宿は大きい低い天井の部屋で、家具らしい物はほとんどなかった。

The boarding house was a large low ceiling room with almost no furniture.

木製の椅子が一|対、夜も昼も寝ころんで空想にふける寝台が一脚、それから大きい黒い槲の書棚が一個、そのほかには部屋じゅうに家具と呼ばれそうな物は甚だ少ないのであった。

There was one wooden chair, but there was a single bed in the night and noon and a daydreaming bed, a large black bookcase, and there were very few things that could be called furniture throughout the room. .

その代りに、部屋の隅ずみには得体の知れない器具がいろいろ積まれてあって、一方の隅には骸骨が立っていた。

Instead, there were a variety of unknown instruments in the corner of the room, and a skeleton stood in one corner.

その骸骨は半ばはうしろの壁に倚りかかり、半ばは紐でその頸を支えていて、片手の指をそのそばに立ててある古い剣の柄がしらの上に置いているのであった。

The skeleton hit the back wall in the middle, and the middle supported the neck with a string, and the handle of an old sword with a finger on its side was placed on the side. .

ほかにもいろいろの武器が床の上に散らかっている。

Various other weapons are scattered on the floor.

壁はまったく装飾なく、羽をひろげた大きいひからびた蝙蝠や、豪猪の皮や剥製の海毛虫や、それらが何だか分からないような形になって懸かっている。

The walls are undecorated and hung in such a shape that they don't know what they are.

但し、彼はこんな不可思議な妄想に耽っているかと思えば、また一方にはそれとまったく遠く懸け離れたことをも考えているのであった。

However, he was thinking that he was in such a mysterious delusion, and on the other hand, he was quite far away from it.

 かれの心はけっして恍惚たる感情をもって満たされているのではなく、あたかも戸外の暁け方のように、匂いをただよわす微風ともなり、また、あるときは大木を吹きたわませる暴風ともなるのであった。

His heart isn't filled with ecstatic feelings, it's like a breeze that just gives off a smell, and sometimes a storm that blows a big tree, as if it's an open-air way. there were.

彼は薔薇色の眼鏡を透してすべての物を見た。

He saw everything through his rosy glasses.

かれが窓から下の町を通る処女をみおろした時、その処女はすべて小説ちゅうの人物ならざるはなく、彼女の影が遠く街路樹のうちに消え去るまで、それを考えつづけているのである。

When he looked down the virgin who passed through the town below from the window, all the virgins would be novels, and she kept thinking about it until her shadow disappeared far away in the street trees. .

彼が町をあるく時、あたかも小説を読んでいるような心持ちで、そこに起こるいろいろの出来事を興味ある場面として受けいれるのである。

When he goes to town, he feels as if he is reading a novel, and he can accept various events that occur there as an interesting scene.

そうして、女の美しい声が耳にはいるごとに、彼はエンゼルの翼が自分のたましいを撫でて行くようにも感ずるのである。

And every time a woman's beautiful voice is heard, he feels that Angel's wings are stroking his soul.

実際、かれは無言の詩人で、むしろ本当の詩人よりも遙かに空想的で、かつ危険である。

In fact, he is a silent poet, rather much more fantasy and dangerous than a real poet.

すなわちその心に湧くところの泉が外部へ流れ出る口を見いだすことが出来ないで、ますます水嵩がいやまして、後には漲りあふれて、その心の内部をそこなうことにもなるからである。

In other words, it is impossible to find the mouth where the fountain that springs in the heart flows out to the outside.

 彼はいつも固い寝台に横たわって、何かの物語か詩を読むのである。

He always lies on a hard bed and reads some story or poetry.

のちにはその書物を取り落として、空想にふける。

Later, he removes the book and inspires him.

そうなると、夢か現か区別がつかない。

If that happens, it's indistinguishable between dream and present.

向うの壁がはっきりとわかってきて、あさ日の光りに明かるくなった時、かれもまた初めて起きあがるのである。

When the wall on the other side is clearly understood and the light of the morning sun comes out, he also wakes up for the first time.

そうして、元気旺盛な若い者のあらゆる官能がここに眼ざめてきて、日の暮れるまで自由に読書または遊戯をつづけるのである。

In this way, all the sensuality of energetic young people will wake up here and continue to read or play freely until the sun goes down.