文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(35-75)/503

昼の大きい瀑布に沈んでいた夜の世界がここにあらわれてくると、彼のこころには星がきらめいて、暗い幻影が再び浮かんでくるのである。

When the night world that was sinking in the large distribution of the day appears here, a star shines in his heart, and a dark illusion comes up again.

しかもそんなことを長く続かせるのはむずかしい。

Moreover, it is difficult to continue such a thing for a long time.

遅かれ早かれ何物かが美しい世界へ踏み込んで来て、迷える魔術師を跪拝せしめなければならないのである。

Sooner or later, something must step into the beautiful world and worship the lost magician.

 ある日の午後の黄昏に近いころであった。

It was around the afternoon of one afternoon.

彼は例のごとく夢みるような心持ちで、この町の目貫の大通りをあるいていると、学生仲間のひとりが肩をたたいて声をかけた。

He was as dreamy as ever, and one of his fellow students struck his shoulders and shouted when he was on the main street of the town.

そうして、自分は古い鎧をみつけて、それを手に入れたいと思うから、裏通りまで一緒に来てくれないかと言った。

Then I found an old armor and wanted to get it, so I asked if I could come along to the back street.

 コスモは古代および現代の武器については非常にくわしく、斯道の権威者とみとめられていた。

Cosmo was very well informed about ancient and modern weapons, and was regarded as the authority of Sodo.

ことに武器の使い方にかけては、学生仲間にも並ぶ者がなかった。

In particular, there were no students in line with how to use weapons.

そのなかでも、ある種の物の使い方に馴れているので、他のすべての物にまで彼が権威を持つようにもなったのである。

Among them, because he was used to certain kinds of things, he became an authority over all other things.

コスモは喜んで彼と一緒に行った。

Cosmo gladly went with him.

 二人は狭い小路に入り込んで、ほこりだらけな小さい家にゆき着いた。

】 They entered a narrow alley and arrived at a dusty little house.

低いアーチ型の扉をはいると、そこには世間によく見うける種じゅの黴くさい、ほこりだらけの古道具がならべてあった。

There was a low arched door, and there were a lot of old tools full of dust and seeds that you can see well.

学生はコスモの鑑定に満足して、すぐその鎧を買うことに決めた。

The student was satisfied with the cosmo appraisal and immediately decided to buy the armor.

 そこを出るときに、コスモは壁にかけてあるほこりだらけの楕円形の古い鏡に眼をつけた。

When leaving, Cosmo looked at the dusty oval mirror on the wall.

鏡の周囲には奇異なる彫刻があって、店の主人がそれを運んだ時、輝いている灯に映じても、さのみに晃らなかった。

There was a strange sculpture around the mirror, and when the store owner carried it, it was reflected in the shining light, but it did not go away.

コスモはその彫刻に心を惹かれたらしかったが、その以上に注意する様子もなく、彼は友達とともにここを立ち去ったのである。

Cosmo wanted to be attracted to the sculpture, but he didn't seem to be more careful, and he left with his friends.

二人は元の大通りへ出て、ここで反対の方角に別れた。

They went out to the original main street and parted here in opposite directions.

 独りになると、コスモはあの奇異なる古い鏡のことを思い出した。

When I was alone, Cosmo remembered that strange old mirror.

もっとよく見たいという念が強くなって、彼は再びその店の方へ足をむけた。

The desire to see more became stronger, and he went back to the store again.

彼が扉を叩くと、主人は待っていたように扉をあけた。

When he hit the door, the master opened it as if he had been waiting.

主人は痩せた小柄の老人で、鉤鼻の眼のひかった男で、そこらに何か落とし物はないかと休みなしにその眼をきょろつかせているような人物であった。

The master was a thin, old man with a snooping eye, who seemed to sway his eyes without taking a break to see if there was anything missing.

コスモは他の品をひやかすようなふうをして、最後にかの鏡の前へ行って、それを下ろして見せてくれと言った。

Cosmo behaved like other goods, and finally went to the mirror and told me to show it down.

「旦那。

"Husband.

ご自分で取ってください。

Please take it yourself.

わたくしには手が届きませんから」と、老人は言った。

I ca n’t reach it, ”the old man said.

 コスモは注意してその鏡をおろして見ると、彫刻は構図も技巧も共に優れていて、実に精巧でもあり、また高価の物でもあるらしく思われた。

Cosmo carefully looked down the mirror and it seemed that the sculpture was excellent both in composition and technique, and was very sophisticated and expensive.

まだその上に、その彫刻にはコスモがまだ知らない幾多の技巧が施されていて、それが何かの意味ありげにも見えた。

On top of that, the sculpture was given a number of techniques that Cosmo didn't know yet, and it seemed something meaningful.

それが彼の趣味と性格の一面に合致しているので、彼は更にこの古い鏡に対して一段の興味を増した。

He became even more interested in this old mirror as it matched his hobby and personality.

こうなると、どうしてもこれを手に入れて、自分の暇をみてその縁の彫刻を研究したくなったのである。

When this happened, I really wanted to get it and study my sculptures in my spare time.

 しかし、彼はこの鏡を普通の日用にするような顔をして、これはずいぶん古いから長く使用にたえないだろうと言いながら、その面の塵を少しばかり拭いてみると、彼は非常に驚かされたのである。

However, he had a face that would make this mirror for a normal day and said that it would be too long to be used for a long time. I was very surprised.

鏡の面はまばゆいほどに輝いていて、年を経たがために傷んでいる所もなく、すべての部分が製作者から新しく受け取ったと同様に、清らかに整っているのである。

The mirror surface is brilliantly shining, it is not damaged by age, and everything is as clean as it was newly received from the producer.

彼はまず主人にむかってその値いを訊いた。

He first asked the master for the value.

 老人は貧しいコスモがとても手を出せないような高値を吹いたので、彼は黙ってその鏡を元のところに置いた。

The old man blew a high price that the poor Cosmo could not get out of hand, so he silently put the mirror in place.

「お高うございましょうか」と、老人は言った。

"Let's go high," the old man said.

「どうしてそんなに高いのか、理屈がわからないな」と、コスモは答えた。

“I don't know why it is so expensive,” Cosmo replied.

「わたしの考えとはよほどの距離があるよ」

"There is a great distance from my thoughts."

 老人は灯をあげて、コスモの顔を見た。

The old man turned on the light and saw the face of Cosmo.

「旦那は人好きのするかただ」

"Husband is a person who likes people"

 コスモはこんなお世辞にこたえることのできない男である。

Cosmo is a man who cannot respond to such flattery.

彼はこのとき初めて老人の顔を間近に見たのであるが、それが男だか女だか分からないような、一種の忌な感じを受けた。

This was the first time he saw an old man's face up close, but received a kind of disappointing feeling that he did not know whether he was a man or a woman.

「あなたのお名前は……」と、老人は話しつづけた。

"Your name is ..." said the old man.