文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

世界怪談名作集:16 鏡中の美女:マクドナルド ジョージ:岡本 綺堂(76-125)/503

「コスモ・フォン・ウェルスタール」

"Cosmo von Wellstar"

「ああ、そうでしたか。

"Oh, was that so?

なるほど、そういえばお父さんに肖ておいでなさる。

Sure enough, I ’m going to give my dad a good deal.

若旦那、わたくしはあなたのお父さんをよく存じておりますよ。

Young husband, I know your father well.

実をいうと、このわたくしの家の中にも、あなたのお父さんの紋章や符号のついた古い品がいくつもあります。

To tell you the truth, there are a number of old items with your father's emblem and sign in this house.

そうでしたか。

Oh really.

いや、わたくしはあなたが気に入った。

No, I like you.

それでは、どうです。

How is it?

言い値の四分の一で差し上げることにいたしましょう。

Let's go for a quarter of the ask price.

但し、一つの条件付きで……」

However, with one condition ... "

 それでもコスモにとっては重大の負担であったが、そのくらいならば都合が出来る。

Still, it was a serious burden for Cosmo, but it would be convenient for that.

ことに途方もない高値を吹かれて、とても手がとどかないと思ったあとであるから、いっそうそれが欲しくなった。

I wanted to do that even after I was blown away by tremendous highs and thought I couldn't reach my hands.

「その条件というのは……」

"The condition is ..."

「もしあなたがそれを手放したくなったらば、初めにわたくしが申し上げただけの金をわたくしにくださるように……」

"If you want to let go of it, please give me the money that I have told you first ..."

「よろしい」と、コスモは微笑しながら付け加えた。

“Okay,” Cosmo added with a smile.

「それはまったく穏当な条件だ」

"That is a moderate condition"

「では、どうぞお間違いのないように……」と、売りぬしは念を押した。

“Now, please don't make any mistakes ...”, the sales clerk pressed his mind.

「名誉にかけて、きっと間違いはないよ」と、買い手は言った。

“There is no mistake in honor,” the buyer said.

 これで売り買いは成り立ったのである。

This is the reason for buying and selling.

 コスモが鏡を手にとると、老人は、「お宅までわたくしがお届け申しましょう」と、言った。

”When Cosmo took the mirror, the old man said,“ Let me deliver to you. ”

「いや、いや、私が持って行くよ」と、コスモは言った。

“No, no, I will bring it,” Cosmo said.

 彼は自分の住居を他人に見せることをひどく嫌っていた。

”He hated badly showing his house to others.

ことにこんな奴、だんだんに嫌悪の情の加わってくるこんな人間に、自分の住居を見られるのは忌であった。

It was disappointing that such a person, such a person who was gradually added to the hatred, could see his residence.

「では、ご随意に……」と、おやじは言った。

“So, voluntarily ...” said the old man.

 彼はコスモのために灯を見せて、店から送り出してしまうと、独りでつぶやいた。

』He showed a light for Cosmo and tweeted alone when he sent it out of the store.

「あの鏡を売るのも六度目だ。

“It ’s also my sixth time selling that mirror.

もう今度あたりでおしまいにしてもらいたいな。

I'd like to finish it around this time.

あの女ももうたいてい満足するだろうに……」

That woman will usually be satisfied ... "

       二

Two

 コスモは自分の獲物を注意して持ち帰った。

Cosmo took his prey with care.

その途中も、誰かそれを見付けはしないか、誰か後から尾けて来はしないかという懸念で、絶えず不安を感じていた。

On the way, I was constantly worried about whether someone would find it or if I would come back later.

彼は幾たびか自分のまわりを見まわしたが、別に彼のうたがいをひくようなこともなかった。

He looked around himself several times, but never had his own song.

かりに彼の後を尾ける者があるとしても、いかに巧妙なる間者でもその正体を暴露するであろうと思われるほどに、町は非常に混雑して、町の灯は非常に明かるかった。

The town was so crowded that the light of the town was so bright that it seemed that no matter how clever it would be to reveal his true identity, even if there was someone behind him.

 コスモはつつがなく下宿に帰り着いて、買って来た鏡を壁にかけた。

Cosmo came back to the boarding house and hung the mirror he had bought on the wall.

彼は体力の強い男であったが、それでも帰って来たときには、鏡の重さから逃がれて、初めて救われたように感じた。

He was a strong man, but when he came back, he felt like he was saved for the first time by escaping from the weight of the mirror.

彼はまずパイプに火をつけて、寝台に体をなげ出して、すぐにまた、いつもの幻想にいだかれてしまった。

He first ignited the pipe, shook his body on the bed, and was soon again struck by his usual illusion.

 次の日、かれは常よりも早く家へ帰って、長い部屋の片端にある炉の上の壁にかの鏡をかけた。

The next day, he went home earlier than usual and put a mirror on the top wall of the furnace at one end of the long room.

それから丁寧に鏡のおもての塵を拭き去ると、鏡は日光にかがやく泉のように清くみえて、覆いをかけた下からも晃っていた。

After carefully wiping away the dust on the front of the mirror, the mirror looked as clean as a fountain, shining in sunlight, and was struck from under the cover.

しかも彼の興味は、やはり鏡のふちの彫刻にあった。

Moreover, he was interested in the sculpture on the edge of the mirror.

それを出来るだけ綺麗にブラッシュをかけて、その彫刻のいろいろの部分について製作者の意図が那辺にあったかを見いだすために、精密な研究を始めたが、それは不成功に終わった。

We brushed it as cleanly as possible and began a precise study to find out if the creator's intentions were in various parts of the sculpture, but it was unsuccessful.

後には退屈になって失望のうちにやめてしまった。

Later he got bored and stopped in disappointment.

そうして、鏡に映る部屋のなかをしばらくぼんやりと眺めていたが、やがて半ば叫ぶような声で言った。

Then, he was gazing at the room reflected in the mirror for a while, but eventually said in a screaming voice.

「この鏡はふしぎな鏡だな。

"This mirror is a mysterious mirror.

この鏡に映る影と、人間の想像とのあいだに何か不思議な関係がある。

There is a mysterious relationship between the shadow reflected in this mirror and the human imagination.

この部屋と、鏡に映っている部屋と、同じものでありながら、しかもだいぶ違っている。

This room is the same as the room reflected in the mirror, but it is very different.

これは僕が現在住まっている部屋のありさまとは違って、僕の小説のなかで読んだ部屋のように見える。

It looks like the room I read in my novel, unlike the room where I currently live.

すべてありのままとは違っている。

Everything is different from what it is.

一切のものは事実のさかいを脱して芸術の境地に変わっている。

Everything has gone from the facts to the boundaries of art.

普通ならば、ただ粗末な赤裸裸の物が、僕にはすべて興味あるものに見える。

Ordinarily, all the naked naked things look interesting to me.

ちょうど舞台の上に一人の登場人物が出て来ただけで、もうこの退屈で堪えられない人生から逃がれて愉快になるようなものである。

Just like a single character appearing on the stage, it's like escaping from this boring and unbearable life.