文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

御堀端三題:岡本 綺堂(131-176)/176

私ははっと思った。

I thought

それを見た往来の人たちも思わずあっと叫んだ。

The people who saw it shouted, without thinking.

私のからだは完全に馬車の下敷になったのである。

My body was completely under the carriage.

 馬車に乗っていたのは若い外国婦人で、これも帛を裂くような声をあげた。

 The young woman in the carriage was a young woman who broke the cloth.

私を轢いたと思ったからである。

Because I thought I had run over.

私も無論に轢かれるものと覚悟した。

I also prepared to be overrun.

馬車の馬丁もあわてて手綱をひき留めようとしたが、走りつづけて来た二頭の馬は急に止まることが出来ないで、私の上をズルズルと通り過ぎてしまった。

I tried to hold the reins in a hurry, but the two horses that kept running couldn't stop suddenly and slipped past me.

馬車がようよう止まると、馬丁は馭者台から飛び降りて来た。

When the carriage stopped like a horse, the horse jumped down from the Shajindai.

外国婦人も降りて来た。

Foreign women also came down.

私たちの車夫も駈け寄った。

Our rickshaw also ran up.

往来の人もあつまって来た。

People coming and going also gathered.

 誰の考えにも、私は轢かれたと思ったのであろう。

I wondered who thought I was run over.

しかも天佑というのか、好運というのか、私は無事に起き上ったので、人々はまたおどろいた。

Moreover, whether it was Tenyu or good luck, I got up safely, and people were startled again.

私は馬にも踏まれず、車輪にも触れず、身には微傷だも負わなかったのである。

I wasn't stepped on by a horse, I didn't touch the wheels, and I didn't have any minor injuries.

その仔細は、私のからだが縦に倒れたからで、もし横に倒れたならば、首か胸か足かを車輪に轢かれたに相違なかった。

The detail was because it was my body that fell down vertically, and if I fell sideways, it must have been run over my wheels, my neck, chest, or feet.

私が縦に倒れた上を馬車が真直に通過したのみならず、馬の蹄も私を踏まずに飛び越えたので、何事もなしに済んだのである。

Not only did the horse-carriage pass straight through me when I fell vertically, but the hoof of the horse jumped over me without stepping on me, so nothing was done.

奇蹟的というほどではないかも知れないが、私は我ながら不思議に感じた。

It may not be miraculous, but I felt strange.

他の人々も「運が好かったなあ」と口々にいった。

Other people also said, "I wish I had good luck."

 この当時のことを追想すると、私は今でもぞっとする。

 I recalled that time, and I still feel appalled.

このごろの新聞紙上で交通事故の多いのを知るごとに、私は三十数年前の出来事を想い起さずにはいられない。

Every time I find out that there are a lot of traffic accidents in newspapers these days, I can't help but remember what happened some thirty years ago.

支那にこんな話がある。

There is such a story in China.

大勢の集まったところで虎の話が始まると、その中の一人がひどく顔の色を変えた。

When the story of the tiger began when a large number of people gathered, one of them severely changed the color of his face.

聞いてみると、その人はかつて虎に出逢って危うくも逃れた経験を有していたのである。

Upon hearing, the person once had the experience of encountering a tiger and fleeing.

私も馬車に轢かれそうになった経験があるので、交通事故には人一倍のショックを感じられてならない。

I've also been run over by a horse-drawn carriage, so I shouldn't feel the shock of a car accident.

 そのとき私のからだは無事であったが、抱えていた五月人形の箱は無論投げ出されて、金太郎も飾り馬もメチャメチャに毀れた。

 At that time, my body was safe, but of course the box of May dolls I was holding was thrown out, and Kintaro and the decorated horse were bothered.

よんどころなく銀座へ行って、再び同じような物を買って持参したが、先方へ行っては途中の出来事を話さなかった。

Of course, I went to Ginza, bought a similar item again, and brought it with me, but when I went to the other side, I didn't talk about what was going on.

初の節句の祝い物が途中で毀れたなどといっては、先方の人たちが心持を悪くするかも知れないと思ったからである。

The fact that the celebration of the first festival was broken on the way meant that the other people might feel uncomfortable.

その男の児は成人に到らずして死んだ。

The boy's child died before reaching adulthood.

底本:「岡本綺堂随筆集」岩波文庫、岩波書店

Sokomoto: "Okamoto Kido Collection" Iwanami Bunko, Iwanami Shoten

   2007(平成19)年10月16日第1刷発行

Issued the first printing on October 16, 2007

   2008(平成20)年5月23日第4刷発行

Issued the 4th edition on May 23, 2008

底本の親本:「思ひ出草」相模書房

The base of the book: "Shihi Dokusa" Sagami Publishing

   1937(昭和12)年10月初版発行

First edition issued in October 1937

初出:柳のかげ「文藝春秋」

First appearance: Shadow of willow "Bungei Shunju"

   1937(昭和12)年8月

August 1937 (Showa 12)

   怪談「モダン日本」

Kaidan "Modern Japan"

   1936(昭和11)年9月

September 1936 (Showa 11)

   三宅坂「文藝春秋」

Miyakezaka “Bungei Shunju”

   1935(昭和10)年8月

August 1935 (Showa 10)

※「柳のかげ」の原題は「涼風の思ひ出」。

*The original title of "Yanagi no Kage" is "Suzukaze no Oide".

入力:川山隆

Input: Takashi Kawayama

校正:noriko saito

Calibration: noriko saito

2008年11月29日作成

Created November 29, 2008

青空文庫作成ファイル:

File created by Aozora Bunko:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), a library on the Internet.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers helped with the input, proofreading, and production.