文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

怪獣:岡本 綺堂(58-101)/392

「Sという旅館です。

"It is an inn called S.

停車場からは少し遠い町はずれにあるが、土地では旧家だということで……。

It is a little far from the stop but on the outskirts of town, but on the land it's an old house...

その次男は東京に出ていて、わたしと同じ学校にいたのです。」

The second son was in Tokyo and was in the same school as me. "

「その次男という人は国へ帰っているのですか。」

"Is the second son returning to the country?"

「わたしと同時に卒業して、東京の雑誌社などに勤めていたのですが、家庭の事情で帰郷することになって、今では家の商売の手伝いをしています。」

“I graduated at the same time as me and worked for a magazine company in Tokyo, but since I came home because of my family circumstances, I am now helping out with my family business.”

「いつごろ帰郷したのですか。」

"When did you come home?"

 それからそれへと追窮するような博士の態度を、わたしは少しく怪しみながら答えた。

 I wondered a little about Dr.

「五年ほど前です。」

"It was about five years ago."

「五年ほど前……。」

"About five years ago..."

と、博士は過去を追想するように言った。

Said the doctor to recollect the past.

「わたしが泊まったのは七年前だから、その頃にはまだ帰っていなかったのですね。」

"I stayed seven years ago, so I didn't go back by then."

「じゃあ、あなたもその旅館にお泊りになった事があるんですか。」

"Then you have stayed at the inn before?"

「あります。」

"There is."

と、博士はうなずいた。

Said the nod.

「その土地に流行する一種の害虫を調査するために、一ヵ月ほどもMの町に滞在していました。

"I was staying in M town for about a month to investigate the kind of pests that prevail on the land.

そのあいだに近所の町村へ出張したこともありましたが、大抵はS旅館を本陣にしていました。

During that time, I had a business trip to a neighborhood town, but I usually stayed at S Ryokan.

あなたの言う通り、土地では屈指の旧家であるだけに、旅館とはいいながら大きい屋敷にでも住んでいるような感じで、まことに落ちついた居心地のいい家でした。

As you say, it's one of the oldest houses on the land, and although it's an inn, it feels like living in a large mansion, and it was a truly calm and cozy house.

老主人夫婦も若主人夫婦も正直な好人物で、親切に出這入りの世話をしてくれましたが……。」

Both the old and young husband and wife are honest and good people, and they kindly took care of me. "

 言いかけて、博士は表に耳を傾けた。

Listening, he listened to the table.

「雨の音ですね。」

"It's the sound of rain."

「降って来たようです。」

"It looks like it's coming down."

と、わたしも耳を傾けながら言った。

I also listened.

「さっきまで晴れていたんですが……。」

"It was sunny a while ago..."

「秋の癖ですね。」

"It's an autumn habit."

 ふたりは暫く黙って雨の音を聴いていたが、やがて博士は又しずかに言い出した。

 The two silently listened to the sound of rain for a while, but eventually Dr.

「あなたはS旅館の次男という人から何か聴いたことがありますか、あの旅館にからんだ不思議な話を……。」

"Have you heard anything from the second son of S Inn? A strange story about that inn..."

「聴きません。

"I don't listen.

S旅館の次男――名は芳雄といって、私とは非常に親しくしていましたが、自分の家について不思議な話なぞをかつて聴かせたことはありませんでした。

The second son of S Inn was called Yoshio and was very close to me, but I had never heard a mysterious story about my house.

一体それはどういう話です。」

What the hell is that? "

「わたしも科学者の一人でありながら、真面目でこんなことを話すのもいささかお恥かしい次第であるが、とにかくこれは嘘|偽りでない、わたしが眼のあたりに見た不思議の話です。

"I'm one of the scientists, but it's a little embarrassing to say this seriously, but it's a lie.

S旅館も客商売であるから、こんなことが世間に伝わっては定めて迷惑するだろうと思って、これまで誰にも話したことは無かったのですが、あなたがその次男の親友とあれば、お話をしても差支えは無かろうかと思います。

Since S Ryokan is also a customer business, I had not told anyone so far, thinking that it would be annoying to establish this kind of thing in the world, but if you are your second son's best friend, I wonder if there will be any support even if I talk to you.

今もいう通り、それは不思議の話――まあ、一種の怪談といってもいいでしょう。

As I say, it's a mysterious story-well, it's kind of a ghost story.

お聴きになりますか。」

Would you like to listen "

「どうぞ聴かせて下さい。」

"Please listen."

と、わたしは好奇の眼をかがやかしながら、問い迫るように相手の顔をみつめた。

I glared at my curiosity, and stared at the other person's face, asking me a question.

 話の邪魔をすまいとするのか、表の雨の音はやんだらしい。

 It seems that the sound of the rain on the front has stopped, as if you do not disturb the story.

ただ時どきに軒を落ちる雨だれが、何かをかぞえるように寂しくきこえた。

But sometimes the raindrops that fell down the eaves lonely as if to look for something.

博士は座敷の天井をみあげて少しく考えているらしかったが、下座敷の方で若い女が何か大きい声で笑い出したのを合図のように、居ずまいを直して語り出した。

He seemed to think about it by looking up at the ceiling of the tatami room, but he corrected his illness and spoke as a signal that a young woman laughed out loud in the lower room.

     二

Two

 わたしがMの町へ入り込んで、S旅館――仮に曽田屋といって置こう。

 I entered the town of M and let's put it at S Ryokan-Sodaya.

――の客となったのは七年前の八月、残暑のまだ強い頃であった。

--- It was August of seven years ago when the summer heat was still strong.

大抵の地方はそうであるが、ここらも町は新暦、近在は旧暦を用いているので、その頃はちょうど旧盆に相当して、近在は盆踊りで毎晩賑わっていた。

As in most regions, towns use the new calendar and the old calendar in the neighborhood, so at that time, it was just like the old Bon Festival, and the neighborhood was crowded with Bon Odori every night.

わたしはその土地特有の害虫を調査研究するために、町役場や警察署などを訪問して、最初の一週間ほどは毎日忙がしく暮らしていたが、それも先ず一と通りは片付いて、二、三日休養することになった。

I visited town halls, police stations, etc. to study pests peculiar to the land, and I was busy every day for the first week. I will have a rest for a few days.

そのあいだに旅館の人たちとも懇意になって、だんだんに家内の様子をみると、老主人は六十前後、長男の若主人は三十前後、どちらも夫婦揃って健康らしい体格の所有者で、正直で親切な好人物、番頭や店の者や女中たちもみな行儀の好い、客扱いの行届いた者ばかりで、まことに好い宿を取当てたと、わたしも内心満足していたが、唯ひとつ私の眉をひそめさせたのは、ここの家の娘たちの淫らな姿であった。

In the meantime, I got in touch with the people of the inn and gradually looked at the inside of the house, and the old master was around 60, the youngest son of the eldest son was around 30, and both couples were owners with a healthy physique. , Honest and kind good people, all the staff and maids at the front and the store were well-behaved and well-served, and I was satisfied with the fact that I got a really good inn, but One thing that frowned my eyebrows was the lascivious appearance of the daughters of the house here.