文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

影を踏まれた女:岡本 綺堂(89-135)/357

奥には四畳半の離屋があるので、急病人をそこへ運び込んで介抱していると、幸いに病人は正気に戻った。

There is a four-and-a-half tatami mat in the back, so when I brought the suddenly sick person there to take care of him, the sick person returned to my sanity.

きょうは取り分けて寒い日であるのに、達者にまかせて老人が早朝から若い者どもと一緒になって立ち働いた為に、こんな異変をひき起こしたのであるが、さのみ心配することはない。

It was a cold day for me today, but I caused this kind of change because the old man left the young man to stand up and work with the young man early in the morning, but don't worry about it. ..

静かに寝かして置けば自然に癒ると、医者は言った。

The doctor said that if you lay it down quietly, it will heal itself.

それでまずひと安心したところへ、おせきが駈けつけたのである。

So, the first thing I felt relieved was that the newborn ran fast.

「それでもまあようござんしたわねえ。」

"That's okay, I'm sorry."

 おせきも安心したが、折角ここまで来た以上、すぐに帰ってしまうわけにもいかないので、病人の枕もとで看病の手伝いなどをしているうちに、師走のみじかい日はいつしか暮れてしまって、大野屋の店の煤掃きも片付いた。

I was relieved of the illness, but since I've come to this point, I can't go home immediately, so while I'm helping nurses at the bedside of a sick person, I can't help but go out on the day when I'm in the run. I was wiped out the soot sweeping at the Onoya store.

そばを食わされ、ゆう飯を食わされて、おせきは五つ少し前に、ここを出ることになった。

After eating buckwheat and eating rice, I had to leave here about five years ago.

「お父さんやおっ母さんにもよろしく言ってください。

"Please give my best regards to your dad and mom.

病人も御覧の通りで、もう心配することはありませんから。」

The sick are as you see, so you don't have to worry anymore. "

と、大野屋の伯母は言った。

Said the aunt of Onoya.

 宵ではあるが、年の暮れで世間が物騒だというので、伯母は次男の要次郎に言いつけて、おせきを送らせてやることにした。

 Although it was the evening, the world was in trouble at the end of the year, so my aunt decided to tell her second son, Kajiro, to send him a sedge.

お取り込みのところをそれには及ばないと、おせきは一応辞退したのであるが、それでも間違いがあってはならないと言って、伯母は無理に要次郎を付けて出した。

Aunt resigned if he did not reach the point where it was taken in, but he said that there should be no mistake, and his aunt forced Kajiro to put it out.

店を出るときに伯母は笑いながら声をかけた。

Aunt laughed as she left the store.

「要次郎。

"Jojiro.

おせきちゃんを送って行くのだから、影や道陸神を用心おしよ。」

I will send Oseki-chan, so be careful of shadows and Dojo. "

「この寒いのに、誰も表に出ていやしませんよ。」

"Even though it's cold, no one is showing up."

と、要次郎も笑いながら答えた。

Said Yojiro, laughing.

 おせきが影を踏まれたのは、やはりここの家から帰る途中の出来事で、かれがそれを気に病んでいるらしいことは、母のお由から伯母にも話したので、大野屋一家の者もみな知っているのであった。

It was an event on the way home from here that the newborn was shadowed, and he told his aunt that he was sick of it. All of them knew.

要次郎はことし十九の、色白の痩形の男で、おせきとは似合いの夫婦といってよい。

Kajiro is a nineteen-skinned, light-skinned man, and can be said to be a couple who looks good with Oseki.

その未来の夫婦がむつまじそうに肩をならべて行くのを、伯母はほほえみながら見送った。

The aunt smiled and watched as the future couple staggeredly shoulder their shoulders.

 一応は辞退したものの、要次郎に送られて行くことはおせきも実は嬉しかった。

 Although I declined for the time being, I was really happy to have it sent to Kajiro.

これも笑いながら表へ出ると、煤掃きを済ませて今夜は早く大戸をおろしている店もあった。

I also laughed at this and went out to the front, and there were some shops that had cleaned the soot and dropped Oto early tonight.

家じゅうに灯をとぼして何かまだ笑いさざめいている店もあった。

There were some shops all over the house that were still laughing with lights on.

その家々の屋根の上には、雪が降ったかと思うように月のひかりが白く照りわたっていた。

On the roofs of the houses, the moonlight was shining white as if it had snowed.

その月をあおいで、要次郎は夜の寒さが身にしみるように肩をすくめた。

Amid the moon, Yojiro shrugged as the cold of the night took over.

「風はないが、なかなか寒い。」

"There is no wind, but it's quite cold."

「寒うござんすね。」

"The cold weather."

「おせきちゃん、御覧よ。

"Oseki-chan, look!

月がよく冴えている。」

The moon is clear. "

 要次郎に言われて、おせきも思わず振り仰ぐと、むこう側の屋根の物干の上に一輪の冬の月は、冷たい鏡のように冴えていた。

When asked by Jojiro, I suddenly looked up and saw a lonely winter moon on the roof of the other side, like a cold mirror.

「いいお月さまねえ。」

"Good moon!"

 とは言ったが、たちまちに一種の不安がおせきの胸に湧いて来た。

However, a kind of anxiety suddenly arose in my chest.

今夜は十二月十三日で、月のあることは判り切っているのであったが、今までは何かごたごたしていたのと、要次郎と一緒にあるいているのとで、おせきはそれを忘れていたのである、明かるい月――それと反対におせきの心は暗くなった。

It was December 13th tonight, and I knew that there was a moon, but until now I have been messing with something, and because I am staying with Kanamero, I had forgotten it, a bright moon--on the contrary, the heart of the old man darkened.

急に怖ろしいものを見せられたように、おせきは慌てて顔をそむけて俯向くと、今度は地に映る二人の影がありありと見えた。

Just as he suddenly showed something scary, Oseki hurriedly turned away and looked down, and now there was a shadow of the two reflected in the ground.

 それと同時に、要次郎も思い出したように言った。

 At the same time, said that Jojiro remembered.

「おせきちゃんは月夜の晩には表へ出ないんだってね。」

"Oseki-chan doesn't appear on the moonlit night."

 おせきは黙っていると、要次郎は笑い出した。

When the newborn was silent, Jojiro laughed.

「なぜそんな事を気にするんだろう。

"Why do you care about that?

あの晩もわたしが一緒に送って来ればよかったっけ。」

I wish I had sent with you that night as well. "

「だって、なんだか気になるんですもの。」

"It's something I'm curious about."

と、おせきは低い声で訴えるように言った。

Said the newborn in a low voice.

「大丈夫だよ。」

"It's okay."

と、要次郎はまた笑った。

Said Jojiro, laughing again.

「大丈夫でしょうか。」

"Are you okay."

 二人はもう宇田川町の通りへ来ていた。

The two were already on the street of Udagawa.

要次郎の言った通り、この極月の寒い夜に、影を踏んで騒ぎまわっているような子供のすがたは、一人も見いだされなかった。

As Kajiro said, on this cold night of the moon, no one was found to be in the shadow of a kid making a noise.

昔から男おんなの影法師は憎いものに数えられているが、要次郎とおせきはその憎い影法師を土の上に落としながら、摺り寄るように列んであるいていた。

Traditionally, the shadow priests of men are counted as hateful, but Yojiro and Oseki were lining up to drop them on the soil.