文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

籠釣瓶:岡本 綺堂(1845-1898)/1945

八橋は別に驚きもしなかった。

Yahashi was no surprise.

「ほほ、未練らしい。

"It looks like it's unclear.

また来なんしたか」と、彼女は平気で笑っていた。

What did you come back to?" she laughed calmly.

 栄之丞は廊下へ出るにも注意して、なるべく次郎左衛門と顔を合わせないように念じていた。

Eijojo was careful not to go out into the corridor, and was careful not to meet Jirozaemon if possible.

彼は引け四つ(十時)前に帰ろうといったが、八橋が無理にひき留めて放さなかった。

He said he should go back four (10) o'clock before closing, but Yahashi forcibly seized him and did not let go.

 この晩は夜なかから南風が吹き出して、兵庫屋の庭の大きい桜の梢をゆすった。

 This night, the south wind blew out from midnight, shaking the big treetops of the cherry tree in the garden of Hyogoya.

 夜があけるのを待ちかねて、栄之丞は兵庫屋を出た。

Eijojo left Hyogoya, waiting for the night to come.

八橋も茶屋まで送って行った。

Yabashi also sent to the teahouse.

その留守の間に次郎左衛門も飛び起きて、忙がしそうに顔を洗った。

Jirozaemon jumped up while he was away and washed his face so busy.

「いっそ直しておいでなんし」

"Why don't you fix it?"

 新造たちの止めるのを振り切るようにして、次郎左衛門は立花屋へ帰った。

Jirōzaemon returned to the Tachibana store, trying to stop the new builders from stopping.

浮橋が送って行った。

Ukihashi sent it.

ゆうべの風の名残りで、仲の町には桜が一面に散って、立花屋の店先には白い花の吹き溜まりがうずたかく積もっていた。

As the last resort of the Yube no Kaze, cherry blossoms were scattered all over the town of Naka, and the stalls of white flowers were piled up in the storefront of the Tachibana shop.

まだ大戸をあけたばかりの茶屋では、次郎左衛門がいつにない早帰りに驚かされた。

At a teahouse that has just opened Oto, I was surprised by the early return of Jirozaemon.

「お早うござります」

"I'm sorry for the inconvenience."

 二階へあがれと勧められたが、次郎左衛門はすぐに帰るといって、籠釣瓶をうけ取って腰にさした。

I was recommended to go upstairs, but Jirozaemon said that he would return soon, so he took a basket fishing bottle and put it on his waist.

女中は駕籠を呼びに行った。

The maid went to call Kagoro.

浮橋は栄之丞の茶屋へ八橋を迎いに行った。

Ukihashi went to the teahouse in Eiyuki to pick up Yahashi.

ひと足さきへ帰るつもりであったのを、かえって次郎左衛門に先を越された気味で、栄之丞は少し躊躇したが、いっそこうなったら次郎左衛門をさきにやりすごして、自分は後から大門を出ようと思ったので、ともかくも早く立花屋へ顔を出して来たらよかろうと八橋に言った。

I was going to go back to a foot, but rather than being overtaken by Jirozaemon. I asked Yashihashi that I should come to Tachibana as soon as possible.

「そんなら、ちょいと行って来るまで待っていておくんなんし」と、八橋は念を押して出て行った。

"In that case, I'll wait until I come a little," said Yashihashi, leaving his mind.

 浮橋はひと足さきへ駈けぬけてゆくと、次郎左衛門はやはり立花屋の店先に腰をかけていた。

As Ukihashi escaped to a foot, Jirozaemon was still sitting at the storefront of Tachibana.

表はもう薄明るくなっていたが、店の奥には暁けの灯の影が微かにゆらめいていた。

The table was already dimly lit, but the shadow of the dawn light was faintly shimmering inside the store.

「もう帰りなんすかえ」

"You can't go home anymore"

 八橋は次郎左衛門のそばへ来て同じく腰をかけた。

Yabashi came to Jirozaemon and sat down.

籠釣瓶を身に着けていながら、次郎左衛門はまだ思い切って手をかける機会がなかった。

While wearing a basket fishing bottle, Jirozaemon didn't yet have the opportunity to touch.

彼は花の吹き溜まりを爪先で軽くなぶりながら、なるべく女の顔を見ないように眼をそらしていた。

He was gently licking the flower drips with his toes, looking away from the woman's face as much as possible.

そのうちに女房は衣類を着替えて奥から出て来て、ともかくも二階へあがれと次郎左衛門にすすめた。

In the meantime, the wife changed clothes and came out from the back, and at any rate, recommended to Jirozaemon to go upstairs.

浮橋も勧めた。

I also recommended Ukihashi.

「まあ、大尽から」と、女房は手を揉みながら言った。

"Well, from Ogo," said the wife, rubbing her hand.

 次郎左衛門は無言でずっと起って店口の階子をあがった。

Jijirozaemon silently stood up and went up the stairs at the store entrance.

少しおくれて八橋も上がった。

A little later, Yahashi went up.

 彼女が階子の中ほどまで登った時に、もう上がり切っていた次郎左衛門が上から不意に声をかけた。

When she climbed up to the middle of the floor, Jirozaemon, who had already climbed up, suddenly called out from above.

「八橋」

"Yahashi"

 思わず振り仰ぐ八橋の頭の上に、さっという太刀風が響いたかと思うと、彼女の首は籠釣瓶の水も溜まらずに打ち落されて、胴は階子に倒れかかった。

 I thought that a quick sword blew over the head of Yahashi, who looked up unintentionally, but her neck was knocked down without collecting the water in the basket fishing bottle, and the trunk fell down to Kaiko.

兵庫に結った首は斜に飛んで、つづいて登ろうとする浮橋の足もとに転げ落ちた。

The neck tied to Hyogo flew diagonally and fell down to the foot of the floating bridge where he was trying to climb.

浮橋も女房も、はっと立ちすくんだままで声も出なかった。

Both Ukihashi and his wife stood still and shrugged off.

 丁度そこへ次郎左衛門を迎いの駕籠が来た。

Just there, there was a Kagome that welcomed Jirozaemon.

駕籠屋がおどろいて口々にわめいた。

The Kaguroya staggered and roared.

近所の者も駈けて来た。

Neighbors also came along.

「逃げ隠れする者でない。

"I'm no one who hides and hides.

次郎左衛門はここで切腹する。

Jirozaemon makes a paralysis here.

見とどけてくれ」と、次郎左衛門は二階から叫んだ。

Look at me," Jirozaemon shouted from the second floor.

しかし彼が最後の要求は誰にも肯き入れられなかった。

But he couldn't admit his last request.

「人殺しだ、人殺しだ。

"Murder, murder.

逃がすな、縛れ」

Don't let it escape, bind me up!"

 立花屋の店先には人の垣を築いた。

 We built a fence around the Tachibana shop.

聞き分けのない奴らだと次郎左衛門は憤った。

Jirozaemon was angry that they were indistinguishable.

卑怯に逃げ隠れをするのでない。

Don't humble and hide.

ここで尋常に自滅するというものを、無理無体に引っくくって生き恥をさらさせようとする。

At this point, he tries to make himself humiliated by trying to force himself to kill himself.

それならばこっちにも料簡がある。

Then there is a fee here.

最後の邪魔をする奴は片っ端から切りまくって、一旦はここを落ち延びて、人の見ないところで心静かに籠釣瓶を抱いて死のうと、彼は八橋を切った刀の血糊をなめて、階子の上がり口に仁王立ちに突っ立って敵を待っていた。

The last person who disturbs me cuts off from one end, and once I've fallen here, I quietly hold a basket fishing bottle and die when there is no one to see him, and he licks the blood glue of the sword that cut the Yahashi , Stood at the rising edge of Kaiko and waited for the enemy.

くるわの火消しがまっさきに駈けあがったが、その一人は左の肩を切られて転げ落ちた。

The fire extinguishing of the kuruwa went straight up, but one of them fell off his left shoulder.

つづいて上がろうとした一人も、手鳶を柄から斜めに切られて、余った切っ先きで小手を傷つけられた。

One of them tried to go up, but the linden was cut diagonally from the handle, and his knuckle was injured by the extra point.

狭い階子の上に相手が刃物をふりかざしているので、誰も迂闊に寄り付くことができなかった。

No one was able to approach the detour because the opponent was holding a knife over the narrow floor.