文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

兜:岡本 綺堂(253-300)/300

出るときにも親子はいろいろの世話をしてくれて、暗い表まで送って来て別れた。

When I left, my parents and children took care of me and sent me to the dark table and broke up.

 上野の四方を取りまいた官軍は、三河島の口だけをあけて置いたので、彰義隊の大部分はその方面から落ちのびたが、三河島へゆくことを知らなかった者は、出口出口をふさがれて再び江戸へ引っ返すのほかはなかった。

The government forces surrounding Ueno left only the mouth of Mikawashima open, so most of the Shogitai corps fell from that direction, but those who did not know to go to Mikawashima took the exit. I had no choice but to return to Edo again after being blocked.

勘次郎も逃げ路をうしなって、さらに小塚原から浅草の方へ引っ返した。

Kanjiro also took an escape route and turned back from Kozukahara to Asakusa.

それからさらに本所へまわって、自分の菩提寺にかくれた。

After that, I went to the main shrine and was hidden in my family temple.

その以後のことはこの物語に必要はない。

Nothing after that is necessary for this story.

かれは無事に明治時代の人となって、最初は小学校の教師を勤め、さらに或る会社に転じて晩年は相当の地位に昇った。

He safely became a Meiji era person, first working as an elementary school teacher, then moving to a company and rising to a considerable position in his later years.

 彼がまだ小学校に勤めている当時、箕輪の円通寺に参詣した。

When he was still working at an elementary school, he visited Entsuji Temple in Minowa.

その寺に彰義隊の戦死者を葬ってあるのは、誰も知ることである。

Everyone knows that the war dead of Shogitai is buried in the temple.

そのついでにかの親子をたずねて、先年の礼を述べようと思って、いささかの手土産をたずさえてゆくと、その家はもう空家になっているので、近所について聞合せると、その家にはお道おかねという親子が久しく住んでいたが、上野の戦いの翌年の夏、ふたりは奥の六畳の間で咽喉を突いて自殺した。

Then I asked my parents and children to thank them for last year, and asked for some souvenirs. The house was vacant, so when I asked about the neighborhood, I asked the house. A parent and child named Hadookane lived for a long time, but in the summer of the year after the Battle of Ueno, the two committed suicide by poking their throats between the six tatami mats in the back.

勿論その子細はわからない。

Of course, I don't know the details.

古びた机の上に兜をかざって線香をそなえ、ふたりはその前に死んでいたのである。

He held a helmet over an old desk and held incense sticks, and the two were dead before that.

 その話を聞かされて、勘次郎はぎょっとした。

Kanjiro was scared to hear the story.

そうして、その兜はどうしたかと訊くと、かれらの家には別にこれぞという親類もないので、近所の者がその家財を売って葬式をすませた。

Then, when asked what happened to the helmet, there were no relatives in their house, so a neighbor sold the household goods and held a funeral.

兜もそのときに古道具屋に売り払われてしまったとの事であった。

It was said that the helmet was also sold to an antique shop at that time.

かれらの墓もやはり円通寺にあるので、勘次郎は彰義隊の墓と共に拝んで帰った。

Their grave is also at Entsuji Temple, so Kanjiro worshiped with the grave of Shogitai.

その以来、彼は彰義隊の墓へまいるときには、かならずかの親子の小さい墓へも香花をそなえるのを例としていた。

Since then, when he goes to the grave of Shogitai, he has always used the example of arranging fragrant flowers in the small graves of parents and children.

 憲法発布の明治二十二年には、勘次郎ももう四十四歳になっていた。

By the 22nd year of the Meiji era when the Constitution was promulgated, Kanjiro was already 44 years old.

その当時かれは築地に住んでいたので、夏の宵に銀座通りを散歩すると、夜みせの古道具屋で一つの古い兜を発見した。

He lived in Tsukiji at that time, so when he took a walk on Ginza-dori on the evening of summer, he found an old helmet at an antique shop at night.

彼は言い値でその兜を買って帰った。

He bought the helmet at the asking price and went home.

あまりにいろいろの因縁がからんでいるので、彼はそれを見すごすに忍びないような気がしたからであった。

There were so many ties involved that he felt like he couldn't stand to see them.

 かれはその兜を形見として明治の末年に世を去った。

He died in the last years of the Meiji era, using the helmet as a keepsake.

相続者たる邦原君もその来歴を知っているので、そのままに保存して置いたのである。

Kunihara, the heir, also knows the history, so he saved it as it was.

勿論、その兜が邦原家に復帰して以来、別に変ったこともなかった。

Of course, the helmet hasn't changed since it returned to the Kunihara family.

道具屋の金兵衛は明治以後どうしているか判らなかった。

Kinbei, a tool shop, did not know what he was doing after the Meiji era.

 ところが、先年の震災にあたって、前にいったような、やや不思議な事件が出来したのである。

However, in the wake of last year's earthquake, a somewhat mysterious incident like the one I mentioned earlier occurred.

何者がその兜を邦原家の門前まで持出したか、また何者がそれを邦原君の避難先まで届けたか、それらの事情が判明すれば、別に不思議でもなんでもないことかも知れない。

It may not be strange if it becomes clear who brought the helmet to the front of the Kunihara family and who delivered it to the evacuation site of Mr. Kunihara.

ああそうかと笑って済むことかも知れない。

It may be possible to laugh at that.

しかもその兜の歴史にはいろいろの因縁話が伴っているので、邦原君もなんだか気がかりのようでもあると言っている。

Moreover, since the history of the helmet is accompanied by various stories, Kunihara says that he seems to be worried.

したがってそれを届けてくれた女に逢わなかったのを甚だ残念がっているが、それを受取ったのは避難先の若い女中で、その話によると、かの女は三十四、五の上品な人柄で、あの際のことであるから余り綺麗でもない白地の浴衣を着て、破れかかった番傘をさしていたというのであった。

Therefore, I am very sorry that I did not meet the woman who delivered it, but it was received by a young woman in the evacuation site, and according to the story, that woman was 34, 5 He had an elegant personality, and he wore a white yukata that wasn't very beautiful because it was at that time, and he was holding a torn umbrella.

 もう一つ、かの女の特徴ともいうべきは、左の眼の下に小さい痣のあることで、女中は確かにそれを認めたというのである。

Another characteristic of the woman is that there is a small bruise under her left eye, which the maid certainly admitted.

邦原君の父が箕輪で宿をかりた家の母らしい女も、左の眼の下に小さい痣があった。

The mother-like woman of the house where Kunihara's father stayed in Minowa also had a small bruise under her left eye.

しかしその女はもう五十年前に自殺してしまった筈で、たとい生きていたとしても非常の老人になっていなければならない。

But the woman must have committed suicide fifty years ago, and even if she was alive, she must be a very old man.

それとも一種の遺伝で、この兜に因縁のあるものは皆その眼の下に痣を持っているのかも知れない。

Or it may be a kind of heredity, and all those related to this helmet have bruises under their eyes.

 その以来、邦原君の細君はなんだか気味が悪いというので、その兜を自宅に置くことを嫌っているが、さりとてむざむざ手放すにも忍びないので、邦原君は今もそのままに保存している。

Since then, Kunihara-kun's Hosono-kun has been reluctant to put the helmet at home because it's kind of creepy, but he can't stand to let go of it, so Kunihara-kun still keeps it as it is. ..

そうして、往来をあるく時にも、電車に乗っている時にも、左の眼の下に小さい痣を持つ女に注意しているが、その後まだ一度もそれらしい女にめぐり逢わないそうである。

Then, when he goes back and forth and when he is on the train, he pays attention to the woman who has a small bruise under his left eye, but he seems to have never met such a woman after that. is there.

「万一かれが五十年前の人であるならば、僕は一生たずねても再び逢えないかも知れない。」

"If he was fifty years old, I might never see him again."

 邦原君もこの頃はこんな怪談じみた事を言い出すようになった。

Kunihara-kun also began to say such ghost stories around this time.

どうかその届け主を早く見付け出して、彼の迷いをさましてやりたいものである。

I would like to find the sender as soon as possible and get rid of his hesitation.

底本:「鷲」光文社文庫、光文社

Bottom book: "Eagle" Kobunsha Bunko, Kobunsha

   1990(平成2)年8月20日初版1刷発行

August 20, 1990 (Heisei 2) First edition 1 print issued

初出:「週刊朝日」

First appearance: "Weekly Asahi"

   1928(昭和3)年7月

July 1928 (Showa 3)

入力:門田裕志、小林繁雄

Input: Hiroshi Kadota, Shigeo Kobayashi

校正:松永正敏

Proofreading: Masatoshi Matsunaga

2006年10月31日作成

Created October 31, 2006

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.