文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

拷問の話:岡本 綺堂(119-170)/170

この拷問をうけるものは、はじめは惣身が赤くなり、更に暗紫色に変じて冷汗をしきりに流し、それがまた蒼白に変じるときは即ち絶命する時であるといい伝えられているので、皮膚に蒼白の色を呈するのを合図にその拷問を中止することになっていた。

It is said that those who are tortured will turn red at first, then turn dark purple and sweat cold sweat, and when it turns pale again, that is, it is time to die. The torture was to be stopped with the signal of a pale color.

吉五郎はこの試錬をも通過して、無事に牢内に帰った。

Kichigoro passed this trial and returned to prison safely.

かれが今日は海老責に逢うことを牢屋附の下男の内報によって、牢内でも薄々承知していたので、ひそかにその安否を気配っていると、かれは問い落されもせず、責め殺されもせず、弱りながらも無事に帰って来たので、牢内の者どもは跳りあがって喜んだ。

He knew in prison that he would meet the shrimp tie today, even in prison, so he was not questioned and blamed if he was secretly aware of his safety. The prisoners jumped up and rejoiced as they returned safely, weakened, without being killed.

吉五郎は凱旋の将軍のように歓迎された。

Kichigoro was welcomed like a triumphant general.

 十一月十一日、第二十回の拷問が行われて、かれは笞打のほかに石八枚を抱かされた。

On November 11th, the 20th torture was carried out, and he was held with eight stones in addition to the caning.

つづいて十二月二日には海老責に逢った。

Then, on December 2nd, I met a shrimp tie.

しかもかれが依然として屈伏しないこと勿論であった。

And of course he still did not yield.

それでこの年も未決のままに過ぎてしまって、吉五郎は牢内で第二回の春を迎えた。

So this year too, it was still undecided, and Yoshigoro celebrated the second spring in prison.

あくれば天保七の申年である。

If it opens, it will be the year of the seven monkeys.

二月十三日に第二十二回の吟味が開かれて、かれは笞打と石九枚の拷問にかかった。

Twenty-two scrutiny was held on February 13th, when he was struck and tortured with nine stones.

三月二日には笞打と石十枚、四月四日には笞打と石九枚、それもみな無効に終った。

On March 2nd, caning and 10 stones, and on April 4th, caning and 9 stones, all of which were invalidated.

かれは自ら作った拷問十八回のレコードを破って、更に二十四回の新レコードを作ったのであった。

He broke the 18 records of torture he had made and made another 24 new records.

 四月十一日、奉行所ではいよいよ最後の手段として、かれに対して釣り責を行うことになった。

On April 11th, the magistrate's office finally decided to blame him for fishing as a last resort.

まえにもいう通り、今までの笞打、石抱き、海老責は正式にいう拷問ではない。

As I said before, the traditional beating, stone hugging, and shrimp tie are not official tortures.

今度の釣し責が真の拷問である。

The next fishing responsibility is true torture.

牢問二十四回にしてなお屈伏しない罪人に対して、奉行所では初めて真の拷問を加うることになったのである。

For the first time in the magistrate's office, true torture could be applied to sinners who did not yield after twenty-four prisons.

釣り責は青細引で罪人の両手をうしろに縛って、地上より三寸六分の高さまで釣りあげるのである。

The fishing responsibility is to tie the sinner's hands behind him with a blue sword, and fish up to a height of 3 inches and 6 minutes above the ground.

法は頗る簡単のようであるが、責めらるる者に取ってはこれが最大の苦痛であるという。

The law seems straightforward, but for those who blame it, this is the greatest pain.

吉五郎は十一日と二十一日にこの拷問をうけた。

Kichigoro was tortured on the 11th and 21st.

これで最初から二十六回となるわけである。

This is 26 times from the beginning.

しかも彼は依然として屈伏しないばかりか、更に疲労衰弱のけしきも見えないので、係りの役人たちもほとほと持余してしまった。

Moreover, he still did not succumb, and he could not see the signs of fatigue and weakness, so the officials in charge were left behind.

さりとてみすみすその罪状明白なる罪人をそのままに打捨てておくわけにも行かないので、奉行所では会議の結果、更に最後の手段を取ることになった。

As a result of the meeting, the magistrate's office decided to take further last resort because it was not possible to abandon the criminal whose crime was obvious.

 最後の手段とは、かれが自白の有無にかかわらず、かれに対して裁判を下すのである。

The last resort is to bring him to justice, with or without a confession.

今日でいう認定裁判で、江戸時代ではこれを察斗詰といった。

In today's accreditation trial, in the Edo period, this was called Kantozume.

しかし未決の罪人を察斗詰に行うのは滅多にその例がないことで、奉行一人の独断で取計うことは出来なかった。

However, it was rarely the case that an undecided sinner was sent to the temple, and it was not possible for the magistrate alone to take action.

それはどうしても老中の許可を得なければならないので、吟味掛りの与力一同からそれぞれに意見書を呈出した。

Since it is absolutely necessary to obtain the permission of the old man, all the members of the scrutiny have presented their opinions.

いずれも今日までの吟味の経過を詳細に書きあげて、所詮は察斗詰に行うのほかはありますまいというのであった。

In each case, he wrote down the progress of the scrutiny to date in detail, and after all, he said that there was no choice but to do it in the sword.

 江戸の町奉行所で察斗詰の例は極めて稀であった。

The case of Kantozume was extremely rare at the Edo Machi-Bugyosho.

士分の者にはその例がない、町人でも享保以後わずかに二人に過ぎないという。

There is no such example in the scholarship, and it is said that there are only two townspeople after Kyoho.

そういう稀有の例であるから、老中の方でも最初は容易に許可しそうにも見えなかったが、再三評議の末にいよいよそれを許可することになった。

Since it is such a rare example, even the elderly did not seem to allow it easily at first, but after repeated discussions, it was finally approved.

足かけ三年越しの裁判もここに初めて落着して、五月二十三日、播州無宿の吉五郎は死罪を申付けられた。

The trial for three years has settled down here for the first time, and on May 23, Yoshigoro of Banshu Mujuku was charged with death.

察斗詰に対して、罪人が故障を申立てることは出来ないので、いかに強情我慢の彼もその申渡しに服従するの外はなかった。

No matter how stubborn he was, he had no choice but to submit to the declaration because the sinner could not file a breakdown against Kantozume.

 しかし所詮は察斗詰であって、彼自身の白状ではない。

But after all, it was a confession, not his own confession.

かれは最後まで拷問に屈しなかったのである。

He did not succumb to torture until the end.

牢内で役附の者どもは彼の最後を飾るべく、新しい麻の帷子に新しい汗襦袢と新しい帯と新しい白足袋とを添えて贈った。

In prison, the officials presented him with a new hemp undershirt, a new obi, and a new white socks to decorate his end.

吉五郎はその晴衣を身につけて牢内から牽き出されると、それを見送る囚人一同は、日本一、親玉、石川五右衛門と、あらゆる讃美の声々をそのうしろから浴せかけた。

When Yoshigoro wore the garment and was pulled out of the prison, all the prisoners who saw it off shook the voices of all praises, including Japan's best, crop, and Ishikawa Goemon.

(この話は北町奉行所の与力であった佐久間長敬翁の教によるところが多い。

(This story is often based on the teaching of Osahiro Sakuma, who was the power of the Kitamachi Gyosho.

ここにそれを断っておく。

I'll turn it down here.

筆者)

Writer)

底本:「岡本綺堂随筆集」岩波文庫、岩波書店

Bottom book: "Kido Okamoto essay collection" Iwanami Bunko, Iwanami Shoten

   2007(平成19)年10月16日第1刷発行

First print issued on October 16, 2007 (Heisei 19)

   2008(平成20)年5月23日第4刷発行

Issued the 4th print on May 23, 2008

底本の親本:「新小説」

Parent of the original: "New novel"

   1924(大正13)年2月号

February 1924 (Taisho 13) issue

初出:「新小説」

First appearance: "New novel"

   1924(大正13)年2月号

February 1924 (Taisho 13) issue

入力:川山隆

Input: Takashi Kawayama

校正:noriko saito

Calibration: noriko saito

2008年11月29日作成

Created November 29, 2008

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.