文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

五色蟹:岡本 綺堂(237-279)/340

それとも何かほかにお心当たりのことはなかったでしょうか。」

Or did you have any other idea? "

 四人のうちでは一番の年長で、容貌もまた一番よくない古屋為子が、最も年若で最も容貌の美しい児島亀江と、一緒に湯風呂のなかに沈んだのは、一種の嫉妬か或いは同性の愛か、そういう点について警察でも疑いを挟んでいるらしかった。

It is a kind that Tamiko Furuya, who is the oldest of the four and also has the worst appearance, sank in the hot water bath together with Kamee Kojima, the youngest and most beautiful. It seemed that the police were skeptical about whether it was jealousy or love of the same sex.

しかし遠泉君は実際なんにも知らなかった。

But Toizumi didn't really know anything.

「さあ、それはなんとも御返事が出来ませんね。

"Now, I can't reply to you.

隣り合っているとはいうものの、なにしろおとといの晩から初めて懇意になったんですから、あの人達の身の上にどんな秘密があるのか、まるで知りません。」

Even though they are next to each other, I became acquainted with them for the first time from the day before yesterday, so I don't know what kind of secrets they have. "

「そうですか。」

"Is that so."

と、巡査は失望したようにうなずいた。

The policeman nodded as if disappointed.

「しかし警察の方では偶然の出来事や過失とは認めていないのです。

"But the police do not admit that it was a coincidence or negligence.

もしこの後にも何かお心付きのことがありましたら御報告を願います。」

If you have any thoughts after this, please report it. "

「承知しました。」

"I've acknowledged."

 巡査に別れて、遠泉君は自分の座敷へ戻ったが、児島亀江の死――それは確かに一種の疑問であった。

After parting from the police officer, Toizumi returned to his tatami room, but the death of Kamee Kojima-that was certainly a kind of question.

相手が若い女達であるだけに、それからそれへといろいろの想像が湧いて出た。

Since the other party was young women, various imaginations came out from it.

田宮がその前夜に見たという女の首のことがまた思い出された。

It reminded me of the woman's neck that Tamiya saw the night before.

 四人連れのひとりは死ぬ、ひとりはどっと寝ているので、あとに残った元子と柳子のふたりは途方に暮れたような蒼い顔をして涙ぐんでいるのも惨らしかった。

One of the four people died, and one was sleeping, so it was miserable that the remaining Motoko and Yanagiko had a bewildered blue face and wept.

さすがの本多もきょうはおとなしく黙っていた。

As expected, Honda was quiet and silent today.

田宮は半病人のような顔をしてぼんやりしていた。

Tamiya looked like a half-sick person and was vague.

夕方になって、警官がふたたび帳場へ来て、なにか頻りに取り調べているらしかった。

In the evening, the policeman came to the counter again and seemed to be investigating something frequently.

警察の側では女学生の死について、何かの秘密をさぐり出そうと努めているのであろう。

The police may be trying to find out some secret about the death of the schoolgirl.

それを思うにつけても、遠泉君は一種の好奇心も手伝って、なんとかしてその真相を確かめたいと、自分も少しくあせり気味になって来た。

Even with that in mind, Toizumi was a little rushed to find out the truth with the help of a kind of curiosity.

 その晩は元子と柳子と遠泉君と本多と、宿の女房と娘とが、亀江の枕もとに坐って通夜をした。

That night, Motoko, Yanagiko, Toizumi, Honda, the inn's wife and daughter sat at Kamee's pillow and went to the night.

田宮は一時間ばかり坐っていたが、気分が悪いといって自分の座敷へ帰ってしまった。

Tamiya sat for about an hour, but returned to his tatami room because he felt sick.

元子と柳子とは唖のように黙って、唯しょんぼりと俯向いているので、遠泉君はかれらの口からなんの手がかりも訊き出すたよりがなかった。

Motoko and Yanagiko were silent like a mute, and turned down, so Toizumi had no choice but to ask for any clues from their mouths.

こうして淋しい一夜は明けたが、東京からの引取り人はまだ来なかった。

The lonely night was over, but the taker from Tokyo hadn't come yet.

 徹夜のために、頭がひどく重くなったので、遠泉君はあさ飯の箸をおくと、ひとりで海岸へ散歩に出て行った。

Because I stayed up all night, my head became so heavy that Toizumi put down the chopsticks of Asahan and went out for a walk to the beach alone.

女学生の死はこの狭い土地に知れ渡っているとみえて、往来の人達もその噂をして通った。

The death of a female student seemed to be known in this small land, and people who came and went passed by with rumors.

遠泉君は海岸の石に腰をかけて、沖の方から白馬の鬣毛のようにもつれて跳って来る浪の光りをながめているうちに、ふと自分の足もとへ眼をやると、かの五色の美しい蟹が岩の間をちょろちょろと這っていた。

Toizumi sits on a stone on the coast and suddenly looks at his feet while looking at the light of the waves that are entwined and jumping like the mane of Hakuba from the offshore. Beautiful crabs of five colors were crawling between the rocks.

田宮の胸の上にこの蟹が登っていたことを思い出して、遠泉君はまたいやな心持になった。

Recalling that this crab was climbing on Tamiya's chest, Toizumi felt unpleasant again.

彼はそこらにある小石を拾って、蟹の甲を眼がけて投げ付けようとすると、その手は何者かに掴まれた。

He picked up pebbles everywhere and tried to throw them at the crab's instep, and someone grabbed his hand.

「あ、およしなさい。

"Oh, come on.

祟りがある。」

There is a curse. "

 おどろいて振り返ると、自分のそばには六十ばかりの漁師らしい老人が立っていた。

When I was surprised and looked back, there was about 60 old fishermen standing beside me.

「あの蟹はなんというんですか。」

"What is that crab?"

と、遠泉君は訊いた。

Toizumi asked.

「あばた蟹といいますよ。」

"It's called an abata crab."

 美しい蟹に痘痕の名はふさわしくないと遠泉君は思っていると、老いたる漁師はその蟹の由来を説明した。

Toizumi thought that the name of the scar was not suitable for a beautiful crab, and an old fisherman explained the origin of the crab.

 今から千年ほども昔の話である。

It is a story about a thousand years ago.

ここらに大あばたの非常に醜い女があった。

There was a very ugly woman with a big pockmark here.

あばたの女は若い男に恋して捨てられたので、かれは自分の醜いのをひどく怨んで、来世は美しい女に生まれ代って来るといって、この海岸から身を投げて死んだ。

The pockmarked woman fell in love with a young man and was abandoned, so he was so angry at his ugliness that he threw himself off this beach and died, saying that the afterlife would be reborn as a beautiful woman.

かれは果たして美しく生まれかわったが、人間にはなり得ないで蟹となった。

He was beautifully reborn, but he couldn't be a human and became a crab.

あばた蟹の名はそれから起こったのである。

The name of the pock crab came from that.

そうして、この蟹に手を触れたものには祟りがあると言い伝えられて、いたずらの子供ですらも捕えるのを恐れていた。

Then, it was said that those who touched this crab had a curse, and were afraid to catch even a mischievous child.

殊に嫁入り前の若い女がこの蟹を見ると、一生縁遠いか、あるいはその恋に破れるか、必ず何かの禍いをうけると恐れられていた。

In particular, when a young woman before her marriage saw this crab, she was afraid that she would be distant from her life, or that she would be broken in love, or that she would suffer something.

 明治以後になって、この奇怪な伝説もだんだんに消えていった。

After the Meiji era, this bizarre legend gradually disappeared.