文学その5

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

五色蟹:岡本 綺堂(280-340)/340

あばた蟹を恐れるものも少なくなった。

Fewer people are afraid of pockmarked crabs.

ところが、十年ほど前に東京の某銀行家の令嬢がこの温泉に滞在しているうちに、ある日ふとこの蟹を海岸で見付けて、あまり綺麗だというので、その一匹をつかまえて、なんの気もなしに自分の宿へ持って帰った。

However, about 10 years ago, while the daughter of a banker in Tokyo was staying at this hot spring, one day I suddenly found this crab on the beach and said that it was so beautiful, so I caught one of them. I took it back to my inn without even thinking about it.

宿の女中も明治生まれの人間であるので、その伝説を知りながら黙っていると、その明くる晩、令嬢は湯風呂のなかに沈んでしまった。

The maid of the inn is also a human being born in the Meiji era, so when I was silent while knowing the legend, the daughter sank in the bath the next night.

その以来、あばた蟹の伝説がふたたび諸人の記憶によみがえったが、それでも多数の人はやはりそれを否認して、令嬢の変死とあばた蟹とを結び付けて考えようとはしなかった。

Since then, the legend of the pockmark has revived in people's memory, but many still denied it and refused to link the death of the daughter with the pockmark.

「そんなことを言うと、土地の繁昌にけちを付けるようでいけねえが、その後にもそれに似寄ったことが二度ばかりありましたよ。」

"When I say that, I shouldn't be stingy on the prosperity of the land, but I've been close to it twice since then."

と、彼は付け加えた。

He added.

 八月のあさ日に夏帽の庇を照らされながら、遠泉君は薄ら寒いような心持でその話を聴いていた。

While being illuminated by the eaves of the summer cap on the morning of August, Toizumi was listening to the story with a chilly feeling.

 漁師に別れて宿へ帰る途中で、遠泉君は考えた。

On the way back to the inn after parting from the fisherman, Toizumi thought.

おとといその蟹をつかまえたのは本多である。

The day before yesterday was Honda who caught the crab.

しかも現在のところでは、本多にはなんの祟りもないらしく、蟹はかえって隣り座敷へ移って行った。

Moreover, at present, Honda seems to have no curse, and the crab moved to the next room instead.

一旦投げ捨てたのが又這いあがって来て、かの児島亀江のオペラバックの上に登った。

Once thrown away, it crawls up again and climbs onto the opera bag of Kamoe Kojima.

彼女はこの時にもう呪われたのであろう。

She must have been cursed at this time.

彼女が湯風呂の底に沈んだのは、為子の嫉妬でもなく、同性の愛でもなく、あばた蟹の祟りであるかも知れない。

What she sank to the bottom of the bath may not be the jealousy of Tamako, the love of the same sex, but the curse of a pockmark.

それにしても、四人の女の中でなぜ彼女が特に呪われたか、彼女が最も美しい顔を持っていた為であろうか。

Even so, why was she particularly cursed among the four women, perhaps because she had the most beautiful face?

それともまだ他に子細があるのであろうか。

Or are there still other details?

 遠泉君は更に彼女と田宮との関係を考えなければならなかった。

Toizumi had to think about the relationship between her and Tamiya.

おとといの晩、田宮が風呂場で見たという女の首はなんであろうか、それが果たして亀江であったろうか。

What was the neck of the woman Tamiya saw in the bathroom on the day before yesterday, and was it Kamee?

ゆうべも本多が垣の外へ投げ出した蟹が、ふたたび這い戻って来て田宮の胸にのぼると、彼は非常に魘された。

When the crab that Honda threw out of the fence last night crawled back and climbed to Tamiya's chest, he was very angry.

かの蟹と田宮と亀江と、この三者の間にどういう糸が繋がれているのであろうか。

What kind of thread is connected between the crab, Tamiya, Kamee, and these three?

遠泉君は田宮を詮議してその秘密の鍵を握ろうと決心した。

Toizumi decided to plead with Tamiya and hold the key to the secret.

 宿の前まで来ると、かれは再びきのうの巡査に逢った。

When he came to the front of the inn, he met the police officer yesterday again.

「やっぱりなんにもお心付きはありませんか。」

"Do you have any idea?"

と、巡査は訊いた。

Asked the police officer.

「どうもありません。」

"Thank you."

と、遠泉君は冷やかに答えた。

Toizumi replied coldly.

「古屋為子がもう少しこころよくなったら、警察へ召喚して取り調べようと思っています。」

"When Tamako Furuya feels a little better, I'm thinking of summoning her to the police to investigate."

と、巡査はまた言った。

Said the police officer again.

 警察はあくまでも為子を疑って、いろいろに探偵しているらしく、東京へも電報で照会して、かの女学生たちの身許や素行の調査を依頼したとのことであった。

The police seemed to be detectives in various ways, suspicious of Tamako, and inquired by telegram to Tokyo and asked them to investigate the identity and behavior of the female students.

遠泉君は漁師から聞いたあばた蟹の話をすると、巡査はただ笑っていた。

When Toizumi talked about the pockmark crab he heard from the fisherman, the policeman was just laughing.

「ははあ、わたしは近ごろ転任して来たので、一向に知りませんがねえ。」

"Hah, I've been transferred recently, so I don't know at all."

「御参考までに申し上げて置くのです。」

"I would like to mention it for your reference."

「いや、判りました。」

"No, I understand."

 巡査はやはり笑いながらうなずいていた。

The policeman was still laughing and nodding.

彼が全然それを問題にしていないのは、幾分の嘲笑を帯びた眼の色でも想像されるので、遠泉君は早々に別れて帰った。

Toizumi broke up early, as he could imagine that he didn't care about it at all, even with some ridiculous eye colors.

 午後になって、東京から亀江の親戚がその屍体を引き取りに来た。

In the afternoon, Kamee's relatives came from Tokyo to pick up the corpse.

屍体はすぐに火葬に付して、遺髪と遺骨とを持って帰るとのことであった。

The corpse was to be cremated immediately and brought back with his hair and remains.

その翌日、元子は遺骨を送って東京へ帰った。

The next day, Motoko sent her remains and returned to Tokyo.

柳子はあとに残って為子の看護をすることになった。

Yanagiko was left behind to take care of Tamako.

柳子は警察へ一度よばれて、何かの取り調べをうけた。

Yanagiko was once called by the police and was investigated for something.

警察ではあくまでも犯罪者を探り出そうとしているのを、遠泉君は無用の努力であるらしく考えた。

Toizumi thought that the police were trying to find the criminal, which seemed to be a useless effort.

 田宮はその以来ひどく元気をうしなって、半病人のようにぼんやりしているのが、連れの者に取っては甚だ不安の種であった。

Tamiya has been terribly upset since then and has been absent-minded like a half-sick person, which has been a source of great anxiety for his companion.

為子はだんだんに回復して、遠泉君らが出発する前日に、とうとう警察へ召喚されたが、そのまま無事に戻された。

Tamako gradually recovered and was finally summoned to the police the day before Toizumi and his colleagues departed, but they were returned safely.

出発の朝、三人は海岸へ散歩に出ると、かのあばた蟹は一匹も形を見せなかった。

On the morning of departure, the three went for a walk to the beach, and none of the pockmarked crabs showed shape.

 東京へ帰ってからも、田宮はひと月以上もぼんやりしていた。

Even after returning to Tokyo, Tamiya had been vague for over a month.

彼は病気の届けを出して、自分の会社へも出勤しなかったが、九月の末になって世間に秋風が立った頃に、久し振りで遠泉君のところへ訪ねて来た。

He reported his illness and did not go to work at his company, but at the end of September, when the autumn breeze came to the world, he visited Toizumi for the first time in a while.

この頃ようよう気力を回復して二、三日前から会社へ出勤するようになったと言った。

Around this time, he regained his energy and started working at the company a few days ago.

「君はあの児島亀江という女学生と何か関係があったのか。」

"Did you have anything to do with that female student named Kojima Kamee?"

と、遠泉君は訊いた。

Toizumi asked.

「実はかつて一度、帝劇の廊下で見かけたことがある。

"Actually, I once saw it in the corridor of the Imperial Theater.

それが偶然に伊豆でめぐり逢ったんだ。」

I happened to meet him in Izu. "

「そこで、君はあの女をなんとか思っていたのか。」

"So, did you manage to think of that woman?"

 田宮は黙って溜め息をついていた。

Tamiya was silently sighing.

(初出不明)

(First appearance unknown)

底本:「伝奇ノ匣2 岡本綺堂妖術伝奇集」学研M文庫、学習研究社

Bottom book: "Denki no Makoto 2 Okamoto Kido Witchcraft Denkishu" Gakken M Bunko, Gakken

   2002(平成14)年3月29日初版発行

First edition issued on March 29, 2002

入力:川山隆

Input: Takashi Kawayama

校正:門田裕志

Proofreading: Hiroshi Kadota

2008年9月23日作成

Created September 23, 2008

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.